モテるお見合いの服装のポイント(女性編)|結婚相談所B.I.C

head_menu

> > モテるお見合いの服装のポイント(女性編)

モテるお見合いの服装のポイント(女性編)

モテるお見合いの服装のポイント

お見合いの時にどんな服装で行けばよいのか、不安に思う方が多いのではないでしょうか? 初お見合いが決定すると、結婚相談所のアドバイザーに寄せられる相談には、ファッションでお悩みの声が多く聞かれます。
ドレスアップしし過ぎると引かれるのではないか、どの程度までカジュアルなら許されるのか、他の方はどんな服装でお見合いをしているのか・・・
今回は一般的におすすめする、男性に人気のあるお見合いファッションをお伝え致します。

お見合いの服装は、どの程度気合いをいれたらいいの?

お見合いの鉄板はスーツ お見合い時に、気合いの入り過ぎた服装は引かれてしまいます。例えば、フリルやレースをふんだんに使った服装や、振袖などで来られても、男性は唖然。気合いの入り過ぎたファションは、逆効果になります。
また、穴のあいたジーンズや、パンクのようなファッション、ゴスロリ、ヒョウ柄などのアニマル柄、上下黒一色の服装など、個性的なものもNG。
マイクロミニスカートや、ショートパンツ、胸元の開き過ぎた露出度の高い服装は、男性に好まれると思われがちですが、結婚相手を探すお見合いの場では不評です。
Tシャツ+綿パンなど、まるで家着のようなカジュアルな服装も、相手をがっかりさせてしまいます。マキシワンピなど、リゾート地に行くような服装も、お見合いにはおすすめ出来ません。その辺を歩くのに問題のない姿でも、お見合いでは「適度な女性らしさ」を求められているのです。

目指せ!清楚系女性

婚活男性に人気なのは、清楚系のフャッションです。色は、白やベージュ、ピンクや水色などの淡い色がモテ色です。一言で「白」と言っても、色々な白がありますので、自分に合う色味を探してみましょう。
清楚系だからと言って、シンプルにしすぎると地味になってしまいます。
しかし、フリルやリボンは少女趣味になってしまい、男性には人気がありません。
レースは上品な印象を与えておすすめですが、使い過ぎはくどくなってしまいNG。
スカートの裾のみなど、1ヶ所にとどめるようにしましょう。

王道のワンピース

男性に人気なのは、やはりワンピース。モテ素材は、シフォン素材や、麻などのナチュラル素材。ノースリーブにカーディガンなどを羽織ると、ふんわりやわらかな雰囲気に仕上がります。
ワンピースの柄ですが、実は無地がイチオシ。シックな色は大人っぽく、淡い色は上品に見せてくれます。幾何学模様などの柄は「目がチカチカする」と不評。アニマル柄は「家庭的ではない」「怖い」と不評。ボーダーは「パジャマみたい」「カジュアルすぎる」。花柄は「あざとい感じがする」。ペイズリー柄は「民族衣装のような感じがする」。水玉は「子供っぽい」。このような意見を耳にします。

スカート丈

ワンピースでも、スカートでも、おすすめの丈は膝丈もしくは少し膝上程度の丈になります。特に短めのワンピースを選ぶと、椅子に座った時にはミニスカート状態となってしまい、初対面の男性は目のやり場に困ってしまいます。
また、ロングスカートよりも膝丈の方がきちっと感や女性らしさが感じられて、人気があります。

お見合いでパンツはだめ?

お見合いでパンツはだめ? お見合いの時は、出来るだけスカートでとお話をしますが、パンツがダメなわけでありません。しかし、スカートは女性しか着用しない服装のため、履くだけで女性らしさをアピール出来ます。好印象なのはスカートですが、どうしても苦手な方はスキニーなどラインのきれいな女性らしいパンツを選びましょう。
また、トップスはレース付きの服など華やかなものがおすすめです。色合いも地味になり過ぎず、派手になり過ぎず、きれい目な色を選びます。
さし色で強い色を入れるとさらにおしゃれ度が上がります。使いやすい黒も、さし色程度にとどめておきましょう。
スカートで女性らしさを表現出来ない分、他の部分で女性らしさを見せることがモテポイントです。

ソックスよりもストッキング(タイツ)

お見合いの場では、ソックスはやめておきましょう。男性は、頭から足先まで、全体を見るものです。
その時に、ソックスでは子供っぽさやカジュアル感が出てしまいます。
お見合いは、ストッキングやタイツが人気。それだけで大人の女性を演出出来ます。
また、スニーカーもお見合いの場では避けるようにしましょう。

流行は追わないでOK

流行は追わないでOK 女性は、ついつい流行のファッションを取り入れたくなるものです。しかし、男性にとっては、興味がないし、何が良いのか理解も出来ないことが多いものです。
流行の服装や、あなたらしい服装、着たい服は、女子会に着て行きましょう。お見合いには避けましょう。
流行よりも、ラインがキレイな服装を。乙女チックになり過ぎず、けれど女性らしくなるよう心がけましょう。
ゴテゴテした服装より、シンプルでキレイ目系を目指します。

空気を読んだ服装が大切

バーベキューをする際に、ヒラヒラの真っ白なワンピースを着てきた女性に対し、どのような印象を持ちますか?
ほとんどの方が、「バーベキューに白ワンピはないでしょ?」「手伝いをする気ないの?」「汚れるし、場の空気が読めてない」と思うのではないでしょうか?
お見合いも同じです。お見合いという空間は、決してカジュアルな空間ではありません。そこに、空気を読まず、キャラクター物のTシャツにジーンズなどカジュアルなファッションで現れれば、男性からは良い印象を持ってもらえません。
自分らしいファッションをしたい。そのままの自分を受け入れて欲しい。
そう思う気持ちはよく分かりますが、「普段はこんな服装をすることが多いんです」とお話すればよいことです。
お見合いに行くことを意識して、女性らしいファッションで臨むことは、しっかりとスーツを着てお見合いに来た男性に対しての「マナー」にもあたります。たかが服装ですが、この服装がこの後の二人の関係を変えてしまうのです

レギュラーコース(BICメンバーズ)・男性公務員コースは
オンラインからの入会手続きが可能です。

ブライダル情報センターは「結婚」への近道です!!
是非お気軽に、ご来店・ご相談下さい。

お電話によるお問い合わせは、
最寄りのサロンまで