会いたいと思われるプロフィール(男性編)|結婚相談所B.I.C

head_menu

> > 会いたいと思われるプロフィール(男性編)

会いたいと思われるプロフィール(男性編)

会いたいと思われるプロフィール(男性編)

結婚相談所などの婚活の場では、プロフィールの記入が必須となります。限られた枠内で自分の魅力をアピールしなければならないため、意外と難しく感じることでしょう。
『この人と話をしてみたい!』と思ってもらえるようなプロフィールを作成するためのポイントをお伝え致します。

プロフィールとは?

プロフィールとは、婚活の際に、相手が一番最初に目を通す自己紹介の書類です。ブライダル情報センターではこのプロフィールを、会員様のみが見られるインターネット上のマイページから検索して頂きます。
全国各地にたくさんの結婚相談所があり、様々な婚活パーティーが開催されています。主催する会社ごとに、プロフィールの細かな内容は違ってきますが、基本的には下記のような事項を記入するのが一般的です。

●居住地、年齢、職業、年収、結婚歴など、基本的な項目
●趣味、休日の過ごし方
●自分の性格、自己PR
●相手への希望

これらのプロフィールを見て、結婚相談所の会員の方はお見合いを受けるか断るかを決めています。

趣味、休日の過ごし方

趣味、休日の過ごし方趣味や休日の過ごし方は、共通の話題を見つけるためのポイントです。ここが重なれば相手に対し好意的になるものです。
ここで詳細を書ける欄があるのなら、具体的な記載をして下さい。
また、アウトドアとインドアの趣味を書いておくと、女性がどちらのタイプでも話をしやすくなります。

【休日の過ごし方の例】
●テニスと読書が趣味です。 中学・高校時代はテニス部でした。ここ数年はテニスをする機会が減ってはいますが、年に数回は休日を使って友人と集まり、テニスでリフレッシュしています。 読書は、月に1回程度図書館に行っています。好きな作家は〇〇さんです。スポーツ漫画もよく読みます。

●最近一人暮らしをはじめ、休日に料理を作り置きするようになりました。まだ上手ではないですが、面白いなと感じています。 家事をする時間が増えましたが、友人と外出したり、実家の猫と戯れたりもしています。長期連休には、旅行に出かけることもあります。

●保険会社で働いているため、休日を利用してFPの勉強をしています。 趣味は、サーフィン、ドライブ、映画鑑賞。とは言え、ここ数年サーフィンに行く回数は激減し、年に1回すらも行けてないような状況です。 映画は、邦画・洋画は問わずに楽しみます。休日には、DVDをレンタルして楽しみ、3ヶ月に1回程度は映画に行ったりしています。好きな監督は〇〇監督です。

自分の性格

相手に良い印象をもってもらうためのプロフィール。ここにマイナス印象になることを書いても意味がありません。「後々マイナス面はばれてしまうものだから、そんな自分を受け入れてくれると言う確証のある方と出会いたい。だから正直に書きたい」と言う気持ちはよく分かります。しかし、最初からネガティブなことを書かれると、「会いたい」と言う気持ちや、「お付き合いしたい」と言う気持ちが消えてしまうものなのです。
偽って素晴らしい自分を書けと言う意味ではありません。読んだ時に「いい人そうだな」「会ってみたいな」と思ってもらえるように書くことが大切なのです。 ネガティブとポジティブは表裏一体。同じことを言っていても、ポジティブに聞こえる表現を目指しましょう。

【マイナス】人見知りで気が弱いです → 【プラス】優しくて穏やかな性格です。
【マイナス】少し頑固で気が強いです → 【プラス】自分の意見をしっかりと持ち、決断力があります。

女性が求める男性像は、頼りがいがあり決断力のある方、大人の考え方が出来る落ち着いた優しい方、包容力がある方などです。

●自己PRの例
「職場では、上司や後輩から色々と頼られる場面が多く、日々成長していく自分を感じています。仕事を通じて、日常生活でも決断力がつくようになりました」
「滅多に人を怒ることがなく、ここ数年誰かに対して怒った記憶がありません。友人が1時間遅刻してきても気にしない大らかな性格です」

相手への希望

婚活をする時に、結婚相手への条件を高く設定してしまう方がいますが、プロフィールには記載しないことをおすすめします。読んだ方に「条件優先の人」と思われてしまわないようにしましょう。
希望条件や好みのタイプは、誰にでもあてはまることを書くのがおすすめです。
「優しくて穏やかな方と、安心して過ごせる家庭を一緒に作っていきたいです」
「一緒に前を向いて頑張っていける方と、お互いを支え合える夫婦になりたいです」
など、一般的なことを書きましょう。

「看護婦」「年下女性」「年齢が32歳までの方」「身長155cm以下の方」「スレンダーな美人」など、細かい条件を書くのはNGです。注文の多い人だと思われてしまいます。

プロフィールの写真について

プロフィールの写真について写真はあなたの第一印象を決める大切な1枚です。この写真の印象が悪いと「会うのが面倒だな」と思われ、お見合いを断られてしまいます。
プロフィール写真は暗い印象を与える写真ではありませんか?顔がボケてしまっていたり、照明が暗かったりするだけで、残念な印象となります。
実際のあなたがどんなに素敵な方でも、残念な印象の方とわざわざお見合いをするような女性は滅多にいません。

また、プロフィール写真、私服で撮影していませんか?私服だと、お見合いや結婚を軽く見ているような印象をもたれ、お見合いが決まりづらくなってしまいます。スーツやジャケット着用で撮影しましょう。
自撮りは、アップすぎたり、服に変なシワがよってしまったり。写真館や結婚相談所で撮影することをおすすめします。
自分で準備する場合は、ご家族や友人に撮影してもらいましょう。自室などで撮影する時、洗濯ものなど生活環のあふれたものが写り込む方がいます。生活感を排除して、背景に白い壁などを使って撮影して下さい。
ごちゃごちゃした背景は、お見合い写真にはおすすめ出来ません。

レギュラーコース(BICメンバーズ)・男性公務員コースは
オンラインからの入会手続きが可能です。

ブライダル情報センターは「結婚」への近道です!!
是非お気軽に、ご来店・ご相談下さい。

お電話によるお問い合わせは、
最寄りのサロンまで