再婚に理解ある方【女性編】シングルファザーへのアプローチ|結婚相談所B.I.C

head_menu
新規入会はこちら

> > 再婚に理解ある方【女性編】シングルファザーへのアプローチ

再婚に理解ある方【女性編】シングルファザーへのアプローチ

再婚に理解ある方【女性編】シングルファザーへのアプローチ

最近の20歳代は、自分達よりも年上の30代女性が焦って婚活をしているのを見て「こうはなりたくない」と考えている方が増えています。そのため、結婚願望は30代よりも高く、年上の頼りがいのある男性を選びがち。
20代後半になると、女性の婚活が活発化しはじめます。昔は20代女性と言えば結婚相談所で活動をする方はまずいませんでしたが、今は出会いのきっかけを広げたいと考え、多くの20代の方が婚活パーティーだけでなくお見合いも利用しています。
「30歳までに結婚したい、早く子供を産みたい」「自分が選んだ男性から選んでもらえるのは今だけ」と、冷静に見極め、集中して婚活している方が多いのが特徴的と言えるでしょう。

シングルファザーとのお付き合いのメリット

シングルファザーとのお付き合いのメリット

子供が欲しい

婚活中の女性の中には「子供が欲しい」と思っている方が多いのではないでしょうか。では、ご自身の年齢はいくつですか?今から結婚して、子供を授かれる確率はどのくらいでしょうか。
子供が欲しいけれど、妊娠は難しいかもしれない。そんな女性におすすめなのが、シングルファザーの方とのお付き合いです。
結婚相談所では、結婚歴や子供の有無が先に分かります。そこを理解してから、お見合いを受ける・申し込むと言った判断をします。

包容力のある男性を求めている

シングルファザーは子育てをすることで、自然と包容力を身に付けています。ただし、シングルマザーが子供優先の生活になるのと同じように、シングルファザーも子供が優先の生活になります。

シングルファザーへのアプローチ

シングルファザーへのアプローチ

誠実にアプローチ

結婚歴があるからこそ、結婚を現実的に捉えて婚活をするシングルファザーへは、誠意あるアプローチが必要となります。お見合いの際に「子供が好きだからお付き合いしましょう」と言うような態度では、引かれてしまうでしょう。相手の状況や気持ちをしっかりと受け止めることが大切です。

子供好きアピールはやりすぎない

お見合いの際に、シングルファザーに子どもが好きと言ったアピールをする方がいますが、それよりも先に、彼はあなたのことを知りたいと思っています。子供が好きなことよりも、まずはお互いの人間性を知ることが大切です。

お相手は常識のある人を好む

シングルファザーは、どうしても女性を「子供の母親としてふさわしいか」と判断する必要があります。そのため、常識に欠ける人だと「母親にするには不安だ」と思われてしまいます。メイクや服装も、判断基準の1つになりますので、あまり派手すぎない清楚系な外見が好まれます。

子供に会う会わないの判断は相手に合わせよう

すぐに子供に会わせたがる男性もいれば、逆になかなか会わせようとしない男性もいます。これは、あなたのことを信用している、信頼していないということではなく、ただ単にそう言う性格だからですし、子供を混乱させたくない、という思いもあります。
会わせてくれないからと言って、真剣ではないと判断することはありませんし、思い悩むこともありません。
自分から子供に会いたいと話すのはNGです。もしもその子供とあなたが親しくなった後で別れてしまったら、傷つくのは子供。彼もそこまで考えていきなり会わせない選択肢を選んでいることでしょう。


シングルファザーは、子供に「母親のいる幸せな家庭」を与えたいと考え婚活している方がほとんどです。子供の成長環境を考えると、どんな父親でも望む当然のことでしょう。
ですが、それだけではありません。人生を一緒に歩んでいけるパートナーが欲しいといった思いもまた強いのは当然です。

ブライダル情報センターは「結婚」への近道です!!
是非お気軽に、ご来店・ご相談下さい。

お電話によるお問い合わせは、
最寄りのサロンまで