理想とするパートナーを見つける為には(女性編)|結婚相談所B.I.C head_menu
新規入会はこちら

> > 理想とするパートナーを見つける為には(女性編)

理想とするパートナーを見つける為には(女性編)

理想とするパートナーを見つける為には(女性編)

お見合いや婚活は、結婚する相手、すなわち将来の伴侶を探すための活動です。恋愛をしたいだけの相手を探すわけではありません。
そのためか、どうしても慎重になりがち。でもあまり慎重になりすぎてしまうとお付き合いや結婚には発展しません。
ここでは理想のパートナーを見つけるために心がけることをご紹介。ぜひ参考にして素敵な出会いにつなげてください。

高い理想を掲げない

高い理想を掲げない結婚相談所では、まず相手を条件で絞ることができます。これがメリットでもありデメリットでもあります。
一般社会で異性と出会う場合、まず接してみていいなと思い、声をかけ、仲が深まるという展開が一般的。お相手のさまざまな条件は後からだんだん分かってくるものです。
しかし、結婚相談所では最初に相手の条件が見えてしまいます。これはこれで伴侶選びにはとても大切なことなのですが、逆に最初に相手を条件で絞ってしまうことで、出会いの幅を狭めている可能性もあります。
条件が見えてしまうと、「もっといい人がいるのでは」と欲が出て、どんどん絞り込んでしまうことも。高い理想を掲げるとお相手がどんどん少なくなってしまうのが現実です。

絶対に妥協できない条件3つに絞る

お相手に条件を付けるときりがありません。まずは自分が掲げた条件について、一つずつメモに書き出してみましょう。そして優先順位を付けて並べてみましょう。そうすることによって、「絶対に譲れない条件」と「できれば叶えたい条件」とが明確に分かれます。
そしてこの際、「絶対に譲れない条件」を3つ以内に絞り、それ以外の条件や「できれば叶えたい条件」は思い切って破棄してしまいましょう。
特に男性の「年収」や「社会的地位」はプライベートでシビアな問題。こだわり過ぎないように注意しょう。

100%相性の良い相手は、この世に存在しない

「せっかく結婚相談所に入所したのだから、最高に相性の良いお相手を探したい」このように期待する気持ちは分かります。しかし、夫婦とはそもそも赤の他人同士。100%相性が合う、ということはありません。
友人夫婦や両親、親戚を思い浮かべてください。ここは合わないな、と感じる点が見えたりしませんか?生涯喧嘩をしない夫婦もいません。自分が作り上げた王子様像をお相手に求めないことが大切です。

条件だけでなくフィーリングを感じて

お相手を条件で検索できることはメリットですが、人格や性格はコンピューターで検索できません。コンピューター上にある項目以外にその人の魅力はたくさんあるのです。
条件はイマイチでも、実際に会ってみて、「居心地がいいな」「素の自分が出せるな」と感じることは多々あります。
具体的な意味がイメージしにくい「フィーリング」という曖昧な言葉。ここはひとつ、自分の直感的な部分を信じてみてもいいのではないでしょうか。

相手を50%気に入ればOKとしよう

あなたは完璧な人間ですか?人は誰でも長所と短所を持ち合わせています。完璧な人間でないあなたが、お相手に完璧を求めてはいけません。
結婚相談所や婚活パーティーでは、相手のことを50%程度気に入ればOKとしましょう。
結婚はゴールではなくスタートです。より良い結婚生活が送れるかどうかはお二人次第。もし、二人の間で何か問題が生じたら、きちんと話し合って、一番良い方法を探ることが必要です。
より良い夫婦関係を築いて行こうと努力を重ねることで、二人の絆はさらに深まっていくものなのです。

レギュラーコース(BICメンバーズ)・男性公務員コースは
オンラインからの入会手続きが可能です。