結婚相談所のメリットを知ろう(20代編)|結婚相談所B.I.C head_menu
新規入会はこちら

結婚相談所B.I.C TOP > お役立ちコンテンツ > 結婚相談所のメリットを知ろう(20代編)

結婚相談所のメリットを知ろう(20代編)

結婚相談所のメリットを知ろう(20代編)

更新:  作成:

20代の皆様、結婚相談所にどのようなイメージをお持ちでしょうか?

まだ早いと思っている方が多い一方、周りの独身中高年男女に目標となるモデルがおらず、ずっと独身を通すのは不安、と考える方が多くなっています。
その他にも、結婚願望の強い方、早く家族を作りたい方、子供が欲しい方、条件の良いうちに効率よく理想のお相手と出会いたい方などさまざまです。

今回は、20代のうちから結婚相談所を利用するメリットをご案内いたします。

この記事の目次

晩婚傾向にあるからこそ、
ニーズの高い20代のうちに婚活しよう

今日本では平均初婚年齢が年々上昇を続けて晩婚化が進行しています。

2015(平成27)年で、夫が31.1歳、妻が29.4 歳となっており、30年前(1985(昭和60) 年)と比較すると、夫は2.9歳、妻は3.9歳上昇しています。
その後、2017年までの調査結果を見ても変わらず、夫が31.1歳、妻が29.4 歳となっています。
※厚生労働省 平成29年版 少子化社会対策白書より


資料:厚生労働省「人工動態統計」

しかしながら、ゲンナイ製薬が行った20代の未婚男性1,000人に取ったアンケートによると、第一子は20代から30代前半に欲しいと考えている人が殆どです。20代~30代前半にこどもを授かろうと思うのであれば、やはり20代から積極的に婚活をしておくべきだということが分かります。


資料:ゲンナイ製薬

理想の子供の数と実際の出生数

国立社会保障・人口研究所 「第14回出生動向基本調査」によると、年代を問わず子供の理想の数と実際の子どもの数には開きがあることがわかっています。


資料:国立社会保障・人口研究所 「第14回出生動向基本調査」出生子供数

女性の平均初婚年齢が29.4歳、子供の数の理想は2.4人なのに対し実際にその年齢での出生率は1.92人とかなり少なくなっています。

結婚して子供をもうけるためには若いうちに結婚した方がいいことを理解していながらも、実際はさまざまな事情で初婚年齢が高くなってしまっています。

晩婚化に伴って不妊治療を行うカップルも急増しています。不妊治療を始める年齢が高ければ、それだけ子供が授かれる確率も低くなってしまうことは周知の事実。図を見ても、20代婚半までに第一子を望む人が大半なのがわかります。

「いずれ結婚するつもり」と考えている人は、男女共に8割強

晩婚化の理由は、決して結婚願望が下がっているからではありません。「いずれ結婚するつもり」と答えた独身者は、男性で85.7%、女性で89.3%と高い水準をキープしています。

※厚生労働省 平成29年版 少子化社会対策白書より

資料:国立社会保障・人工問題研究所「出生動向基本調査(独身者調査)」(2015年)

結婚していない理由で最も多いのは
「適当な相手に巡り合わないから」

これだけ結婚願望のある独身者が多いのにも関わらず、未婚者が急増しているのはなぜなのでしょうか?


内閣府 結婚家族家族形成に関する意識調査 20代・30代 (2010年)

2010年に内閣府が行った「結婚・家族形成に関する意識調査」によると、男女共に半数以上に人が理由に挙げているのが「適当な相手に巡り会わない」です。

次いで男性では結婚資金・結婚後の資金が足りない、女性では自由や気楽さを失いたくない、となっています。

男性では、経済的事情が結婚を踏みとどまる原因になっていることがうかがえます。一方女性は、家事育児介護の負担増が原因となっているようです。

20代の人にあえて結婚相談所をおすすめしたい理由

■理由1:結婚に前向きな人が登録している

20代は、結婚を真剣に考えている人もいれば、まだ結婚するつもりがなく、恋人や異性の友達が欲しいだけの人もいます。20代同士の出会いは、どこまで結婚に真摯に向き合っているのか分かりません。

しかし、結婚相談所になると話が変わってきます。結婚相談所は「結婚したい」と考えている方が登録されているため、出会う人全て結婚願望をお持ちの方です。

そのため、「プロポーズしてくれない」「3年も付き合ったのに、結婚する気がなかったなんて・・・」などの無駄な時間を過ごしてしまうと言った結末を迎えることがありません。

■理由2:条件検索による効率的な出会いができる

婚活パーティーに参加しても、理想の方がいなかったと経験がある方は多いのではないでしょうか。自分は20代~30代前半を希望しているのに、30代後半や40代が多かった、趣味や休日の過ごし方が似ている人を希望しているのに、実際にはいなかった、という経験をしていた方もいるでしょう。

結婚相談所は先にプロフィールを見てお見合いをしますので、自分の条件にあった方に効率的にお見合いをお申し込みすることができます。

理由3:特に女性は20代が圧倒的に有利

20代は男女共に人気です。特に、20代女性は年上男性からモテます。
下記の図のように、子供をのことを考えると、20代・30代の男性は、20代の女性を希望する人が圧倒的に多いです。30代女性が同年代の男性を希望しても、同年代の男性は20代の女性を希望する、といったミスマッチが起きています。

よって20代女性のお見合いの申込をされる確率は、30代女性と比較すると歴然の差。自分から申込みした時も、他の年代と比べてお見合いを受けてもらえる確率も高くなります。
そのため、様々な好条件の異性の中から好みの方を選ぶ、ということが可能になります。
ただし、あまりに多くの方から申し込みを受け過ぎて、誰がいいか分からなくなった、せっかく良い出会いが合っても少しのことが気に入らなくて断っているうちに30代になってしまったということも良くある話です。
ご自身でこれだけは譲れないポイントを決め、加点方式でお相手を探すと良いでしょう。

理由4:プライベートを大事にしながら婚活ができる

結婚相談所にもよりますが、当社はインターネットを使って会員様専用のページで異性のプロフィールをご覧いただけます。お見合いの申込もインターネットを使って設定していただきますので、わざわざサロンに足を運んでいただく必要はありません。休日などリラックスしているときに活動ができます。忙しい方でも、仕事・プライベート・婚活すべて両立させることができます。

また、1人のお相手とじっくり向き合ってから結論を出すことができます。婚活パーティーで会場で一度会ったことのある人とまた会ってしまい。気まずい雰囲気になった、なんていうことはありません。

マッチングアプリや安易な出会いにはデメリットも多い

20代の方はまだ経済的に婚活にそれ程お金をかけられない…とお考えの方も多いことでしょう。

金額だけ見て安いマッチングアプリや婚活サービスに頼るのはおすすめできません。安いサービスはそれなりです。

20代というだけでかなりアクセスされるでしょう。そのため自分を見失ったり、真剣に結婚を考えていな人から声をかけられたりする危険性もあります。
長い目で見れば、結婚相談所が最もコスパが優れているのです。

もちろん、結婚相談所にも様々ありますので、実際に興味のある相談所に話を聞いてみたり、資料を集めたりして納得のいくところを見つけることが大切です。

男女共、これからのライフプランを考える上で今必要な投資をしておくことが、今後の幸せにつながると考えていただくと良いでしょう。

婚活は20代が一番有利です。早く結婚したいと考えている方、結婚に対して理想のビジョンをお持ちの方、ぜひモテる20代のうちに婚活を終わらせてしまいましょう。 婚活パーティーと結婚相談所を併用して活動することをおすすめします。

あなたの婚活について、
私たちと一緒に考えてみませんか?
ぜひお気軽にご来店・ご相談下さい

監修:婚活アドバイザー 角谷 典