結婚適齢期ってあるの?(男性編)|結婚相談所B.I.C head_menu
新規入会はこちら

> > 結婚適齢期ってあるの?(男性編)

結婚適齢期ってあるの?(男性編)

結婚適齢期ってあるの?(男性編)

できれば結婚適齢期にお見合いなどの婚活をして、スムーズに結婚したい!と思って結婚相談所に登録したという方もいらっしゃるでしょう。
しかし、結婚相談所に登録すると、ご自身が結婚適齢期だと思っている年齢の方は少なく感じたりするのではないでしょうか?
一般的に言われている男性の結婚適齢期を踏まえて、なんとなくイメージしてる結婚適齢期。
男性の結婚適齢期とはどんな時期のことなのか、結婚適齢期を逃さないためにはどうすればよいのかをご紹介します。

一般男性が考える結婚適齢期

男性が考える「女性の結婚適齢期」と「男性の結婚適齢期」のアンケート結果です。(※ゼクシィ調べ)

■女性の結婚適齢期
1位:30歳
2位:28歳
3位:27歳

■男性の結婚適齢期
1位:30歳
2位:28歳
3位:35歳

男性が考える「女性の結婚適齢期」、「男性の結婚適齢期」はともに30歳がトップ。男性の結婚適齢は、やはり仕事が充実していることや、収入面でも余裕がでてきていることが理由です。女性の結婚適齢に関しては、「子どものことを考えるとこのくらい」と女性の出産に関しての理解を示す方が目立つ中、「節目の年齢だと思うから」と30歳を迎える未婚女性の心情を考える声もありました。
女性としては20代後半を結婚適齢期と考えている方が多いので、ここで摩擦が生じることがわかります。

そもそも結婚適齢期とは

そもそも結婚適齢期とは実は結婚適齢期は十人十色。
将来、自分がどのような人生を歩んでいたいのか、子どもを持ちたい、親の介護をしていきたいなどライフプランをしっかりと立てたうえで、ともに支え合いながら生きていくパートナーが必要になると思った時が自分の「結婚適齢期」になります。
男性で重要なのは一人で家計を支えられるかどうか。特に自分の子どもがほしいと考えた時、パートナーとなる女性が出産や子育てで働けなくなることもあります。「自分一人で家族を支えることができる」と自信がついたときが「結婚適齢期」になるでしょう。
子どもを持たない予定で、友人同士で趣味を楽しんだり、充実した日々を送っていたりする方も、周囲の友人たちが家族優先になってくると一人の状況に寂しさを覚えてくるでしょう。この場合はパートナーや家族がほしいと考えだした時期が「結婚適齢期」といえます。

自分の結婚適齢期の見つけ方

前述した通り、まずは結婚を考える前に、自分の人生設計をしましょう。子どもがほしいのかや、仕事のキャリア設計を一度しっかり考えます。
子どもが欲しい場合は女性の出産の年齢を考え、子どもが独立する年齢を考えると、40歳をすぎて結婚した場合、子どもが成人を迎える前に定年を迎えてしまう恐れがありますし、子どもが小さいうちに親の介護をしなければならなくなる可能性も出てきます。女性の妊娠・出産する年齢と自分の年齢とのバランスを考えると、おのずと「結婚適齢期」が見えてくるでしょう。
また、子どもをもつ予定がないという方も、初婚の平均年齢である30歳を過ぎたあたりから周囲に家庭をもつ男性が増えてくるので、独身男性として一人取り残されるのを恐れたり、家族が欲しいと強く願ったりした時が「結婚適齢期」になります

結婚適齢期を逃さないために

女性が恋愛相手ではなく結婚相手に求めることは「人として尊敬できるかどうか」です。
結婚適齢期に理想の女性を逃さないためには、自分を成長させることが大切になってきます。そのためにはさまざまな初めて体験することが大切です。
初めての体験をするということは初対面の人にたくさん会う機会ができるということ。新しい自分になれるチャンスなので、積極的にお見合いや婚活パーティーに参加することで初体験を重ねて、男性として、人として成長していってください。

パートナーを引き寄せるために

ご自身の結婚適齢期を逃さないために、普段から新しいことにチャレンジし、人として尊敬できる人に成長できるよう努力することとともに、仕事や子どもを持ちたいかといった人生設計を考えて、逆算して計画を立ててみてください。
一般的な結婚適齢期を大幅にすぎると焦ってしまう男性は多いですが、結婚適齢期は人によって異なるということを念頭に置いて余裕をもって婚活することで自分に会うパートナーを引き寄せることができるでしょう。

レギュラーコース(BICメンバーズ)・男性公務員コースは
オンラインからの入会手続きが可能です。