婚活のマナー【男性編】|結婚相談所B.I.C head_menu
新規入会はこちら

結婚相談所B.I.C TOP > お役立ちコンテンツ > 婚活のマナー【男性編】

婚活のマナー【男性編】

婚活のマナー【男性編】

更新:  作成:

結婚相談所でお見合いして、素敵な方とお付き合いしたいと考えている男性の皆様に、服装や会話など様々な婚活のマナーをお伝えいたします。しっかりとマナーを守って楽しい時間をお過ごしください。

この記事の目次

服装のマナー

汚れた服、色あせてしまった服、穴のあいた服、ボロボロのカバン、汚い靴などは、婚活の場だけではなく失礼にあたる服装です。
何も高級な服やブランドの服である必要はなく、清潔感があるかどうかが重要です。

お見合いや婚活パーティーに参加される男性の方で、中には部屋着のような服装で来られる方がいらっしゃいますが、女性からの印象は悪く、お断りされる確率が高くなってしまいます。
逆に女性がノーメイクで髪もボサボサ、部屋着のような恰好で来られた場合、あなたはその方をお相手として選びますか?その答えがあなたに対する答えでもあります。
服装をきちんと整えるということは、婚活の場に参加する最低限のマナーです。TPOをわきまえた服装ができるということが、きちんとした常識ある男性の証明のひとつになりますのでしっかりと整えましょう。

身だしなみのマナー

身だしなみのマナー

当たり前のことですが、ヒゲはそっていますか?眉は整えていますか?毎日お風呂に入り身ぎれいにしていますか?
男性の中には、変に髪型をいじっている方も多いですが、逆にそれが老けて見せることになっている方も。女性受けする髪型を知ることも大切です。家族や職場の女性に相談してみましょう。
ゴールドコースやダイアモンドコースなどアドバイザー付きのコースにご入会されている方は、お見合いやデートの前に髪型や服装をアドバイザーに相談してみることもおすすめです。

会話のマナー

見た目が大切と言われがちな婚活ですが、実は会話も重要なポイントです。
よくあるNG会話としては、質問ばかり投げかけることです。「趣味は何ですか?」「出身地はどこですか?」「好きな食べ物は何ですか?」「どんな仕事をしているのですか?」と、ころころ話題が変わっては、女性は尋問されているような気持ちになる上に疲れてしまいます。それよりも1つの話題を掘り下げていく方が会話は盛り上がり、楽しいと感じてもらえます。
もちろん自分ばかりが話しているのはNGですが、相手ばかりに話させると「何も話さない人」と言うレッテルが貼られ、やはり悪い印象に。自分のことを話しつつ、相手のことを聞く。自分が3、相手が7ぐらいの目安で話すのが好印象です。
会話のマナーは、「相手の話をよく聞く」「興味を持って質問する」と言うのは当然ですが、「相槌をしっかりと打つ」「相手の話を否定しない」「上から目線で話をしない」ということも重要。
笑顔で楽しく会話をして、また会いたいと思ってもらいましょう。

連絡先交換のマナー

お見合いの際、その場でお相手と連絡することはマナー違反です。結婚相談所によって規定は様々ですが、ブライダル情報センターでは、お見合い後に双方よりマイページにて連絡先希望を選択して初めて交換成立となります。
というのも、お見合いの場で連絡先交換を迫られた場合、ご本人を目の前にしてハッキリとは断りにくいものです。お相手を傷つけたくなくてその場は交換に応じてくれたとしても、その先絶対に返信は返ってこないでしょう。
特に女性の場合、社交辞令が上手ですから初回で言われたことを全て真に受けないことです。女性が本当に好印象を持ってくれたかどうかは、その後連絡先交換を希望するかしないかで分かります。
初回のお見合いで、社交辞令を読み違えて必要以上にアプローチしないよう、ルールを守ってスマートな対応を心がけましょう。

メール・LINEのマナー

メール・LINEのマナー

女性はメール・LINEで連絡を取り合うことが好きだと思い込み、相手からの返事も待たず一方的にメールを送る方がいますが、それはNGです。知り合ったばかりの男性からガツガツとメールが来ると、「怖い」と引かれてしまいます。
また、夜中や明け方のメールもNG。着信音で起きてしまう方もいますので、朝8時~夜10時くらいの間の連絡がおすすめです。一番良いのは、仕事が終わり自宅でくつろいでいる時間帯で、お相手も返信しやすいでしょう。
連絡の返信をもらったら、忙しい所ありがとう!返事もらえて嬉しかったです。とお礼を添えることも
忘れないようにしましょう。

監修:婚活アドバイザー 牛嶋 麗子