婚活のマナー【女性編】|結婚相談所B.I.C head_menu
新規入会はこちら

結婚相談所B.I.C TOP > お役立ちコンテンツ > 婚活のマナー【女性編】

婚活のマナー【女性編】

婚活のマナー【女性編】

更新:  作成:

結婚相談所でお見合いして、素敵な方とお付き合いしたいと考えている女性の皆様に、服装や会話などの婚活のマナーをお伝えいたします。しっかりとマナーを守って楽しい時間を過ごしてくださいね。

この記事の目次

服装のマナー

女性は比較的服装については、きちんとしている方が殆どですが、中には家から部屋着でそのまま来たかのような方、海辺に行くかのような肌の露出が多い服でお見合いや婚活パーティーに参加される方がいらっしゃいます。

忘れがちなのが靴で、夏場は足元がサンダルの方が多いのですが、素足に派手な色のネイルが見えてしまうサンダルもあまり印象がよくありません。なるべくつま先が隠れている靴の方が良いでしょう。

また、きちんとしていても全身ブランドで固めたような服装もあまり印象がよくありません。女性の場合、婚活では清楚で家庭的なイメージを与える服装が一番です。

恋人としてなら、見た目華やかな方に魅かれるかもしれませんが、結婚相手として考えた時、常識をきちんとわきまえていて、誰に紹介しても恥ずかしくない方だと思ってもらうことが大切なのです。

色については黒づくめなどでなければ、ご自身に似合う色を選んでいただければOKですが、どちらかというと淡い色の方が優しい印象を与えることができるでしょう。

化粧のマナー

化粧のマナー

皆様、お化粧をされていますか?結婚相談所に来られる女性の方を見ていると、ノーメイクの方から濃いお化粧の方まで、さまざまな方がいらっしゃいます。

婚活では化粧は必須です。肌の弱い方でも使える、天然由来の優しい成分の化粧品も販売されていますので、お化粧をしてお見合いにお越しください。皆様、友人の結婚式にノーメイクで出席しませんよね?お見合いなどの婚活の場も同じです。

派手すぎる化粧は男性には不評です。引き算しながら、可愛く見えるメイクを研究しましょう。お見合いの時に化粧崩れしてしまっている女性の方もいらっしゃいます。仕事帰りなどに急いでお越しになると化粧崩れまで手が回らないかもしれませんが、化粧室でメイク直しは必須です。

そのため、お見合いの時には約束の時間よりも余裕を持って到着するようにしましょう。

また、マニキュアはナチュラルな色のものを使って整える程度にし、派手すぎる色やデコレーション、先端が尖っているようなネイルはしないようにしましょう。

会話のマナー

婚活は見た目が大切と言われがちですが、実は会話上手な女性はモテます。会話はキャッチボール。男性から話しかける→あなたが答える→男性から話しかける の繰り返しでは、良い印象は残せません。

会話のマナーは、「相手の話をよく聞く」「興味を持って質問する」「相槌をしっかりと打つ」「相手の話を否定しない」の4つを心がけましょう。

もちろん、自分のことばかり話すのはNGです。マナーを守って笑顔で楽しく会話をしましょう。

連絡先交換のマナー

お見合いの際、その場で連絡先交換をすることはマナー違反。結婚相談所によって方法はさまざまですが、ブライダル情報センターではお見合い後、マイページを利用してお返事していただきます。

このマナーを守らずにその場でお見合いをしてしまうと、異性から「マナーの守れない人」と言うレッテルを貼られてしまいます。

メール・LINEのマナー

メール・LINEのマナー

お見合いの際、その場で連絡先交換をすることはマナー違反。結婚相談所によって方法はさまざまですが、ブライダル情報センターではお見合い後、双方が連絡先交換の意思をマイページにから連絡して初めて、交換成立となります。

女性から交換を迫るのももちろんNGですが、お相手から言われて断りにくくて…と、応じてしまうのもルール違反です。お相手からその場で交換を迫られた場合は「ルールなのですみません」とやんわりとお断りしましょう。

監修:婚活アドバイザー 広瀬 祐子