婚活がうまくいかない女性の口癖10選|結婚相談所B.I.C head_menu
新規入会はこちら

結婚相談所B.I.C TOP > お役立ちコンテンツ > 婚活がうまくいかない女性の口癖10選

婚活がうまくいかない女性の口癖10選

<?= $page_title; ?>

婚活を頑張っている女性の中には、成果が出ないと焦ったり、落ち込んだりしている方もいるかもしれません。
婚活は頑張ったから成果が出るものではありません。
婚活がうまくいかない女性たちには共通の口癖があります。ご自身は無意識に口にしていないでしょうか。
確認してみることで、皆様の婚活の良い変化のきっかけになれば幸いです。

01.【出会いがない】

出会いがない
女性だけに限らず、婚活中の方誰もが言うこと、思うことが『出会いがない』ということではないでしょうか。
もし、皆様が誰かに「なぜ結婚しないのですか」と聞かれて「出会いがないから」と仰るのは、言い訳とも言えます。
様々な婚活サービスがある昨今、本気で婚活に取り組めば、出会いの数は増やせます。
まずは、『出会いがない』と仰るだけで、何もせずにお過ごしの方は、出会いの場に身を置きましょう。
ただ、出会いの質(結婚への本気度)はまた別の話です。
「出会いの数と質」の両方を追い求める場合は、結婚相談所がおススメです。

02.【いい人がいない】

それなりに婚活している、という方も一定数いらっしゃるでしょう。次によく聞く言葉が『いい人がいない』です。
好きになれるような男性がいないから、結婚できないということです。
「自分の条件に叶う男性がいない」、「あり得ない男性ばかり」と女子会で盛り上がるネタです。
しかし、裏を返せば、「いいな」と思う人がいたとしても、その男性からアプローチされないということも言えます。
多くの女性が望むような好条件の男性、例えば高収入・高容姿・高学歴、明るく優しく、振る舞いがスマートな男性には、既に素敵な女性がそばにいるのです。
その女性よりもご自身の方が相応しいとする点はどこでしょうか。
婚活女性の多くは、謙虚なことも口にします。
しかし、「いい人がいない」「自分の条件に合う男性がいない」とご自身の価値観が絶対と考えるところも多く見受けられます。
現実を直視し、お相手の良い面を見つける努力をしてみましょう。相手を変えるより、ご自身の見る目・考え方を変える方が簡単だと思いませんか。
今のままでは、いつまで経っても『いい人がいない』と言い続けることになりかねません。

03.【ふつうの人でいいんだけど】

ふつうの人でいいんだけどこの『ふつう』についても、婚活迷走中の女性がよく口にします。
「決して高望みではないのに、なぜうまくいかないのだろう・・・」と婚活がうまくいかずに悩む女性の口癖です。
さて、『ふつう』とは何でしょうか?この基準が曖昧で「なんとなく」、突出していなければ『ふつう』なのでしょうか。
年収や容姿等すべてが平均的な結婚適齢期(30代)男性は『ふつう』とは言えず、ハイスペックとも言えます。
ご自身の理想を明確にすることで、この曖昧な『ふつう』の概念は変わります。

04.【忙しい】

婚活をするには、出会いの場に赴いたり、デートをしたりと、結婚に至るまでの関係構築の時間も必要です。
なかなか婚活に時間を割けないという方もいらっしゃるでしょう。
しかし、ストイックにトレーニングに取り組むスポーツ選手や、高収入で激務の医師等、若くして結婚しているイメージはないでしょうか。
そこまでではなくても、皆様の周りでも、忙しくても結婚している人はいらっしゃるはずです。そういう方達は効率的に、工夫し、時間を作るのが上手なのでしょう。
「忙しい」が口癖の方は、ずっと忙しいものです。時間は平等です。
努力と工夫で時間を作りましょう。

05.【ありのままの自分を好きになってほしい】

長く共に生活するパートナーとは自然体でいたい。。。誰しもそう願うものだと思います。
『ありのままの自分を好きになってほしい』という気持ちを否定はしません。
「この人だ」と思ったら、お相手に関心を持ってもらえるよう、言葉遣い・態度・姿勢等最大限に気を遣い、魅力的な自分をアピールするでしょう。
また柔軟な対応が求められたりもします。しかも、第一印象で良い印象を残せなければ次に繋がらないかもしれません。
ありのままの自分を好きになってもらうのは時間が掛かるものです。その点を理解せず、自分らしさを貫いてしまうと、婚活で結果がなかなか出ないということにもなってしまいます。

06.【夫はいらないけど子供は欲しい】

これも女性同士の会話では主に30代以降になってきますとよく聞く言葉です。
仕事もプライベートも充実しており、今更家庭に縛られたくない、家族関係等が面倒と感じてしまうことから、そう思ってしまうのでしょうか。
結婚はいつでもできます。しかし、出産となるとどうしても期限があります。
『夫はいらないけど子供は欲しい』と仰る方は、子供の気持ちを無視した、実は自己中心的な考え方とも言えます。
人と生活を共に出来るほど精神面が成熟しておらず、他人に対しての想像力が足りない方が多い傾向があります。
もちろん、シングルマザーで立派にお子様を育てていらっしゃる方はたくさんいらっしゃいます。
ただ、婚活の場に身を置くのであれば、この考えを口にすると、婚活が難しいのは止むを得ません。

07.【いつか結婚したい】

いつか結婚したいこれは全ての婚活中の方の願いです。
でも、この口癖は実は婚活がうまくいかないことに繋がります。
多くの結婚相談所では1年以内の結婚を目指して活動中の方が多いのです。
人が目標や夢を実現しようとする時、漠然とした「いつか」ではなく、「1年以内」「今年中」「〇歳迄に」等と明確な期限を決めた方がそれに向けて頑張れるし、達成しやすいと言えます。
目標が明確になる事で、行動が伴い、何をすべきかが具体的に見えてきます。婚活も同じです。
婚活の場に身を置くと出会いはたくさんあります。様々なタイプの男性とお話しすることが出来、それ自体が楽しくなってしまい、際限がなくなる可能性だってあります。
結婚したい、出産したいと願うのであれば、ご自身にタイムリミットを設定し、運命のパートナーとの『ご縁』を逃さないように。

08.【両親みたいな関係が理想】

「とても仲の良いご両親に大切に育てられた女性」というイメージを持ち、一見、男性にも好印象に受け取られる言葉のように感じると思います。
しかし、こういう女性は婚活がうまくいかない方の傾向として多いように思います。
なぜなら、いくら親子とはいえ、性格は似ていたとしても、違う人格です。ご自身の性格を無視し、両親を理想としてパートナー探しをし、いざ交際してみると、「なんか違う」と違和感を感じ、うまくいかない可能性があるということです。
ご自身の性格や価値観から、どのような方がご自身のパートナーとして相応しいのか考えてみることが大切です。

09.【どこで出会ったの?】

どこで出会ったの?「彼氏ができた」「結婚する」と友人知人から報告を受けるたびに、『どこで出会ったの?』と聞きたくなります。馴れ初めを聞くのは楽しいものです。
でも、ここでも注意が必要です。「出会いさえあれば、私も結婚できる」と心の中で思ってしまっていると、この質問が出てくる方が多いようです。同じ婚活方法でも、うまくいく人とうまくいかない人は存在します。
例えば、「結婚相談所で友人が結婚できたから、私も入会する」ということです。婚活に成功したご友人と同じ方法を実践するだけでは結婚はできません。
運命のパートナーと出会うために、何をなすべきかをしっかりと考える必要があります。婚活が成功した方は、その点をしっかりと考え、いざ目の前に素敵なご縁が在った時にそのご縁を掴んだ人なのです。

10.【私はそこまでしたくない】

様々な婚活サービスがある昨今、婚活を頑張っている人もいれば、『私はそこまでしたくない』とご本人曰く「自然な出会い」を待っている方もいらっしゃるでしょう。
就職したいから就活をするのと同じように、結婚したいから婚活する、これは今や自然とも言える行動です。
婚姻数が減少している昨今、何もせずして、まして「結婚したい」という希望も表面化させず、出会いはなかなか訪れません。

婚活がうまくいかない女性の口癖10選 まとめ

婚活がうまくいかない人が口にしがちなことを10個挙げてみました。1つでも、思い当たるものも有ったりしませんか。
婚活の期間は長い人生の中では、ほんのわずかな期間です。思い通りにならないことは誰しもあります。
マイナスな言葉を口にすることで、表情やしぐさも暗くなってしまいがちになる事も。
前向きに諦めずに婚活をした方が、ご縁を掴んでいらっしゃいます。
明るく楽しむ気持ちを忘れずに。マイナスの気持ちからご自身を開放しましょう。
婚活の参考になれば幸いです。