結婚後の家事分担~家事は誰がやってもいい|結婚相談所B.I.C head_menu
新規入会はこちら

結婚相談所B.I.C TOP > お役立ちコンテンツ > 結婚後の家事分担~家事は誰がやってもいい

結婚後の家事分担~家事は誰がやってもいい

結婚後の家事分担~家事は誰がやってもいい

共働き夫婦が増える中で、家事について『とちらかがやる』ではなく、『一緒にやる』という考え方が広まりつつあり、あえて『僕は手伝わない』とメッセージとともに、新しい夫婦の形を表現した㈱クレハのクレラップのメッセージムービーが話題となりました。

https://kurelife.jp/special/web-movie/

『家事や育児は、家族が家族として生きていくために欠かせないもの』
このメッセージが深く胸を打ちます。

仕事も続けたいと願う婚活中の女性の皆様がこれから運命のパートナーと出会い、家族を創り上げていくために直面する可能性のある『仕事と家庭の両立』についてお話していきたいと思います。

この記事の目次

女性が直面する『仕事と家庭の両立』

現代において、女性は男性と同様に忙しく仕事をしています。
ずっと仕事を続けたいと願う女性も多く存在します。そして自身の収入に関わらず、男性側もパートナーの女性には働いていて欲しいとお考えの方も多いように感じます。

結婚を考える時、『仕事』をどうするか…
これは女性の大半が直面する問題です。特に「子供が出来たら働き続けることが出来るのか?」という点です。

結婚し、将来出産するとなった際に、育休・産休など休暇取得や時短勤務、保育所の問題など仕事を続けるためには考えなければならないことがあります。そして、仕事は継続できるとしても、今と同じ形態で仕事を継続できるかという点が女性達を悩ませます。
「結婚したい」「子供が欲しい」女性達にとって、婚活を先延ばしにする、または極端な例では諦めることになる場合もあります。
「結婚も子育ても男女対等」が当たり前の昨今ですが、「仕事と家庭の両立」に悩むのは女性が多いように思います。

家事が女性たちの足枷になる?

『家事は女性が率先してやるべき』親世代の方はそのようにお考えの方も多いのではないでしょうか。
「家事(料理・掃除・洗濯)ができないと結婚できないわよ」と、子供のころ母親に言われたことがある方もいらっしゃるでしょう。
女性は家事ができるのが当たり前、「出来なければいけない」「しなければいけない」という考えは現在でも根強くあるように思います。
男性(夫)は家事を手伝いますと話をすると、「凄いわね」「偉いわね」と言われたりしますが、女性が家事が得意でもそのような賛辞を贈られることは残念ながらありません。
こうした家事の負担が独りの生活でも重いのに結婚後は、家族の分も女性の肩に重くのしかかる…こうしたことも、仕事と家庭を両立したい女性達の足枷になっていると言えます。

家事は誰がやってもいいという考え

先述の通り、共働き夫婦が増える中で、家事について『とちらかがやる』ではなく、『一緒にやる』という考え方が広まりつつあります。
結婚相談所において、男性のプロフィルを拝見しても、そのような考えを記載している男性を多く見かけます。
男性にとっても、家事や育児は愛するパートナーと共に生きていく、自分の大切な暮らしの一部なのです。

家事は女性だから適している、等ということはありません。
家事はきちんとモノを整える整理能力、栄養バランスを考えた食事を作るなど、一つずつの家事には多面的な思考・技術・能力を発揮する場面があり、決して雑用ではありません。人が、家族が健康で心地よく暮らしていくために欠かせないことです。
誰がやってもいいんです。

結婚も仕事も諦めない気持ち

「家事が苦手だから結婚できない」そう口にするのは女性のみです。しかし、男性にとっても今や家事が一通りできるのは当たり前となってきました。
結婚後の生活は共に支え合い生きていくことです。夫婦二人で協力し家事を行えばよいですし、今や家事を便利にする為のアイテム=文明の利器も豊富にありますし、家事代行サービスを利用する選択肢だってあります。
結婚生活において大切なことの一つは話し合うこと。
『何でも話し合い、協力し、乗り越えていける』そんなお相手を探してください。
そしてご自身の生き方を理解し、寄り添い、共に支え合えるパートナーが見つかりますよう心より願うばかりです。
女性の皆様、結婚も仕事も諦めずに、軽やかに婚活を進めましょう。