50代以降の再婚希望の方必見!婚活が成功する理由|結婚相談所B.I.C head_menu
新規入会はこちら

結婚相談所B.I.C TOP > お役立ちコンテンツ > 50代以降の再婚希望の方必見!婚活が成功する理由

50代以降の再婚希望の方必見!婚活が成功する理由

50代以降の再婚希望の方必見!婚活が成功する理由

人生100年時代と言われる昨今。50代は人生の折り返し地点と言えましょう。『まだまだ、これから』なのです。
とはいえ、50代は老後について考え始める時期であり、お子様がいらっしゃる方は、お子様が成人し独立したことで精神的・身体的に支えあえるパートナーの存在がいればと願う時期でもあります。
今回は50代以降の婚活についても今婚活を始める方が多い背景と成功するためのポイントについてお話をしていきたいと思います。

この記事の目次

50代以降再婚希望で婚活する方が増える背景

冒頭でも申した通り、50代以降は老後について考え始める年齢です。子供を作ることなど考えずに、純粋に『パートナーとふたりでこれからの人生を楽しみたい』そうお考えになる頃であります。

婚活中の方にお話を聞いてみると、再婚を考え婚活をしようと思ったきっかけとして多いのは下記が挙げられます。

□老後に不安を感じたから
□親や子供との関係にとらわれずに考えられるから
□残りの人生を愛する人と添い遂げたいと思ったから
□男性女性ともに子供を望む世代ではないから(40代より婚活しやすい)
□再婚した人が周りに多いから

どのくらいの人が再婚している?


再婚希望で婚活する方が増えた理由の一つにもある、再婚した人が周りにいるから。今や離婚は決してめずらしいことではありません。
厚生労働省のデータによると、50歳以上の方が離婚後5年以内に再婚している割合は10%を超えています。10人に1人以上は離婚から5年以内に再婚していることになります。「再婚した人が周りに多いから、自分も」とお考えになるのはこのデータからも立証されてています。尚、40代はさらに再婚率は高くなっていますので、少しでも早く婚活を始めることが再婚率を高めることになりましょう。

表1.各年に離婚した者が離婚後5年以内に再婚した割合-平成19~23年-
表2.各年に離婚した者が平成27年までに再婚した割合-平成23~27年-
表1.2いずれも厚生労働省『平成28年度 人口動態統計特殊報告「婚姻に関する統計」の概況』より

50代以降の婚活で気を付けたいこと

□相手に求める条件を明確にする

結婚相手に求める条件を決めておくことは何より大切です。年齢を重ね、結婚歴のある方は、「自分はどんなお相手が合うのか」「次の結婚ではこうしたい」という考えもはっきりしているかと思います。逆に不要な条件も明確かと思いますので、条件を欲張らずにお相手探しをすることが再婚に繋がりやすくなります。


□タイミングが大事

50代は親の干渉もあまりなく、お子様が独立していたら、ご自分の意志で再婚を決意できる方も多いでしょう。しかし一方で親の介護の問題などが生じる時期でもあります。
『結婚』という形にこだわらず、状況によっては『事実婚』という選択肢もあります。実際に50代以降で再婚する方の中にはあえて入籍はせず『事実婚』をしている方も多くいらっしゃいます。お二人の将来設計の中で、『今』というタイミングを話し合い、形にこだわりすぎず柔軟に対応していくことも必要です。『大切な人と一生を添い遂げること』そのお気持ちを優先に。

再婚を叶えるために

□『女性らしさ』『男性らしさ』を忘れない

結婚相談所や婚活パーティーなど、婚活の場では第一印象が大きく影響します。年齢にかかわらず、身だしなみには気を付けることがとても重要です。髪型や清潔感、女性であればメイクにも気を配りましょう。ただし、若作りは逆効果です。


□大人の余裕が感じられる

50代以降の方はお互いに『大人の魅力』をお相手に期待します。「いつも落ち着いている」「穏やか」「ちょっとしたアクシデントやミスなど、笑って許す」「一人の時間も楽しんでいる」「話し上手であり聞き上手」など、何事にも余裕のある方が選ばれます。
一方、「怒りっぽい」「嫉妬深い」「情緒不安定」などは、若い方なら許されるかもしれませんが、50代以降の『穏やかに人生を楽しみたい』とお考えの方には選ばれません。まずはご自身の気持ちを安定させ、ストレスや怒り・焦りなど負の気持ちからご自身を開放しましょう。
婚活は選ぶ立場でありますが、選ばれる立場でもあるのです。婚活の場では、常にお相手に『選んでもらう』意識を持つことを心掛けましょう。


□精神的・経済的に自立している

特に一部の女性に見られるのが、お相手に高い経済力を求める方です。「年だし、働くのも疲れたし、養ってもらいたい」そんなお声を聞くことがあります。
しかし、婚活の場で50代以降で成功する方は、精神的にだけではなく、経済的にも自立している方です。高収入である必要はなく、お互いが自立していれば支えあうことができます。企業で働く会社員の年収は50歳を境に下降傾向にあると言われています。結婚後の生活は共に支えあうことです。逆に全くスキがなく、「自分がいなくても、一人で生きていけるんじゃない?」とお相手に思われてしまうと逆効果ともなります。精神的・経済的には自立していても、適度に互いの弱みを見せられる、甘えられる、そんなパートナーが理想的ではないでしょうか。


□前のパートナー・前の結婚生活と比べない

50代以降だからとか年齢に関係なく、前の結婚を引きずっていらっしゃる方は再婚は難しいです。「前のパートナーみたいな人は嫌」「前のパートナーと同程度のスペックの人でないとダメ」「前の結婚生活と同じ生活水準を維持したい」など、いずれにしても「前のパートナー」基準の方は婚活を難しくします。
大事なのは、今目の前にいる方としっかりと向き合うことです。年齢を重ねたことで、経験を積み、ご自身のデータも蓄積されていらっしゃるかとは思います。しかし、過去の経験やデータはあくまで参考にしかなりませんので、当てはめようとしないでください。目の前の人は全く別の人なのです。そして、ご自身も時を重ね、その時のご自身とは考え方など変わっているのです。今を大切にしましょう。

再婚を叶える婚活方法

50歳以降で婚活をすること、再婚をすることは全く珍しいことではありません。しかし、そうはいっても既婚者の方が多い年代です。『素敵だな』と思う方と出会ったとしても、その方が『パートナー募集中』と明確に意思表示をしていなければ、「独身なのか」「パートナーを探しているのか」分かりません。
出会いの場に出向き、多くの異性と出会い、婚活を進めていくことは想像以上にエネルギーを要します。若いころは勢いや感情で積極的に出会いを求めていけても、体力的にも精神的にも難しくなってきます。
異性と話ができればよい、お友達が増えればよい、それであれば婚活パーティーや趣味の場など、出会いはありましょう。
しかし、再婚も考えられる人と出会いたいということであれば、同じ思いを持つ方と出会える場に身を置くことが一番です。ストレスなく、効率的に婚活を進めていくには結婚相談所はお勧めです。結婚相談所は若い方だけのためのものではないのです。結婚歴があっても、年齢を重ねていても出会いのチャンスはあります。
『残りの人生をこの人と添い遂げたい』その思いをぜひ叶えてください。

資料請求はこちら▶