婚活に使える心理学・雑学|結婚相談所B.I.C head_menu
新規入会はこちら

> > 婚活に使える心理学・雑学

婚活に使える心理学・雑学

婚活に使える心理学・雑学

結婚相談所ではたくさんの会員様がご活動されていらっしゃいます。
結婚相談所の活動の主体はお見合いです。
お見合い後、お互いに好印象を持ちましたら、連絡先を好感し、交際(仮交際)がスタートします。
この交際(仮交際)期間中は他の方とお見合いをすることは可能です。また複数の方と並行して交際(仮交際)を進めることも出来ます。交際期間はあくまでお相手を知る期間としてとらえてください。
ただ、交際開始1カ月間が非常に重要です。
この1カ月で、お相手とどのようにどれくらいコミュニケーションを取れたかが、真剣交際に進めるかどうかが決まると言ってもいいくらいです。
お見合い後、『早めのファーストデート』、『こまめに連絡を取り合う』・・・分かっていても遠慮してしまう。。。という方もいるでしょう。配慮は必要ですが、遠慮は不要です!ご縁を逃さないでください。

今回は婚活に役立つ心理学と雑学についてのお話です。
交際(仮交際)中はお相手の気持ちが分からず、不安に思う事もあるでしょう。もちろん、ブライダル情報センターの場合は、婚活アドバイザーがしっかりお相手との気持ちの橋渡しも行います。
でも、実際にデート中に使える、分かる心理学・雑学が有ったらその場でご自分が適切な行動をとることが出来るかもしれません。 参考までにご紹介させていただきます。
詳しくは是非ご自身でも調べてみると、奥深く面白いかと思います。

距離の取り方~パーソナルスペースから気になるお相手にアプローチ

男女のパーソナルスペースの形パーソナルスペースとは、人と人との距離のことを指します。
他人が近くにいると落ち着かないと感じたり、ちょっと離れたところにいることで安心したりする『自分自身が持つ個人の空間』のことです。
親密な相手ほどパーソナルスペースは狭く、逆に嫌な相手の場合は広くなります。このパーソナルスペースを利用して相手をドキドキさせたり、親近感を持ってもらえる効果を得られるかもしれません。

パーソナルスペースは男性と女性とでは違うそうです。
男性は中心を後方に置いた円で、女性は丸みを帯びた円に近い形だとのことです。☆図1☆

パーソナルスペースの距離アメリカの文化人類学者エドワード・ホールは、日常生活で使われる距離帯は大きく分けて4種類(密接距離・個体距離・社会距離・公衆距離)があると定義づけています。
公衆距離(全く知らない者同士)は360㎝以上、社会距離(知人や仕事関係の付き合い)は120㎝~360㎝、個体距離(友人同士)は45㎝~120㎝、そして密接距離(恋人同士や家族)は45㎝以下としています。☆図2☆


一般的に、初対面の方同士が会った時最大限に近づく距離は、ちょうど握手するくらいの距離(80㎝位)です。お見合いでの距離感となります。
その後、交際(仮交際)に進み、何度かデートを重ねていく中で、歩いている時や話している時に肩や手が触れ合う位の距離になっていく経験をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
45㎝圏内にお相手が入ってきた、または、嫌がられなかったという事は、パーソナルスペースから考えるとそのお相手は「親近感」「好意」を抱いているとも言えます。また、心理学においては、人は距離が近い相手を好きになるという実証もあるそうです。

パーソナルスペースの形からすると、男性の場合は前方に大きくパーソナルスペースがあるので、男性を意識させるには、女性は向かい合わせになると良いと言えます。
また、女性の場合は自分を中心に円形のパーソナルスペースですので、横からのアプローチが有効とされています。男性の方は女性の向かいより隣からアプローチする方が良いと言えます。

気になるお相手がいた場合は、思い切って恋人の距離に入ってみましょう。嫌な態度を取られず、その距離感をキープ出来れば、お相手は受け入れたと言えるでしょう。ただ、焦りは禁物です。徐々に距離を縮めていくことは必要です。

足の組み方や動きからお相手の気持ちが分かる

足の組み方や動きは、感情が顕著に表れやすいのだそうです。好意を持っている人や興味のある人が目の前にいると、無意識のうちに足が何かしらのサインを出していることが有るようです。
足は興味があればその対象へ、無ければ反対の方を向きます。立っている時も、座っている時や足を組んでいる時も足先がどちらを向いているか、気になるお相手の足先をさり気なくチェックしてみましょう。尚、「足を組むなんて」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが。足を組む行為は居心地の良さからリラックスしてくつろいでいるとも言えるそうです。もっとじっくり話をしたい、もっと長く一緒にいたいという気持ちの表れとも言えます。

婚活では気配り・目配り・心配りが大事

婚活疲れ〜ご自身の条件・勘違いが原因の場合も?今回は婚活に役立ちそうな心理学・雑学のお話しをさせていただきました。
一概に決めつけることはできませんが、お相手の仕草を観察することで、少しでもお役に立てばと思います。
そうはいってもまずはお相手への目配り・気配り・心配りを心掛けましょう。婚活成功に重要不可欠です。

レギュラーコース(BICメンバーズ)・男性公務員コースは
オンラインからの入会手続きが可能です。