【婚活】と【恋活】~あなたがすべきなのはどっち?|結婚相談所B.I.C head_menu
新規入会はこちら

結婚相談所B.I.C TOP > お役立ちコンテンツ > 【婚活】と【恋活】~あなたがすべきなのはどっち?

【婚活】と【恋活】~あなたがすべきなのはどっち?

【婚活】と【恋活】~あなたがすべきなのはどっち?

結婚相手を探す活動のことを指す、『結婚活動』の略語である『婚活』という言葉が世の中に登場したのは2007年とのことです。
今やすっかり定着したといえましょう。
就職するために『就活』する、結婚したいと思ったら『婚活』することが当たり前となってきました。
今回は『婚活』と『恋活』の違い、各婚活サービスの違いについてお話していこうと思います。

この記事の目次

独身者の4人に1人が婚活サービスを利用する時代

【図1】婚活サービスの利用経済割合【全体・性年代別】
【図2】婚活サービスの利用経済割合【全体・性年代別】

恋愛・結婚意向のある独身者の4人に1人が婚活サービス利用経験があり、増加傾向と言われています。男性女性問わず、いずれの年代においても利用経験割合が増加しています。
それだけ今の時代に『婚活する』ことに抵抗感、偏見がなくなってきたといえましょう。

図1・2:データ出典元:婚活実態調査2020(リクルートブライダル総研調べ)

しかし、婚活サービスを利用する目的として、「恋愛相手を探している人」・「結婚相手を探している人」と違いがあります。前者は『恋活』、後者は『婚活』です。
“恋活”中の方の中にも恋愛の末に結婚という考えの方も多いでしょう。そうすると、「結局遅かれ早かれゴールは“結婚”だから『恋活』も『婚活』も一緒なのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、『恋活』と『婚活』は似ておりますが、違うものと認識した方がよいでしょう。ではその違いとは?

『婚活』と『恋活』の違いとは?

『婚活』と『恋活』には違いがあります。大きな違いはその“ゴール”と“ゴールまでの早さ”です。

【婚活】
結婚相手、将来を共にするパートナーを探す活動です。よってゴールは『結婚』(事実婚も含む)となります。

【恋活】
デート相手や一緒に楽しい時間を過ごす彼氏・彼女を探す活動となります。よってゴールは『恋愛』となります。

前述のとおり、『恋活』中の方でも恋愛の末に結婚とお考えの方はいらっしゃるでしょう。恋人を見つける際に、まったく将来結婚を考えられないようなお相手を選ぶ方も少ないと思います。そうするとゆくゆくは同じゴールと考える方もいらっしゃいましょう。【恋活】も結婚に繋がる活動だと言うことはできます。
しかし、【婚活】の場合はお互いに結婚を意識した出会いとなります。結婚前提の交際となるため、一般的な恋愛よりも結婚が決まるのが早いと言えます。

早く結婚したいという20代の方もいらっしゃれば、結婚にはこだわらないという40・50代の方もいらっしゃいます。結婚への意識には年齢は関係ないようです。
「なるべく早く結婚をしたい」「来年には結婚したい」など結婚までの目標設定をするのか、恋愛から始めて「ゆくゆくは結婚を考えたい」のか…ご自身の結婚への考え方や意欲に合わせて、ご自身がする活動は【婚活】なのか【恋活】なのかを選択なさることをお勧めいたします。
それでは、次にどんな“婚活方法”を選べばよいのでしょうか。

婚活方法を選ぶための判断材料

【図3】各婚活サービスの利用経験割合【全体・性別】

【婚活】方法は様々あります。婚活サービスを利用する方が増えた背景には、マッチングアプリなどのネット系の婚活サービスの利用者が増えたことが大きな要因と言えるようです。

図3:データ出典元:婚活実態調査2020(リクルートブライダル総研調べ)

いざ、『婚活』を始めようとしたときに、どんな婚活方法を選ぶか選択する際に判断材料になり得る項目は下記通りです。

□結婚までに掛ける時間《目標時期の設定》
婚活を始めて出会いがあれば、直ぐに結婚できるというわけではありません。
「1年後には結婚したい」「条件が合えばすぐにでも結婚したい」「ゆっくり交際して結婚したい」など、「結婚したい」気持ちは同じでも、辿り着くまでに掛ける時間の考え方は婚活中の方の中でもそれぞれです。結婚には『タイミング』が重要と言われるように、結婚までのスピード感がお互いに違うと、良い出会いであっても結婚にはたどり着けないこともあります。同じスピード感を持った人と出会える場で婚活をすることで、こうしたリスクはなるべく回避できるでしょう。

□理想の結婚相手とは?《譲れない条件の明確化》
婚活の場に身を置くことで、出会いは格段に増えます。日常にない出会いがあるでしょう。しかし、出会いが豊富にあればよいのかというと、そうではありません。
お相手に求める条件は様々ありましょう。「年齢」「現住所」「職業」「年収」「学歴」「容姿」など自身の条件がすべて叶う方を探したいというのは誰しもの思いです。
特に「年齢」「年収」「学歴」など重視する方は、プロフィールに記載している内容が証明書などで確認がなされている婚活サービスを利用するべきでしょう。

どんな婚活サービスを利用するにしても、あれもこれもと条件ばかりに目がいっていてはなかなか出会いが訪れないかもしれません。
理想は理想として、譲れない条件を明確にして、まずは出会うことが大切です。様々な方とお会いする中で、今まで自身が重視していた条件の重要度が下がったり、逆にこれは必要と感じたり、結婚観にも変化が起こり得ます。
婚活の場では、様々な出会いの可能性があります。しかし、一方でご自身も選ばれる立場でもあります。選ぶことにだけ力を入れ、選ばれる努力をせずにただ「良い人がいない…」と口癖のように言っている方は、残念ながら婚活の場では少なからずいらっしゃいます。
ご自身の立ち位置、そしてお相手探しの条件など整理してみることをお勧めいたします。

各婚活サービスを比較


【図4】各婚活サービスの比較

【ネット系婚活サービス(婚活アプリ)】【婚活パーティー・イベント】【結婚相談所】のサービスを比較すると、下記の通りとなります。

【ネット系婚活サービス(婚活アプリ)】
 登録が簡単、必要書類も少なく、手軽に始められる
 費用を抑えて婚活ができる
 登録会員数は増加傾向、多くの出会いがある

 プロフィールは自己申告につき、詐称の可能性あり
 悪質業者に誘導の危険性が稀に報告されている
 結婚への真剣度が低い会員も多い

【婚活パーティー・イベント】
 すぐ対面できるので、雰囲気などが分かりやすい
 自分の趣味嗜好で様々な企画に手軽に参加できる
 様々な企画があり、出会いの質は比較的良い

 会場に行く時間と手間がかかる
 出会いの数や幅は他の婚活サービスより狭い
 プロフィールは自己申告につき、詐称の可能性あり

【結婚相談所】
 結婚への真剣度が極めて高い
 出会いの質が良く・出会いの数も多い
 担当アドバイザーがサポートしてくれる安心感がある

 他の婚活サービスより費用が掛かる
 入会に必要な書類が多い

まとめ

今回は『婚活』と『恋活』の違いについてお話しました。
結婚したいと願う“婚活中”の方が、“恋活中”の方が多い場で積極的に活動をしても、いつまでも『結婚』に繋がる出会いにはならない。。。ということもあります。
「いい人に出会えない」「交際に進展しない」という場合には、ご自身が身を置く活動の場がご自身の希望を叶えるのに適切な場所なのか、今一度見直してみるとよいでしょう。
婚活はご自身の将来をより豊かに輝かしいものにするために行う活動です。素敵な出会いに巡り会えますよう心より願っております。

婚活にまつわるこんなお悩みありませんか?

様々な婚活方法を試したけれど実のある出逢いがないという方、
このようなお悩みをお持ちの方も少なくないのではないでしょうか?

  • 様々な婚活イベントに参加してるけど思うようにうまくいかない..

  • 今年中、一年以内には結婚相手をみつけたい

  • 魅力的な方がいない..
    いても真剣度が低いかも..

  • プロフィールに虚偽がないか心配..

サイト内の金額表記はすべて税込みです。