婚活女性の「仕事」と「結婚」|結婚相談所B.I.C head_menu
新規入会はこちら

> > 婚活女性の「仕事」と「結婚」

婚活女性の「仕事」と「結婚」~仕事を理由に結婚を先延ばしにしない~

婚活女性の「仕事」と「結婚」! ~仕事を理由に結婚を先延ばしにしない~

結婚は人生の選択の一つ。
今の時代、大半の方は自分の好きな人と好きなタイミングで自由に結婚することが出来るでしょう。結婚は人生の大きなイベントです。ゆえになかなか本気で婚活をお始めになれない、または結婚に踏み切れない…という方も多いのではないでしょうか。結婚に必要な事は『タイミング』と『決断』です。少しでも、皆様の『決断』を後押しできればと、我々婚活アドバイザーは常日頃婚活中の皆様のお気持ちに寄り添い、お手伝いしております。今日は婚活女性の「仕事」と「結婚」についてのお話です。

結婚より仕事を選ぶ 「仕事が忙しい」女性の本音

結婚より仕事を選ぶ 「仕事が忙しい」女性の本音現代は女性は男性と同様に忙しく仕事をしている方も多いです。そして収入に関わらず、男性も女性には働いていて欲しいとお考えの方が多いように感じます。
結婚を考える時、『仕事』をどうするか…これは女性の大半がお考えになる問題です。転職リスク、非正規への変更、保育所問題等、特に「子供が出来たら働き続けること」が出来るのか?という点です。ニュースなどでも目にすることも多いですね。
でも、そのことが「結婚したい」「子供が欲しい」女性達にとって、婚活を先延ばしにする、または極端な例では諦めることになるのでしょうか。「仕事が忙しいし…」と仰り、ただ問題を回避しようとしているようにも思います。
「結婚も子育ても男女対等」が当たり前の昨今ですが、いざ結婚となった時に女性は「仕事と家庭の両立」を悩みますが、男性は悩む方は多くないように思います。明らかに、「男性には家事育児は期待できない」「男性の方が仕事は忙しいし、収入もあるから」という発想を当たり前に思う女性達は多いでしょう。

「仕事」を理由に婚活を先延ばしにしない

結婚相談所では、結婚したいと願う「日常では出会えない地域・職業の方等との出会い」が有ります。事前にプロフィールを確認し、会いたいと思える方とお見合いをします。お見合い後に交際となった場合は、結婚を見据えたお付き合いとなります。そのため、交際の早い段階から、結婚した場合の希望などのお話をされ、条件のすり合わせが行われます。先述の仕事も頑張りたい女性は、ご自身の人生設計に共感できる男性を見つければよいのです。そもそも問題を回避しようとする必要はないのです。女性には出産可能年齢の問題も有ります。その上結婚は家族全体の慶び事です。きちんとお相手の男性に『自身が望む仕事や生き方』を伝え、「互いの仕事の折衷案」を互いに考えて「この人となら結婚し、子供を作り、幸せに生きられる」という人を見つけましょう。せっかく『対等』の世の中にて最初から『対等』であることを諦めている、ただご自身の判断で『結婚は縁遠い』と決めつけていないでしょうか。

生活レベルは下げたくない

各種別世帯別にみた世帯の状況婚活女性の方はお相手の収入は気になるところかと思います。「結婚しても生活レベルは下げたくない」と言う女性はいらっしゃいます。実際に年収のご希望をお伺いすると、「500万円以上」とお答えになったりする方は多いように感じます。しかし、ご本人の年収をお伺いすると「300万円」位とお答えになります。まさに女性の全国的な平均年収と言えましょう。ご自身が稼ぐから年収の高い人を希望するわけではないようです。
さて、今例に挙げた方が、結婚して「生活レベルを下げない」為には、本当に500万円以上必要なのでしょうか。婚活女性にお話を聞いてみますと、このお相手に望む年収については根拠のない希望が多いように思います。「ただ何となく…」という感じです。確かに、お金は多いに越したことはないかもしれませんが、ご自身の「ただ何となく…」が運命のお相手との出会いを遠ざけているかもしれません。結婚後の家計の実態の調査結果を下記に掲載します。結婚生活において、ご自身の希望と現実について考える機会になればと願います。

世帯主の年齢階級別にみた1世帯あたり平均所得金額■25〜29歳【男性:393万円】【女性:317万円】
■30〜34歳【男性:460万円】【女性:314万円】
■35〜39歳【男性:517万円】【女性:312万円】
■40〜44歳【男性:569万円】【女性:308万円】
■45〜49歳【男性:629万円】【女性:309万円】
■50〜55歳【男性:676万円】【女性:302万円】
(※国税庁:平成29年分民間給与実態統計調査結果より)

児童のいる世帯の平均所得金額は739.8万円です。(これには母子家庭は含まれません。「児童」とは、18歳未満の未婚の者を指します。) 平均世帯人員(人)は4.01人となっておりますので、平均は夫婦に子供が2人位のようです。平均所得金額から見て、婚活女性が仰せの「年収500万円以上」という望みは高望みではないようにも思えます。しかし注目は、平均有業人員(人)です。これは世帯における仕事ありの平均世帯人員を言います。1.79人となっております。決して1人だけの収入ではないのです。結婚し出産後も働いている女性が多い事がお分かりになるかと思います。
(※図1:厚生労働省:平成29年 国民生活基礎調査の概況より)

そして、「世帯主の年齢階級別にみた1世帯当たり1世帯人員当たり平均所得額」を見ると、お若い方ほど、平均所得金額は低いと言えます。婚活女性がターゲットにする男性の収入は女性が望む金額より低いと言えましょう。
(※図2:厚生労働省:平成29年 国民生活基礎調査の概況より)

女性が仰る「生活のレベルを下げない」為にもお仕事を続けることも一つの方法です。それにより、お相手に求める年収条件も緩和される可能性がありえましょう。

結婚生活は「冷蔵庫」のようなもの?

結婚適齢期が曖昧になってきた昨今、結婚したい時がご自身の『結婚適齢期」と言えましょう。そして自由であるからこそ『結婚に求めるもの』、基準が高くなっている女性達が多いように感じます。

柴門ふみさんの『結婚』にまつわる名言に、
「結婚生活とはいわば冷蔵庫のようなものである。冷蔵庫に入っている限られた素材で、いかにおいしいご馳走を作り出すか、それに似ている。決して、他人の冷蔵庫を羨ましがらないことだ。」
というのが有ります。これには、納得です。

世の中には自分の理想通り100%の人は恐らく存在しないでしょう。だからこそ、交際期間はお相手の人となりを知る努力をし、この人とならやっていけそうと感じたならば、あとは決断(結婚)です。理想と違う部分を探してばかりいると、どうしてもその点ばかりに目が行きます。それならば、好きな所を数えた方が、幸せな関係性を築けます。結婚生活には互いに幸せな関係性を築く努力は必要です。そしてそこから『幸せ』を創り出すのです。価値観は人それぞれ違います。他人の幸せ基準は自分の幸せ基準とは限りません。結婚するのはたった一人の男性なのです。その人と価値観が合えばよいのです。

結婚後も働きたい女性が婚活するのは「今」

同世代か年下が希望「結婚したい」「子供が欲しい」と思いながら、婚活を先延ばしにする女性達へ婚活アドバイザーとして申し上げたいのは、活動をお始めになるのは早い方が良いという事です。大抵の方はご承知のことと思います。婚活市場では『女性の年齢』は非常に重要です。
案外「私が働いて、貴方を幸せにしてあげるわよ」位の気概のある女性の方が今の時代モテるかもしれません。
プライベートの充実がお仕事にも良い影響を与えることは皆様も承知のことと思います。愛すべき人がいて、忙しいながらも充実した毎日が、皆様の今後の人生により彩りを添えるでしょう。
現実目線でお相手を選び、ご自身の人生設計を理解し、共に『幸せ』を創り出すことのできる男性が見つかりますよう心より願っております。

レギュラーコース(BICメンバーズ)・男性公務員コースは
オンラインからの入会手続きが可能です。