婚活を断念する方とは?|結婚相談所B.I.C head_menu
新規入会はこちら

結婚相談所B.I.C TOP > お役立ちコンテンツ > 婚活を断念する方とは?

婚活を断念する方とは?

婚活を断念する方とは?

誰もが今現在歩く人生は、多くの分岐点にて選択を重ねた結果と言えましょう。
その中において、『結婚』も人生にとって大きな選択肢の一つと言えます。

大半の方は、子供の時いずれ結婚すると考えていた方が多いと思います。しかし、大人になり、多様な価値観が存在する中、『結婚=幸せ』とは言い切れない昨今です。

そんな中でも結婚したいと願う方のために結婚相談所は古くから存在します。

結婚相談所にて成婚退会した方は婚活が成功した方と言えます。

各結婚相談所のホームページでは『成婚報告』として婚活を成功させた方の事例をご紹介し、これから婚活を始める方だけではなく、婚活中の方がご自身の活動と比較し、参考になることがあれば参考にしていただき、婚活成功の為の活力、助けになればと考えています。

しかし、一方でせっかく結婚したいと婚活を始めたにもかかわらず、婚活に疲れてしまい、中途退会する方が中にはいらっしゃいます。

婚活に疲れて断念してしまった方の詳細についてはあまり情報はなく、なかなか分からなかったことと思います。

今回は、IBJ(日本結婚相談所連盟)が2019年度に成婚退会した方、中途退会した方のデータを取りまとめました。

そのデータに基づき、何が婚活を疲れさせてしまったのか、データや事例をご紹介することで、婚活を成功させるために役立てることがあればと思い、ご紹介させてといただきます

(中途退会には様々な理由があります。データの中には、結婚相談所以外でお相手を見つけた方なども含まれますので、ご了承ください。)

この記事の目次

典型的な成婚者像と中途退会者像

結婚相談所には幅広い年齢層の男女が活動しています。よってその幅広い年代の活動データに基づく平均値と最頻値(最も頻繁に出てくる値)では誤差が生じてきます。

典型的な成婚者像では、最頻値を見ると、男性は36歳で在籍日数は6~7カ月、お見合いを10回前後行い、その後3~4カ月の交際日数を経て成婚退会していることが分かります。

また、女性は34歳で在籍日数は5~6カ月、お見合い、交際期間は男性どほぼ同じと言えます。

一方典型的な中途退会者像では、成婚者と比較し、男性が年齢が43歳前後、女性は37歳前後といずれも上となっています。

そして総じて男性女性とも成婚者より在籍期間が長く、お見合いは成婚者の平均値と比べて半分程度と少ない特徴です。

「成婚のしやすさ」とは?

一般的に言われることですが、婚活では年齢は重要です。

男性の中には、男性は「いくつでも結婚ができる」とのんびりと構えていらっしゃる方がいらっしゃいますが、男性女性ともに同様に年齢が上がると成婚がしづらくなる傾向はみられます。

男性は40代後半から、女性は40代前半からその傾向が現れます。

では、男性40代後半以降、女性は40代に入ったら、「結婚できないのか?」

そんなことはございません。あくまで「成婚しやすい」「成婚しにくくなる」というお話ですので、決してここで諦める必要はございません。

成婚者のお相手との年齢差と「成婚しにくくなる」可能性

男性女性ともに年齢を重ねるにつれ、在籍期間が長くなる傾向があります。これが、先述の「成婚しにくくなる」と繋がります。

男性は若い頃は同世代と成婚し、年齢を重ねるにつれて、ご自分よりも年齢の若いお相手と成婚していることがデータからも分かります。

先程40代後半以降は「成婚しにくくなる」とお伝えしました。
45歳~49歳の男性のお相手女性は38歳~42歳位
50歳~54歳の男性のお相手女性は43歳~47歳位
表から見ると、上記となります。

実際に婚活の現場では、45歳~54歳位の男性の中には、「子供が欲しい」と30代半ばまでの女性を求めていらっしゃる方を多く見かけます。

7歳位の差の女性との出会いであれば、「成婚しやすい」となる可能性もありますが、「子供が欲しい」ことが譲れない条件ですと、在籍期間が長くなり、在籍期間が長くなることでますます年齢差が生じ、引いては「成婚しにくくなる」傾向がますます高まるのです。

女性については各年代相応の年齢差となっていることが分かります。

若い女性の方がややお相手男性との年齢差はありますが、概ね4歳前後となっています。

先程40代前半から「成婚しにくくなる」とお伝えしました。
40歳~44歳の女性のお相手男性は44歳~48歳位
45歳~49歳の女性のお相手男性は49歳~53歳位
表から見ると、上記となります。

実際に婚活の現場では、40代の女性は同じくらいの年齢か年下を希望する方が多いように思います。

4歳位年上の男性との出会いであれば、「成婚しやすい」となる可能性もあります。「美魔女」という言葉があり、お洒落もメイクも気を遣い、若々しい女性が多くなってきました。まして、婚活中の女性であれば男性の目を意識していらっしゃるので尚の事と思います。

しかし、婚活において「見た目年齢」ではなく、「実年齢」が重要なのです。まだ出会う前から、ご自身より上の男性をオジサン呼ばわりしていらっしゃると「成婚しにくくなる」ことになりえるのです。

ご自身の立ち位置を知る重要性

「成婚しやすい」「成婚しにくくなる」とお伝えすると、「結婚できるなら、誰でもいいわけではありません」「妥協はできません」というお言葉をよくお聞きします。

もちろんです。「誰でもいいから結婚したい」と考える人などほぼ存在しないでしょう。

ただ今回お伝えしたいのは、成婚者はお見合いをしています。もちろん、年齢・年収・外見・学歴など人それぞれ様々な条件を設定し、お相手探しをしています。

婚活を断念し、中途退会なさる方からよく聞くのは「いい人がいない」とのお言葉です。

申込みもせず、申受けもなく、ログインすらせずに。。。という方もいらっしゃいます。これでは「選ぶ努力しかしていない」「お相手から選ばれる努力をしていない」と言えるのです。

もちろんご自身には理想像がありますし、これまでのライフスタイルも大切でしょう。

しかし、結婚とは全くの他人と同居生活を送ることです。自分の理想を追い求めているだけでは永遠にお相手は見つかりません。

「自分がここを変えれば上手くいくかも」という目線も大切です。

まずは、条件ばかりにとらわれず、積極的にお会いになることで、ご自身にとって新たな価値観を見出すことになるかもしれません。
状況に応じて柔軟に対応し、良いご縁を引き寄せましょう。