「結婚相手に相応しいか?」お相手探しのポイント|結婚相談所B.I.C head_menu
新規入会はこちら

結婚相談所B.I.C TOP > お役立ちコンテンツ > 「結婚相手に相応しいか?」お相手探しのポイント

「結婚相手に相応しいか?」お相手探しのポイント

「結婚相手に相応しいか?」お相手探しのポイント

皆様は、実際に結婚相手の条件としてどの点を重視しお相手探しをしていますか。
性格・価値観という方は多いでしょう。
「ある程度は一致していた方がいい」とお考えの方が8割にも上ると言われています。確かに、長い結婚生活において価値観が一致している方が良いとは言えましょう。価値観の不一致は衝突することもあり、互いにストレスを抱える可能性もあります。

そして、次に女性の場合はお相手の年収を最重要条件とする人も多いでしょう。経済的に安定していて、収入が多い人の方がよいと考える人は多いかと思います。しかし、収入が多いだけでは条件としては不十分です。

今回は、お相手への条件として挙げる
【性格・価値観の一致】【年収】について結婚相手として相応しいかを見極めるポイントをお話ししていきたいと思います。

この記事の目次

結婚生活において重要な価値観

価値観の中で重要なものとしては、『性格』『金銭感覚』『食の好みや考え方』などが挙げられましょう。

□性格が合う

『性格の不一致』は離婚原因の第一位と言われています。
「人としての在り方(考え方)」「家族とのあり方(関係性)」「将来への考え方」なども含まれます。

考え方が合う・理解できる、人として尊敬できる、そういうお相手でなければ、結婚生活の継続は困難でしょう。さらに、家族としての考え方もある程度方向性が一致していなければ、子育てや介護など影響が出てくることも考えられます。

□金銭感覚の一致

お金の問題は結婚生活には大きな問題です。家を買う・車を買う・子供の教育資金・将来に備えた貯蓄など、お金についての考え方が合わなければ、家族として生活するうえでその方向性が変わってくることにも繋がります。これはお金がたくさんあるかどうかではなく、どう使うかの考え方の一致が大切です。

□食の一致

長い結婚生活において、何度一緒に食事を共にするでしょうか。食事の好みや食事に掛ける時間やお金など、食に対する考え方も一致している方が良いと言えます。

年収だけで判断するのは危険

結婚には『愛』は必要だけど、お金も必要。
では、高収入の方と結婚すれば、「結婚生活は心配ない」と言えるのでしょうか。

結婚相手の条件として『年収』というよりは、先にも触れました金銭感覚の一致や、お金に困らないかどうかという点がお相手探しの『お金』に関するポイントとなります。

□仕事への姿勢・考え方

高収入の方は、高いモチベーションで、バリバリお仕事しているという方が多いでしょう。ただ、そういう方は仕事もプライベートも忙しいことが多く、帰宅が遅かったり、出張で不在が多い、家事の協力は得られないということもあります。
家族としての時間が少なくお相手への不満に繋がるという可能性もあります。

また、現状は収入が良くても、自身の仕事にモチベーションを持って取り組んでいるか否かは重要です。仕事のために健康を害している、精神面にも影響が出る可能性がある場合、今の年収より上がる可能性も、キープできる可能性も低いと言えましょう。

お相手探しのポイントとして、現状の収入にのみとらわれることなく、仕事への姿勢・考え方もしっかりと確認する必要があるでしょう。

□友人や同僚との付き合い

収入の高い方の方が、交友関係が広い傾向があります。仕事の付き合い、友人との付き合いもありましょう。家を不在にしがち、お金を使う場面も多いと言えます。

□家族との関わり

先の価値観の中でも、「家族とのあり方(関係性)」は一致が望ましいと伝えましたが、この点もお金に関わってくる可能性があります。

親との「適度な距離感」を保つことは結婚後の生活には必要でしょう。親との距離が近いと、子育てのサポートがあるなど、メリットもあります。一方で結婚後にお金の問題に繋がることもありえます。

例えば、「両親への金銭援助が家計の負担になっている」というお悩みは決して珍しいことではないようです。

お金の問題は、結局は価値観に繋がる

人生にはお金は必要です。
多いに越したことはありませんが、高収入であることは重要なことでしょうか。
高収入でも、家計に潤沢にお金があるとは限りません。収入が多くても、それと同様に支出も多い可能性もあるのです。

長い結婚生活において、生活上の価値観のズレは、一見お金とは関係ない要因だと思っても、お金が元となることも多いのは事実です。お相手探しにおいて高収入であることが重要なのではなく、結局は『価値観が合うかどうか』ということに掛かっているのです。

価値観が違うことは当たり前

全く違う環境で生きて来たふたりが数十年後に夫婦となるのです。性別、産まれ育った地域なども違うわけですので「価値観が違うのは当たり前」と考えることは重要です。

結婚前は一致していたと思っていても、年を重ねることに変化することも有るかもしれません。
互いの価値観を認め、互いに歩み寄る努力が長い結婚生活においては必要です。

価値観が一致すればよいのですが、もしズレが生じたときに、感情的にならずに話し合って解決できる関係性を築ける人かどうか、互いに歩み寄る努力ができるかどうかという点が案外重要かもしれません。

ふたりで支え合い、助け合いながら共に生きていくのが結婚後の人生です。
「年収」という数字を重視して結婚相手の良し悪しを判断しようとしても、結局は性格・価値観が合うかどうかに立ち返るのです。

それならば、最初からまずお相手のプロフィールを読んで「合いそうだな」「共通点が有りそうだな」という、純粋に興味を持てる方にお会いしてみることです。

まず性格・価値観を知ることに婚活のお相手探しのポイントとして重きを置いてみてください。
お相手探しの目線を変える参考になれば幸いです。