コロナがもたらした変化:結婚観に変化あり~結婚意欲が増した女性と結婚を躊躇する男性~|結婚相談所B.I.C head_menu
新規入会はこちら

結婚相談所B.I.C TOP > お役立ちコンテンツ > コロナがもたらした変化:結婚観に変化あり~結婚意欲が増した女性と結婚を躊躇する男性~

コロナがもたらした変化:結婚観に変化あり
~結婚意欲が増した女性と結婚を躊躇する男性~

コロナがもたらした変化:結婚観に変化あり~結婚意欲が増した女性と結婚を躊躇する男性~

2019年12月以降、新型コロナウイルス感染症が中国を中心に発生し、短期間で全世界に広がりました。現在もなお世界中で猛威をふるっています。
私たちは、コロナ禍で今まで日常生活において様々な場面で当たり前に思っていたことが、当たり前ではなくなった経験をしました。「当たり前なことなんてなにもない」と考えを改め、日常に感謝し、新しい生活様式を実践することが私たちに求められています。

新型コロナウイルスを想定した「新しい生活スタイル」を取り入れながら、これから皆様が婚活を進めていくヒントをお伝えできればと思います。

この記事の目次

新型コロナウイルス感染症がもたらした変化

内閣府が2020年5月25~6月5日に『新型コロナウイルス感染症の影響下における生活意識・行動の変化に関する調査』を実施しました。
コロナ禍で家族の重要性など、感染症拡大前後では、生活において意識することや重視することに大きく変化があったことが調査結果から分かります。その一部をご紹介したいと思います。

重要性を意識するようになったこと

質問:今回の感染症拡大前に比べて、家族の重要性に関する意識はどのように変化しましたか。

図1の通り、半数近くの方が、家族の重要性を、より意識するようになったと回答していることが分かります。

結婚への関心について

質問:今回の感染症の影響下において、結婚への関心に変化はありましたか。(独身者に質問)

図2の通り、年代別では特に20代の方の結婚への関心度が高まったことが分かります。また、地域別では東京都23区に住む方の結婚への関心度が高まったことが分かります。

◆就業者の仕事への向き合い方の意識、ワークライフバランス

質問:今回の感染症拡大前に比べて、仕事への向き合い方などの意識に変化はありましたか。

図3の通り、5割越の方が変化したと回答しました。中でも、特に30代までの就業者でその割合は大きくなっています。

質問:今回の感染症拡大前に比べて、ご自身の「仕事と生活のどちらを重視したいか」という意識に変化はありましたか。

図3の通り、全体で半数の方が、「生活を重視するように変化」と回答し、ここでも30代までの就業者がより高い割合で「生活を重視するように変化」と回答しました。

結婚観に変化あり?

突如私たちの生活に大きな影響を及ぼした新型コロナウイルス感染症、それ以外にもここ最近は毎年のように自然災害が起こっています。何が起こるか分からない、こうした危機意識を持った方も多いかと思います。

そんな中、人との絆とりわけ家族の重要性を大きく感じた方が多いのでしょう。
また、先の調査結果から分かるのは、20代・30代の結婚への関心の高まりです。近年は婚姻数が減少しています。
その理由としては、一昔前のような、ある程度の年齢になると結婚することが当たり前の世の中ではなくなったことがあります。様々な価値観があり、結婚はあくまで選択肢の一つと化し、婚姻の意思のある人の割合が減少しています。

今回の結果は、こうした昨今の婚姻数の減少傾向に変化が起こる可能性を秘めているとも言えましょう。

結婚観の変化とともに見えてきた
~結婚意欲が増した女性と結婚を躊躇する男性~

20代・30代の結婚への関心が高まっているというのは、婚活の現場で最近日々感じます。実際に、入会相談も当該年代の方から大変多くいただいています。特に女性からのご相談が多いです。
しかし、一方で、時期的に又は経済的に「結婚に踏み出しにくい」と感じている方も少なからずいらっしゃるように感じます。特に男性からそうしたお気持ちを聞くことが多いように思います。

女性は将来への漠然とした不安を解消し、精神的な安定を求めて結婚意欲が増し、逆に男性は将来への不安やこれからのご自身を取り巻く変化に不安を感じるため、婚活どころではなくなってしまうという感じかもしれません。

婚活の現場の今

コロナ禍で外出自粛が求めらた中、婚活中の方の活動にはどのような変化が有ったのでしょうか。
結婚相談所では、オンラインが導入されました。婚活=出会うことであるにもかかわらず、出会いが制限されることを解決する手段として『オンラインお見合い』が実施されたのです。

オンラインがもたらした変化については、
BICお役立ちコンテンツ『結婚相談所にオンライン時代到来!』をご覧ください。

結婚相談所では、オンラインが導入されたことにより会員様はコロナ禍でも外出せずに婚活を進めることができました。
そして多くの結婚相談所ではオンライン入会手続きも可能となったことにより、一時は新規入会数は前年度を大きく割り込む状態でしたが、徐々に入会数は増え、6月以降は新型コロナウイルス感染症の影響前と同程度まで回復しました。
お見合い数や交際成立率も増加しています。オンラインの導入によりお見合いは対面一択ではなくなりました。
今は対面お見合いとオンラインお見合いを使い分けながら、場所にとらわれず、広くお相手探しする方が増えてきました。

これからのお相手選びは?

結婚相談所は事前にプロフィールを見て、お相手を探すため、お相手に求める条件を優先しがちです。しかし、今回のコロナ禍で変化した結婚観がお相手探しの基準を変えた方も多いようです。

お金・時間・心など何ごとにも余裕がある時は、人は気配り・心配りができるものです。でも、人の本質は自身に余裕がない時、大変な時に表れるものです。
新型コロナウイルス感染症に見舞われる前は、私たちは平和な日常を当たり前と感じながら過ごしてきました。

これからは何が起こるか分からないという危機感をずっと持ち続けるでしょう。

今この大変な時だからこそ、これからどんな困難があっても、共に乗り越え、支え合いながら生きていくお相手を見つけやすい時期と言えるかもしれません。

資料請求はこちら▶