結婚式が出来る神奈川県庁舎大会議室|結婚相談所B.I.C

head_menu
新規入会はこちら

> > > > 結婚式が出来る神奈川県庁舎大会議室

横浜で婚活をするなら 結婚相談所B.I.C 横浜サロン お役立ち情報

結婚式が出来る神奈川県庁舎大会議室

結婚式が出来る神奈川県庁舎大会議室近年では、形式にとらわれずチャペルや神社以外でも結婚式をするカップルが多くなりました。さらに、結婚式とは無縁と思われていた場所でも、挙式のためにスペースを開放してくれるスポットも多くなっています。

神奈川県では、県庁舎の大会議室を結婚式場として貸し出しています。県庁で結婚式というのは、全国的に見てもかなり珍しいことですね。

神奈川県庁で結婚式?

結婚式が出来る神奈川県庁舎大会議室神奈川県庁本庁舎は、1928年(昭和3年)に建てられた歴史のある建物。神奈川県内で最初の国登録の有形文化財で、「キングの搭」という別名があります。県知事室があり、普段は県の行政業務が執り行われている場所です。お堅い印象から、一般の県民はなかなか近寄りがたい場所というイメージもあります。

しかし、そんなイメージを払しょくし県庁のイメージアップを図るため、若手職員が「県庁活性化プロジェクトチーム」を結成。多くの県民に親しんでもらえるよう、一般の県民に庁舎の公開とそれに合わせたイベントを開催しています。

その中でも、大きなプロジェクトとして企画されたのが、県庁舎を結婚式場として県民に貸し出すこと。神奈川県庁本庁舎内の大会議場を、結婚式場として利用してもらおうという案でした。

神奈川県庁での結婚式の特徴

神奈川県庁での挙式には、様々なメリットがあります。まず1つは、一般の結婚式と比べるとかかる費用が安いということです。これは、大会議場での結婚式における決定事項で、40万円前後というのが基準の相場になっています。結婚式をプロデュースする会社や、プランの内容により値段は変わりますが、一般的な挙式の費用と比較してもリーズナブルです。

また、和洋混合の様式を用いた「帝冠様式」の建物は、歴史や格式があり結婚式という日に相応しいのもポイント。赤いカーペットが敷かれ、大きなシャンデリアが輝く室内からは優雅さや気品が感じられます。さらに、国の登録有形文化財にもなっていることから、建物がなくなってしまうという可能性がほぼありません。2人が一生の愛を誓った思い出の場所として、いつまでも変わらぬ姿で佇んでくれることでしょう。

結婚式の際は、大会議室だけでなく県庁庁舎の屋上も貸し出されます。屋上からは、赤レンガ倉庫、ベイブリッジ、山下公園、横浜税関本関庁舎の「クイーンの搭」、横浜市開港記念会館の「ジャックの搭」など、横浜の人気スポットを一望。ウェディングフォトの撮影におすすめです。挙式は、宗教色のない人前式のスタイル。2階席からは、一般の参列者も結婚式を観覧することが出来ます。なお、大会議室は飲食禁止のため、披露宴を行うことは出来ません。披露宴を行う場合は、近隣のホテルやレストランを使用することになります。

神奈川県庁舎で挙式が出来るのは、夫婦のどちらか1人が神奈川県に住所がある方で、婚姻届を提出予定の方、もしくはすでに提出済という方です。

神奈川県庁
場所:神奈川県横浜市中区日本大通1
アクセス:みなとみらい線「日本大通り駅」県庁口出口から歩いてすぐ
URL:http://www.pref.kanagawa.jp/

レギュラーコース(BICメンバーズ)・男性公務員コースは
オンラインからの入会手続きが可能です。

ブライダル情報センターは「結婚」への近道です!!
是非お気軽に、ご来店・ご相談下さい。

お電話によるお問い合わせは、
最寄りのサロンまで