郷土料理は家庭の味!?|結婚相談所B.I.C

head_menu
新規入会はこちら

> > > > 郷土料理は家庭の味!?

東京スカイツリー・ソラマチで婚活をするなら 結婚相談所B.I.C ソラマチサロン お役立ち情報

郷土料理は家庭の味!?

どこに行っても気になるのはその土地だけの美味しい料理。地方出身者が集まる東京でも、もちろん昔ながらの郷土料理は健在です。

東京の郷土料理 どじょう鍋

東京の郷土料理 どじょう鍋江戸時代から江戸っ子が好む郷土料理として登場するのが、寿司・蕎麦・いなり・深川飯、そしてどじょう鍋です。淡水魚のどじょうは、うなぎ同様ヌルヌルした粘液を出しますが、その生命力の強さは、「食べれば精がつく」と信じられてきました。そのため、どじょう鍋だけでなく、柳川・どじょう汁・蒲焼き・天ぷら・唐揚げと、様々な形で調理されています。これらは値段もリーズナブルで庶民にも手が出せるため、食卓では珍しくもない料理だったともいえます。今では下町を中心に専門店がまだ残っていますが、山手エリアではあまりポピュラーとはいえなくなっています。
ちなみに、どじょうという名前の他に“オドリコ”とも呼ばれることをご存知でしょうか。これは、どじょうが呼吸をする際に水面と底を何度も往復する姿が、まるで踊りを踊っている踊り子のように見えたため、この呼び名がついたとされています。
また、どじょう専門店では「どぜう」と表記する店が多いですが、これは「四文字が不吉だから」だとされています。

東京の郷土料理 深川丼・深川飯

東京の郷土料理 深川丼・深川飯
あさりの混ぜご飯と呼ぶ方が馴染み深いかもしれませんが、東京の深川が発祥とされる深川丼や深川飯のルーツは、江戸時代に遡ります。忙しい漁師が漁の合間に船の上で食べる食事として考案されたもので、とれたてのあさりをみそ汁の中に入れ、白いご飯にかけたものが由来とされています。そのため、当時の庶民には手軽に作れる料理のひとつだったといえるでしょう。何しろ埋め立てられる前の深川は、隅田川の河口にあたり、この辺りではあさりは簡単に手に入る優良な食材でした。
深川丼と深川飯の違いは、深川丼があさりと油揚げ、そしてネギを加えたものを味噌で煮て白いご飯にかけたものであるのと違い、深川飯の場合は味噌ではなくて醤油で味付けして焚 き込んだもののことを呼びます。そのため、丼物は料理店でしか頂けませんが、深川飯であればテイクアウトして持ち帰ることが出来るので、比較的専門店でなくても購入して味わうことが可能です。
どちらもあさりのうま味とエキスがご飯に染み出ていて、これを食べると春が来たと感じられる、東京の風物詩でもあるのです。

東京の郷土料理 もんじゃ焼き

もんじゃ焼きは、小麦粉を使った東京の郷土料理。関西人にはまったく馴染みのないこの料理は、意外なことに日本各地にあり、それぞれ地域性が加えられてバリエーションも多いです。
東京のもんじゃ焼きは、昭和初期から40年代まで、よく町中で見かけられた駄菓子屋と深い関わりがあります。
昭和20年代は戦後ということもあり物資が乏しく、うどん粉を水で溶いたものを鉄板で焼いた単純なものでした。これが時代と共にキャベツやイカ、エビなど具の種類が増え、豊かな駄菓子となり、子供達の空腹を満たしていくように変化しました。遊びに夢中になり、お腹が空いたら駄菓子屋でもんじゃ焼きを食べる。それこそが昭和の風景だったのです。
名前の由来は、焼く際に鉄板で文字を書くようにして遊んだため、「文字焼き」「もんじ焼き」「もんじゃ焼き」に変化したという説があります。2000年を過ぎた頃から駄菓子屋がほとんど見られなくなり、今では月島の「西仲通り商店街」、いわゆる「もんじゃ焼きの街」にある「もんじゃストリート」や、のれん分けして専門店を開いている店でしか味わえない貴重な郷土料理となっています。

レギュラーコース(BICメンバーズ)・男性公務員コースは
オンラインからの入会手続きが可能です。

ブライダル情報センターは「結婚」への近道です!!
是非お気軽に、ご来店・ご相談下さい。

お電話によるお問い合わせは、
最寄りのサロンまで