郷土料理は家庭の味?! 宮城県のご当地グルメ|結婚相談所B.I.C

head_menu
新規入会はこちら

> > > > 郷土料理は家庭の味?! 宮城県のご当地グルメ

仙台で婚活をするなら 結婚相談所B.I.C 仙台サロン お役立ち情報

郷土料理は家庭の味?! 宮城県のご当地グルメ

仙台の代表的なご当地グルメといえば、やはり「牛タン」ではないでしょうか。でも、それ以外にも仙台には様々なご当地グルメがあります。今回は、二人の距離を縮めるのにおすすめの、仙台のご当地グルメを紹介致します。

龍亭の「冷やし 中華」

夏の風物詩、冷やし中華。諸説はありますが、実は仙台発祥のメニューだという説が有力視されています。
昭和12年、冷房のない暑い時期に温かい中華料理は敬遠され、夏場の売り上げダウンは死活問題でした。そこで青葉区にある龍亭が冷たい麺のメニューを開発し、「涼拌麺(リャンバンメン)」という料理名で売り出したのが始まりだと言われています。
栄養バランスを考えながら彩り鮮やかに、味付けに酸味を加えるなど食欲のない時期でも食べられるように工夫が凝らされた一品。元祖のご当地グルメの味わいをぜひ、お楽しみ下さい。

【住所】宮城県仙台市青葉区錦町1-2-10
【電話】022-221-6377
【営業時間】月曜日~土曜日:昼11:00~14:30LO 夜17:30~21:30LO
      日曜祝日: 昼11:00~14:30LO 夜17:00~20:30LO
【定休日】不定休(主に火曜日)

味よしの「仙台ラーメン」

伊達正宗の時代から味噌作りが盛んだった仙台。元々は戦の時の食料として作られていたこの味噌も、現在では「仙台味噌」として名物の一つになっています。その味噌を使ったラーメンで、幾つもお店がある中で特に名店の呼び声高いのが若林区にある「味よし」中倉本店です。
別添えの辛味噌を溶かしながら味わう「味よし辛み噌ラーメン」は特にファンが多い一品。仙台ラーメンの代表格といわれる定番メニューです。

【住所】宮城県仙台市若林区中倉1-7-30
【電話】022-283-4044
【営業時間】11:30~20:30
【定休日】水曜日

中国菜館 まんみの「マーボー焼きそば」

もともとは1970年代の前半に中華料理店でまかないとして出されていた料理で、常連さんたちの間では「裏メニュー」として愛されていた一品です。発祥は泉区にある「中国菜館 まんみ」。それが全国的に知られるようになったきっかけは、東日本大震災後のテレビ番組。ラインやツイッターなどのSNSで、瞬く間に知られるようになりました。 ご当地グルメとしては新顔の一品で、具はマーボーであれば豆腐でなくてもOK。麺は焼きか揚げかを使うというルールがあり「宮城県中華飲食生活衛生同業組合」という団体の認定を受けたものだけが正統派です。今では仙台市内を中心に、30店舗以上で提供されています。

【所在地】宮城県仙台市泉区泉中央1丁目22-3
【電話】022-371-9111
【営業時間】11:00~21:45(閉店22:00)/日曜日・祝日は21:00閉店(20:45LO)

富貴寿司の「仙台づけ丼」

200種を優に超える、豊富な魚介類を育む仙台湾。仙台づけ丼は、そんな宮城の海の幸の美味しさを伝えようと、地元の寿司職人たちが考案した丼です。新鮮な旬の白身魚が、宮城の米で作った酢飯に盛り付けられ、タレには仙台味噌が隠し味に。材料とする魚やその他の具材、タレの配合などには特に決まりがなく、100を超える各店舗がそれぞれ個性を競いあっています。 元々は2009年に仙台市内の12店舗で提供が始まりましたが、震災後に 被災した漁協や寿司店を応援しようと提供店が一気に増え、宮城県の各地で楽しめます。そのうちの一店、青葉区の「富貴寿司」は創業60余年の老舗であり、丼を考案した元祖です。

【所在地】宮城県仙台市青葉区一番町4-4-6
【電話】022-222-6157
【営業時間】月~土曜11:30~14:00/17:00~23:00(22:30LO)
【定休日】日曜日・祝日

 

※この情報は変更することがありますのでご注意下さい。

レギュラーコース(BICメンバーズ)・男性公務員コースは
オンラインからの入会手続きが可能です。

ブライダル情報センターは「結婚」への近道です!!
是非お気軽に、ご来店・ご相談下さい。

お電話によるお問い合わせは、
最寄りのサロンまで