知っておきたい北海道の結婚式の風習|結婚相談所B.I.C

head_menu
新規入会はこちら

> > > > 知っておきたい北海道の結婚式の風習

札幌で婚活をするなら 結婚相談所B.I.C 札幌サロン お役立ち情報

知っておきたい北海道の結婚式の風習

北海道には、ほかの地域には見られない独特の風習があります。有名なものに、結婚式の風習があります。他県から来て北海道で婚活をしている方は、珍しい風習に驚いてしまうでしょう。
今回は、北海道で結婚式を挙げる時や、北海道での結婚式に出席する時に役立つ、北海道ならではの結婚式の風習をご紹介致します。結婚相談所で婚活中なら、将来に備えて知っておくと便利です。

ご祝儀なしの会費制

ご祝儀なしの会費制北海道の結婚式は、一般的にご祝儀というものがなく会費制で行われます。会費はだいたい15000円前後で、全国のほかの地域の結婚式で見られるご祝儀の額よりも低い金額となっています。ゲストは、案内状に記載されている会費をそのまま受付で払うだけでOK。「ご祝儀はいくら包もうか」と悩まなくて良いので、気軽に参加出来る雰囲気なのが特徴です。

北海道だけでなく、青森県などの東北地方の一部でも、会費制の結婚式が風習となっている地域があります。ちなみに、結婚式の案内状を送るのは新郎新婦ではなく、発起人です。北海道の結婚式は、みんなで新郎新婦をお祝いしようというコンセプトで開催されるので、新郎新婦がゲストを招待してもてなすのではなく、ゲストがみんなで新郎新新婦をお祝いするスタイルが基本なのです。

引き出物が簡素

引き出物が簡素 他県での結婚式の引き出物というと、メインとなる記念品と引菓子、それに特産物や縁起物などのしきたり品があるのが一般的ですが、北海道の引き出物は他県の引菓子に当たるもののみというパターンが多いです。
他県から来た方には「これだけ?!」と思われてしまうこともあるとか。相場もリーズナブルな値段です。ゲストとの関係(上司や友人など)によって、ランクの違う引菓子を用意する場合もあります。

交通費や宿泊費は自腹

交通費や宿泊費は自腹 北海道の結婚式では、ゲストが遠方から来る場合でも、かかる交通費(お車代)や宿泊代はゲストが自腹で払うという風習があります。
かなり遠方に住むゲストを招く場合は、新郎新婦側で交通費を準備する場合がありますが、一般的にはゲストが自分で用意します。

ゲストが大量

ゲストが大量 北海道の結婚式には、知人や町内会、親の会社の社員など、さほど繋がりのない人までも招く風習があるので、大人数での結婚式・披露宴となるのが一般的です。結婚式で初めて顔を合わせる人も多数。婚活中の方にとって、出会いの場になることもしばしばあります。

※この情報は変更することがありますのでご注意下さい。

レギュラーコース(BICメンバーズ)・男性公務員コースは
オンラインからの入会手続きが可能です。

ブライダル情報センターは「結婚」への近道です!!
是非お気軽に、ご来店・ご相談下さい。

お電話によるお問い合わせは、
最寄りのサロンまで