愛知県甲子園 「出場校の変遷」|結婚相談所B.I.C

head_menu
新規入会はこちら

> > > > 愛知県甲子園 「出場校の変遷」

名古屋で婚活をするなら 結婚相談所B.I.C 名古屋サロン お役立ち情報

愛知県甲子園 「出場校の変遷」

今回は愛知県の甲子園出場校の変遷を紹介致します。野球好きの方とのお見合いの際は、ぜひ参考にされて下さい。

2強時代

昭和28年に中京商業に深谷弘次監督が就任。中京商業は戦後選抜に2回出場しましたが、1勝しか出来ずに苦しんでいました。しかし、深谷監督が就任したこの年の夏の大会に2年生エース中山俊丈投手を擁して戦後初めての甲子園出場を決めると、見事にベスト4まで勝ち進みました。

さらに翌29年夏には3年生となった中山投手を中心に、甲子園出場だけでなく全国制覇を成し遂げ、全国の項点に立ちました。その後も昭和31年春の選抜で優勝、33年の春の選抜も準優勝、34年選抜も優勝、41年には春夏速覇と中京商業の黄金時代を築き上げました。

春夏連覇した翌年の昭和42年、中京商業は中京高校と校名を変更。この年の夏はベスト4まで進みましたが、翌昭和43年の選抜では初戦で敗退、以後中京は低迷時代を迎えることになります。昭和43年から50年までの8年間で甲子園には5回出場しましたが、甲子園で挙げた勝ち星は合わせてわずか3勝と寂しいものでした。

中京に変わって台頭してきたのが東邦高校です。戦後になってからは中京の陰に隠れ、甲子園に出場することがありませんでしたが、昭和34年選抜で戦後初出場を果たすと、それ以降は中京に代わり、甲子園の常連校となります。昭和40年代に入ると、選抜だけでなく、夏にも甲子園に進むようになり、昭和36年から48年までの13年間で春夏合わせて10回甲子園に出場し、そのうち6回が準々決勝まで進出するなど、愛知だけでなく全国でも強豪と言われる存在になりました。昭和52年夏に戦後初めて決勝戦まで進出。決勝戦では東洋大姫路高校に延長10回裏にサヨナラ3ランホームランを打たれて敗れましたが、1年生エースの坂本佳一選手は“バンビ”と呼ばれてアイドルのような人気を獲得しました。昭和63年の選抜でも準優勝しています。

私学4強時代

この2強の間に割って入ったのが、あのイチロー選手の母校として有名な愛工大名電と、初登板でノーヒットノーランを達成した近藤真一選手の母校の享栄です。愛工大明電は昔は名古屋電工といい昭和43年の選抜に初出場してベスト8まで進みました。昭和56年夏、名古屋電気として出場した同校は、工藤公康投手が初戦の長崎西高校をノーヒットノーランに抑え、ベスト4まで進み注目を集めました。昭和58年に愛工大名電高校と校名を変更し、翌59年選抜では準々決勝まで進み、今では甲子園の常連校となっています。

また、享栄は昭和54年に柴垣旭延監督が就任してから強くなりました。58年選抜に出場すると、20年振りに勝ち星をあげ、以後定期的に甲子園に出場、プロにも愛工大名電ともに多数の人材を送りつづけています。

なお、この4校以外で、昭和30年代から60年代にかけての34年間に2回以上甲子園に出場した学校は、大府高校、岡崎工業のみ。そのため、この時代を私学4強時代と呼びます。

平成時代

平成に入ると、愛知県の高校球界の勢力が大きく変化します。常連だった中京高校が全く甲子園に出場出来なくなり、平成7年に中京大中京高校と改称しました。その後、平成9年の選抜にはエース大杉樹一郎選手を擁して出場し、29年振りに決勝戦まで進みましたが、12年夏は2回戦で敗れています。中京大中京高校は、甲子園に春夏合わせて49回出場し、通算117勝優勝10回という圧倒的な数字を上げていますが、平成以降は出場2回で5勝しかあげておらず、他校の激しい追い上げに苦しんでいます。

愛工大名電高校は、平成2年夏、3年選抜と夏春連続出場しましたが共に初戦で敗れました。2年夏にはレフトを守り、3年選抜ではエースとして出場していた鈴木一朗選手が、現在のイチロー選手です。最近の愛工大名電は選抜では優勝したことがありますが、夏は出場しても毎回初戦敗退で、1回戦の壁が破れない状態に陥っています。

私学四強に代わり三河勢の躍進

その後、平成8年夏に愛産大三河高校が初出場、9年夏には豊田大谷高校、10年選抜では豊田西高校と、今まで甲子園には縁のなかった三河地区の高校が次々と初出場しています。特に豊田大谷高校は10年夏の大会強打者古木選手を擁してベスト4まで進むなど、今まで尾張勢の後塵を拝していた三河勢の躍進が最近では目立っています。

レギュラーコース(BICメンバーズ)・男性公務員コースは
オンラインからの入会手続きが可能です。

ブライダル情報センターは「結婚」への近道です!!
是非お気軽に、ご来店・ご相談下さい。

お電話によるお問い合わせは、
最寄りのサロンまで