六甲山にて心も身体もリフレッシュ|結婚相談所B.I.C head_menu
新規入会はこちら

結婚相談所B.I.C TOP > サロン紹介 > 神戸の結婚相談所 > 神戸の結婚相談所 お役立ち情報 > 六甲山にて心も身体もリフレッシュ

神戸の結婚相談所 お役立ち情報

六甲山にて心も身体もリフレッシュ

兵庫県は神戸にある避暑地「六甲山」。
明治時代以降、神戸の居留地で生活していた欧米人によって開発された高原リゾートなのを知っていましたか?
神戸市街地から近い距離に位置しているが、意外に標高も高く涼しい気候が広がり、山頂付近では北海道南部と同じくらいの環境があり、高山植物の生育にも適しています。

六甲高山植物園

その六甲山の頂付近には高山植物園があり、一般的に親しまれている山野草、園内で見かける野生植物、その数なんと1500種類にも及ぶたくさんの植物を、1年を通して季節ごとに案内している"花ごよみ"を見ながら、その折々の景色を楽しむことができます。

こちらの植物園ではロックガーデンという造園形式を採っていて、高山植物を平地で楽しむために高山の岩場の風景を模して、自然に近い状態で鑑賞できるように工夫がなされています。
高山帯に比べて温度や湿度の高い平地で、高山植物を栽培するには水はけや通気性が特に重要視されるので、地面を深く掘ったり、下層に大きな石を入れて排水しやすくしたりすることで成り立っているのですね。

また、植物園スタッフによる花のガイドも開催されているので、初めて見る花の名前やエピソードなどをその時々に見ごろのポイントを回りながら解説してくれるので、一緒に訪れた方と勉強にもなり、肌で自然も感じながら楽しむことができそうですね。

ひと通り見回って一息つきたい時には、山小屋風のカフェ「エーデルワイス」で落ち着いた雰囲気の中、木漏れ日を浴びながらゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

六甲山牧場

続いては、六甲山上にひろがる高原牧場です。
人と動物と自然とのふれあいの場をテーマにした六甲山牧場では、アルプスのような雰囲気で、乳牛や羊、ヤギが放牧されています。
場内はスイス山岳牧場をイメージして作られた、一般に解放されているゾーンだけでも23.4ha、甲子園球場およそ6個分の広さを誇ります。

牧場内には馬や牧羊犬、うさぎやミニブタ、アヒルやモルモットといった動物達がいて、実際にふれあうことも可能です。
子牛にミルクをあげたり、ヤギやうさぎにエサをあげたり、羊にふれあうことも、ポニーに乗馬できるといった体験ができ、その他ではアイスクリームやバター、チーズ、フローズンヨーグルトの手作り体験や、牧場で刈り取った羊毛を使って、羊のマスコット人形を作るウールクラフトなど、体験コンテンツがたくさんあります。

六甲オルゴールミュージアム

オルゴールの歴史は中世ヨーロッパに建てられていた塔に、カリヨンという音程の異なるいくつかのベルが簡単なメロディを奏でるものからはじまり、やがて大時計と組み合わさり自動的に演奏する装置があらわれました。
それがオルゴールのルーツといわれています。
そしてゼンマイの発明により時計は小型化し、それに伴いカリヨンも小型化していきましたが、技術的な限界もあり使用する音の数を減らしたりせざるを得ませんでした。

そこで1796年にスイスの時計職人ファーブルが、ベルの代わりに金属片を使うことを思いつき、調律して金属片をはじくことでメロディを奏でる。これが現在一般的に知られているオルゴールのはじまりだそうです。

長きにわたり人々に愛されてきたオルゴールですが、20世紀に入りエジソンが発明した蓄音機が広く普及したことで生産数も激減の一途をたどることとなります。
しかし、その上質な音色や見た目にも美しいとして近年再び注目が集まっています。
ミュージアムでは1900年代初頭に作られたオルゴールの音色を実際に聞くこともできます。
(開催時期や実演時間はHPにてお確かめください)

優雅に奏でられるメロディに浸った後は、ミュージアムカフェ「シュトラウス」でウィーン風の食事を楽しみながら、音楽の歴史について花を咲かせてみてはいかがでしょう。

※この情報は変更することがありますのでご注意ください。