結婚相談所はモテない男女が集まる場所って本当?

結婚相談所に登録するのはモテない人ばかりで、登録しても思うような人とは出会えない、そのようにお考えの方がいらしゃるかもしれません。
しかしそれは実際に活動をされたことのない方の根も葉もない噂でしかありません。今回は結婚相談所に登録されている方の特長についてご紹介いたします。

結婚相談所はモテない男女が集まる場所?

一般的な「モテる」という概念でいうと、「モテる」という人は黙っていても異性が寄ってきて、恋愛においてお相手に全く苦労しない方のことを指します。
そういった方は多くの異性との出会いがあるため、結婚は自分の意思次第でいつでもすることができるため、結婚相談所とは無縁だと言えるでしょう。
しかし、そのような「モテる」男女というのは、どの位いらっしゃるのでしょうか。学校でいうとクラスに一人か二人いるかいないかというレベルだと思います。
そう考えると、それ以外の方は皆「モテない」方だと言うことができますよね。そして「モテない」方が大多数なわけですから、「モテない」方が普通だとも言えます。
結婚相談所は、その「普通」の方が、より良い出会いを求めて登録にいらっしゃるところです。
結婚相談所において、芸能人並みに「モテる」人のみをお探しの方がおっしゃるのなら、「結婚相談所はモテない男女が集まる場所」というのは正しいのかもしれませんが、少し考えてみれば随分と極端な論理で全く意味がないことに気づかされることでしょう。

結婚相談所を利用する方の特長

それでは結婚相談所を利用する方は具体的にどのような方たちなのか、お伝えいたします。

①結婚への意識が高い

まず、結婚相談所を登録されている時点で、結婚に対して成るべく早くにと前向きに検討されている方がほとんどです。
中にはマイペースで、という方もいらっしゃいますが、結婚相談所での平均活動期間は半年~1年という点からも、その真剣度が見て取れるのではないでしょうか。
登録されている方は、いつまでに結婚したい!という明確な目標を持ち、実行されているのです。

②きちんとした職につき、一定収入がある

結婚相談所の入会条件ですので当然なのですが、男性の方は皆、きちんとした定職に就き、一定収入がある方たちです。
結婚相談所に男性が入会を決意されるのは、仕事が落ち着き、ある程度の年収になり、家庭を持つことに自信を持てるようになった時点でご入会をされる方が多くなっています。
そのため、ただ単に職についていて一定収入があるというだけではなく、家族を養えるほどの収入があり、かつ適年齢の方と言うことができます。

③真面目で誠実

結婚相談所に登録されている方は、皆結婚や恋愛についてとても真面目な方が多く登録されています。
婚活パーティーや婚活アプリといった様々なツールもあるけれども、相談所できちんとした信用のおける情報を確認した上で、将来のお相手を決めたいとお考えの方たちです。
お見合いやお付き合いでもお相手に誠実で、ルール破りをするような方はほとんどいらっしゃいません。

④恋愛には奥手

中には肉食系で一人でどんどん婚活を進めていける方もいらっしゃいますが、これまで仕事一筋で婚活をどのように進めたらいいのか分からない…自分の婚活についてアドバイスが欲しい…と、どちらかと言うと恋愛に自信がない方が多くなっています。
真面目で誠実な分、恋愛には少し不器用なところがあるかもしれませんが、結婚相談所ではマイナス要因ではなく、恋愛慣れした方よりも好ましく思う方も沢山いらっしゃいます。

結婚相談所を利用する方の目的

それでは結婚相談所を利用する方は具体的にどのような目的を持って活動されているのかご紹介いたします。

①効率よく婚活したい

皆さまそれぞれ普段は仕事をしているため、婚活に充てられる時間は限られています。その限られた時間を有効利用するためには、1つ1つの出会いの質を高くする以外にありません。
カップルになれるかなれないか分からない婚活パーティーに参加するよりも、出会えるか分からないアプリでメッセージのやりとりに明け暮れるよりも、お互いの情報をある程度知った上で出会えるお見合いを頑張るほうが効率的だと言えるでしょう。
隙間時間にスマホでお相手探しをして、週末はお見合いという風に忙しい中でも効率的に婚活を行えるのが結婚相談所のメリットです。

②幅広い出会いの中から選びたい

結婚相談所では、幅広い年代、職業の方が登録されています。そのため、自分のこれまでの生活圏内では出会えなかったような方とも出会うことが可能となります。
自分の知らなかった世界の方たちに出会うことで、新たな価値観に触れることができ、自分の世界を広げていくことができます。例えその方と真剣交際には至らなかったとしても、出会えたことが貴重な機会だったと言えるでしょう。
入会前は、こんな人と出会いたいと思っていたけれども、活動してみるとどんどん条件が変わっていくというのはよくある話です。結婚相談所に入会される方は自分の世界を広げてみたい、という期待感もお持ちなのです。

③出会いの機会を増やしたい

今の職場では出会いが皆無という方は、純粋に出会う機会を増やして、その中からより良い方を選びたい、という目的の方もいらっしゃいます。
結婚相談所では、ご自身でお見合いを申し込み、お見合いが成立して出会うパターンと、お相手からお見合いの申し込みがあって出会うパターンがあります。ご自身が積極的に動けば動くほど、出会いのチャンスが増えることになります。

④婚活の方法が分からない

結婚への意識が高まり、いざ婚活をしようとしてもどのように婚活をしたらいいのか分からない…という方は多いものです。また、ご本人がこうしたらいいのでは、と思う方法でもアドバイザー視点から、もっと効率のよい方法をご提案できることもあります。
婚活においては、ご自身を客観的に見るということがとても大切になってきます。ご自身が第三者からみてどのような存在に見えるのか、その上で自分はどのように行動すれば良いのか考えられる能力のことを『メタ認知能力』といいます。
この『メタ認知能力』を高めるためには、第三者からの意見をもらうことが効果的だと言われています。自分を客観的に見ることができる『メタ認知能力』を高めることは、婚活の場だけでなく、仕事においても役立ち、結果をだせるようになるでしょう。

⑤社内恋愛以外で出会いをさがしたい

出会い自体はあるのだけれど、社内恋愛は禁止されている、または仕事とプライベートは分けたいから、仕事と関係ないところで出会いをさがしたい…という方もいらっしゃいます。
少し前は同じ職場、仕事の取引先などの出会いからの結婚が一般的でしたが、どちらかというと、なんのしがらみもない所で出会い、結婚したいという方が増加傾向にあるようです。

結婚相談所ではモテの基準が変わる

一般的に「モテる人」というと、男性ならばイケメンで長身でスタイルが良く、さらには頭脳明晰だったりスポーツ万能だったりする方、女性ならば、女性らしい優しい雰囲気があり、美人あるいは可愛いらしい方というイメージですよね。
女性の「モテ」基準はあまり変わりませんが、男性の結婚相談所の「モテ」基準は多少異なります。
結婚相談所において「モテる男性」は、見た目よりも「年収」「学歴」「職業」「年齢」この4要素となります。もちろん見た目が良いことに越したことはありませんが、イケメン=「モテる男性」とはならないのが、結婚相談所です。
見た目が普通でも年収が高くてかつ適年齢の方がいらっしゃれば、圧倒的にそちらの方が女性からのお見合いのお申し込みが殺到することになります。つまりはこれまで「モテ」ていたか否か、恋愛経験など一切関係なく、あなたがこれまで努力してきたことが正当に評価される場所だとも言えます。
一生懸命学業にいそしんできた方、一生懸命仕事に打ち込んで今の地位を手に入れた方、そういった方が自然と「モテる」所です。
ですから、一般的な「モテる人」を引き合いに出して、結婚相談所を評価することはできないとお分かりいただけたのではないでしょうか。


噂や偏見にとらわれず、自分の目で見て確認する

今はインターネットを通じて、どんなことでも簡単に情報が入手できる時代です。そのため、結婚相談所に興味があって情報を調べたとき、インパクトのある情報が目につきやすく、それが真実だと思ってしまうこともあるようです。
しかし、書かれていた情報が嘘にしろ、真実に基づくものだったものにしろ、あなたに当てはまるかどうかは全く別の話です。ほとんどの方が絶賛していても、あなたにとって最良とも限りません。
今回の「結婚相談所はモテない男女が集まる場所」というのは、他の方にとってそうだったということであって、決して全体を指すものではないのです。
いずれにしても、情報が氾濫しているからこそ、真実はご自身の目で身て、実際に体験してみないことには分からないものです。

特に口コミなどでは悪い評判の方が集まりやすい傾向にあります。実際に幸せな結婚をして成婚退会をされる方のほとんどは、そのような掲示板とは全く縁がないからです。
他人の噂や偏見に取らわれて、ご自身の選択を狭めてしまっているのだとしたら、大変勿体ないことだと思います。もしも、結婚相談所の活動に少しでも興味がある、という場合は、ぜひ無料のカウンセリングに来ていただき、実際の活動について聞きに来ていただければと思います。


いかがでしたでしょうか。
ご自身で情報を調べるのは良いことですが、噂や偏見に振り回されることがないよう、しっかりと真実を見極める力も養うようにしてくださいね。

 

作成:2018/6/29(更新:2020.12/22)

あなたにおすすめの記事