BICパーフェクトガイド:偏見は捨てて現状を知ろう!結婚相談所のリアル

当たり前ですが、独身者のすべてが結婚や婚活をするわけではありません。結婚そのものを望んでいなかったり、本当は結婚したいのに最初から諦めていたり、結婚したいけれどどうやって婚活すれば良いかわからなかったり。
しかし結婚を本気で考えている現在30代以上の人の場合、35歳過ぎで結婚できたのは男性で3% 女性で2%というデータもあるので、婚活は1日でも早くスタートした方が良いでしょう。
婚活サイトやマッチングアプリを使った婚活も悪くないですが、より安全で効率の良い婚活を望むなら結婚相談所がおすすめ。敷居が高いという人も少なくないようですが、30代以上の大人だからこそ真剣に婚活する男女が集まる婚活方法を選びましょう。

生涯未婚率

独身の皆さんは「生涯未婚率」という言葉をご存知でしょうか?
国が統計する際に使っている言葉で、50歳になった時点で一度も結婚をしたことがない人の割合のことです。5年に1度行われる国勢調査でわかるようになっています。
この生涯未婚率ですが、最新の2015年のデータによると男性23.4%・女性14.1%となっていて、今後も上がり続けると予想されています。
特に1990年以降は男性の未婚率が著しく上昇していて、いわゆる「男余り」が問題に。
とはいえ女性も確実に増え続けており、このままいくと2040年には男性の3割、女性でも2割近くの人が生涯未婚になると言われているのです。

未婚率はなぜ女性の方が低いのか?

生涯未婚率は、最新2015年の調査で男女に10%近くの開きがあります。なぜ「男余り」の状態が起こっているのでしょうか?
理由のひとつとして婚活意識の違いが考えられます。
女性の社会進出が一般的となったとはいえ、いまだに女性の方が男性より早く結婚する傾向に。婚活にしても、女性は妊娠や出産のことを考えるため多くの人が男性より早くスタートします。
妊娠や出産が我が事でない男性が婚活を始めるのが遅いことも、生涯未婚率の高さに影響しているようです。

35歳以降結婚できるのは男性3%・女性2%?!

女性に限らず、将来的に結婚を望むなら婚活は少しでも早くスタートするのが良いでしょう。
前出の国勢調査から「35歳過ぎで結婚できたのは男性で3% 女性で2%」というショッキングな結果も判明しています。
これは前回5年前の国勢調査で35〜39歳だった人々の未婚率と、5年後の調査で40〜44歳の人々の未婚率を比べたもの。つまり、同じ人たちが年をとって未婚率がどのくらい減ったかを比べた数字。
差し引くと、35歳以降5年間のうちに結婚できた人たちは男性で3%、女性だと2%になるのです。さらにこれが年齢がもっと上がっていくと…言うまでもありませんね。

婚活しよう!

ここまでで、独身男女が少しでも早く婚活をスタートさせた方が良いことがわかったと思います。
しかし本格的に婚活を始めようと決意しても、婚活サイトや結婚相談所など、いろいろある婚活サービスの中で何を遣ったらよいのかわからないという人も少なくないでしょう。
続いて、主な婚活サービスの特徴をご紹介しましょう。

婚活パーティー

「婚活」イコール「婚活パーティー」だと思っている人も多いようです。
婚活パーティーとは結婚を考える独身男女が集まって、理想のお相手を探すパーティーのこと。年齢別や趣味別など、いろいろなバリエーションで企画されています。人数も、50〜100名といった大規模なものから数人程度の小ぢんまりとしたスタイルまでさまざまです。
一度に何人もの異性と出会えますが、参加者が直前まで流動的なため男女比が極端に偏ることも。

婚活サイト・マッチングアプリ

インターネットを通じて理想のお相手を探す場を提供するのが婚活サイトやマッチングアプリ。年齢や職業、学歴など相手に望む条件で検索して、気になる異性が見つかればメッセージを送ることができます。
登録も簡単で、誰でも気軽に始められるのが婚活サイトやマッチングアプリの魅力。料金もお手頃で、女性は無料のものもあります。
登録が簡単な分、安全面に不安が残るのが難点。「独身証明書」や「源泉徴収票」の提出を求めない運営会社も少なくありません。それどころか中には身分証すらろくに確認しないところも。そのため、既婚者や結婚詐欺師などが紛れている可能性もゼロではないのです。

結婚相談所

結婚相談所は、独身男女に結婚を前提とする出会いをサポートするサービスです。具体的なサポート方法は相談所によってさまざまですが、どこもプロのアドバイザーに相談に乗ってもらえます。
必要書類は相談所によりますが、基本的にどの結婚相談所でも身元や学歴、職業などを確認できる書類を提出することが求められているため、安心して婚活できるのがメリット。一方で管理やサポート体制が手厚い分、他の婚活サービスより料金が高めです。

おすすめは結婚相談所

婚活男女の現状では、前述の婚活サービスの中で圧倒的に多くの人が利用しているのが婚活サイトやマッチングアプリ。リーズナブルで気軽に利用できることが理由のようです。
次に婚活パーティー、最後に結婚相談所、という順になっています。
つまりこれは利用料金の低い順。
他の婚活サービスより価格が高いため、結婚相談所の利用者数が最も少ないという結果につながっているようです。しかし安心・安全に利用できて、かつ結婚に確実につながる出会いにつながるのはどのサービスかと考えると、むしろ順位は逆なのではないでしょうか。
前述したように結婚相談所は他の2つに比べて管理やサポートが充実しているため、ある程度の費用が必要という事情があります。また、他の2つのサービスより婚活に予算を使っている人、つまりそれだけ婚活に真剣な人しか利用していないともいえるでしょう。
もちろん自分に適した婚活方法がいちばんですが、結婚相談所はおすすめです。婚活サイトやマッチングアプリに比べると敷居が高いと思う人もいるようですが、真剣に結婚を考えるなら一度は結婚相談所をたずねてみると良いでしょう。

結婚相談所を選ぶときのポイント

では次に、あまたある結婚相談所の中からどんな結婚相談所に登録するのが良いのかを、お伝えします。
結婚相談所を選ぶポイントは、ひとことで「自分に合っている」こと。
以下のような点で自分にぴったりの結婚相談所を選べば、婚活がしやすくなります。

理想のタイプがいるか?

いくら登録者が多い結婚相談所だからといっても、自分がパートナーにしたいと思う人がいなければマッチングすら進みません。加入時の無料相談のタイミングなどでアドバイザーに理想の結婚相手を説明しておきましょう。
まずは、自分が理想とするパートナー像を明確にしておくことが大切です。

料金は適正か?

もちろん相談所によって料金は異なりますが、相場とかけ離れていないか確認しておきましょう。また、料金がサービスと見合っているか、経済状況から見て無理なく支払えるか、というところはご自身での判断が必要です。

アドバイザーは信頼できそうか?

結婚相談所にはさまざまな婚活の相談にのってくれるアドバイザー、またはコンシェルジュと呼ばれるスタッフがいます。結婚相談所を利用するなら、その人との相性も重要です。
婚活が成功するようアドバイスしてくれたり、ときにはダメ出ししてくれたり、信頼できるスタッフのいる相談所を選びましょう。

説明が丁寧な結婚相談所がおすすめ

結婚相談所に登録する前には、さまざまな疑問点があるはず。料金についてはもちろんですが、ほかにも途中退会や休会などわからないことが多く不安になるでしょう。
こうした加入後のシステムについての疑問に丁寧に答えてくれるのが、良い結婚相談所。相談の段階で正確に説明してくれるところを選ぶようにしましょう。特に、会員が登録するプロフィール情報は、高度な個人情報です。その取扱いについてハッキリ説明しない相談所は信用できないと考えた方が良いでしょう。
良い結婚相談所を選ぶには自分に合っているということ以外にも、このように入会システムについての説明が丁寧かどうかを見極めることも大切です。

結婚相談所まかせはNG!

自分に合った結婚相談所が見つかったら、いよいよ本格的に婚活をスタートしましょう。
しかし、結婚相談所は賢く利用すれば婚活をするあなたの強い味方になってくれますが、入会すれば全員が必ず結婚できるというわけではありません。
条件に当てはめて相手を探すという意識ではなく、相談所を通じた1つひとつの出会いに感謝しましょう。そしてパートナーを大切にしながら幸せな家庭を築くんだ、という自分の強い意思が大切になるということも忘れずに。
また、日頃から結婚に向けた努力を積み重ねることが大切です。身だしなみを整えたり趣味や勉強で自分磨きをしたりして、どんどん魅力的な人になりましょう。

 

いかがでしたか?
結婚も婚活も、独身だからといって全員が必ずしもしなければいけないものではありません。しかし、本当は結婚したいのに最初から諦めていたり、結婚したいけどどうやって婚活していけばいいかわからないという人も意外と多くいます。
そうした人たちはぜひ、結婚相談所に足を運んでください。
婚活の進め方をアドバイスしてくれたり、自分に合ったお相手を紹介してくれたり、さまざまな相談に乗ってくれるはず。自分に合っていて信頼できる結婚相談所を見つけて、相談に行ってみましょう。

作成:2018.12/17(更新:2020.12/1)

あなたにおすすめの記事