ネット婚活でトラブルに合わないための対策法

さまざまな婚活方法が存在する現代、自分に合った婚活方法を選ぶことは、活動のストレスを減らすだけでなく、良縁も引き寄せやすくなります。

ネット婚活が世間一般に認知されだした頃の利用者は20〜30代前半の比較的若い層が中心でしたが、最近はアラフォー以上の利用者が大幅に増えており、成婚はもちろん良いパートナーに恵まれる人も増えています。
しかしこれは正しい使い方をすることが大前提です。
ここでは年々利用者が増えているネット婚活についてご紹介するともに、トラブルに合わないための対策法をご紹介します。

◆そもそも「ネット婚活」って自分に合っているの?

今はさまざまな婚活方法があるので、それはそれでとても便利なのですが、選択肢が多すぎて本当に自分に合っているのか分からない人もいるのではないでしょうか。
ここではまず主な婚活方法を解説します。今の婚活方法が本当に自分に合っているのか、今一度おさらいしてみましょう

①結婚相談所

入会金や月会費などある程度の出費は必要です。ですがアドバイザーが付くため、お相手選びから会話のノウハウ、デートの仕方などさまざまな面からサポートをしてくれます。
また、会員は結婚を真剣に考えている人しかいませんので、話がまとまればとんとん拍子に成婚まで進みます。
自分の恋愛に自信がない人や、誰かに背中を押してほしい人、自分自身を見つめ直さなければならないなと感じている人には向ています。

ただ、お見合いの日時を指定して実際にお相手と会うため、休日をきちんと婚活に充てられ、ふさわしい身なりや言動のできる人でないと難しいでしょう。
アドバイザーの助言を素直に聞き入れない人や、自分自身の改めるべき点を認識できない人は向いていません。

②婚活パーティー

参加するパーティーごとに参加費を支払うため、結婚相談所よりはお得感があります。
「40代・50代編」や「ぽっちゃり女性編」「公務員男性編」などのさまざまな企画があり、自分が興味があるパーティーを選んで参加できるのがメリットです。

こちらも結婚相談所と同様、パーティーの日時と場所が指定され、実際に複数のお相手と会うため、休日をきちんと婚活に充てられ、ふさわしい身なりや言動のできる人でないと難しいです。
さらに、結婚相談所のようにアドバイザーが付かないため、お相手とどんな会話をするか、どのようにアプローチするか、どうやって交際を発展させるかなど、すべてにおいて自分で判断・決断しなければなりません。自主性が求められ、自分から動く社交性がないと成り立ちません。

③ネット婚活

時間も場所も選ばず、自宅で自分の空いている時間を使ってスマホでお相手を探せるため、忙しい現代人にはとても合っています。そのためここ数年で急成長をしている婚活方法です。

しかし、知らない人とのメッセージのやり取りから入るため、相手の素性が分かりにくく、突然連絡が途絶えたりなど嫌な目に合っている人も多くいます。
【詳しくは次項で述べますのでご参照ください!】

 

◆ネット婚活にはこんなメリットがある

ここ数年、スマホの台頭とともに急成長を遂げているネット婚活。リクルートブライダル総研の調査によると、婚活サービスを利用して結婚した人は全体の12.7%、その中でネット婚活を利用した人は7.4%となっており、実に13人に1人がネット婚活サービスを利用して結婚をしていることになります。

時間や場所を選ばす、自分の空いている時間を利用してお相手を探したりメッセージをやり取りしたりできます。そのため、自分の生活のペースを崩すことなく婚活に取り組めます。
また、相手の簡単なプロフィールが分かるため、どんな雰囲気なのか仕事や趣味はどんななのか、相性や価値観を知る上でのヒントにもなります。
いきなり初対面の人と対面して話をするのが苦手という人でも、メッセージのやり取りなら大丈夫という人は多く、おとなしくて内向的な人でも抵抗なく始められます。

見た目に自信がなくアラフォー以上でも、「いいね」を押してくれる人はたくさんいます。そんな人はあなたの年齢や容姿や年収といったスペックではなく、人となりに興味をもってくれている人です。手当たり次第にアタックするのではなく、まずは自分に興味を持ってくれる人がアクセスしてくれるので、効率の良い婚活方法とも言えます。

 

◆ネット婚活、トラブルに合わないための対策法

①優良なサイトを選ぶ

悪質なサイトの中には、サクラの会員が多く、ただの出会い系サービス業者だったりすることもあります。そのようなサイトは個人情報の管理が甘く、あなたの情報が漏洩する可能性もあるため注意が必要です。
まずは大手で知名度の高いサイトを利用することです。

②プロフィール写真からお相手の素性を感じ取る

一般的にプロフィール写真は複数枚登録できます。横を向いている、髪の毛で顔が隠れている、暗い場所で撮影しているなど、表情が分かりにく写真をあげている人は、堂々とふるまえない理由がある人が多いため、要注意です。
また、顔やスタイルが良すぎていて明らかに加工したと分かる写真や、年齢のわりに若すぎる見た目など、年相応でない写真などをアップしている人も信用できません。
必要以上に着飾りすぎの人は、TPOをわきまえるのが下手で空気が読めない傾向があるかもしれません。

婚活アプリ利用者の中で多い苦情は「プロフィール写真と実際に会った時のギャップが大きい」ことです。日常的な素の姿がアップされている人を選びましょう。

③自己紹介のプロフィール文からお相手の性格を感じ取る

プロフィール分は長すぎず短すぎず、特に趣味や休日の過ごし方は分かりやすく簡潔に書かれているかを見ましょう。そしてそこから結婚に対する真剣度が伝わってくるかを感じ取りましょう。

「素敵な出会いを期待しています」「優しい人が希望です」など無難な一言で終わっている人は、ボキャブラリーが不足しているうえに真剣度が低い人かもしれません。
かといって「次に出会った方とは絶対に結婚したい」などお相手の意向を無視するような書き方をしている人は自己中心的な傾向があるかもしれません。

長すぎる人も要注意です。自分のことばかり長々と書く人は、ただの「かまってちゃん」でしょう。
また、お相手に対する理想や結婚生活での希望ばかり書く人は、理想と現実を分かっていない人。

自分の主義主張や思想、哲学的な理念などを一方的に書いている人は、理屈っぽくてお相手の気持ちを汲み取るのが下手な人かもしれません。
お金のかかる趣味や特技を自慢げにアピールしている人は、生活感に欠けて見栄っぱりの傾向があります。

③メッセージやりとりからお相手との相性を感じ取る

丁寧な文章で敬語で書かれているかは要チェック。年下と分かった瞬間から急にタメ口になる人や、あなたのメッセージを否定的に受け取ったりする人は、相手を尊重する意識に欠ける人かもしれません。

質問されたことに対して、その日のうちに返信をくれるか、すぐに応えられない場合は「今忙しいので明後日までに返信します」などと一言添えられているかは要チェックです。
まめなやり取りができる人はあなたへの真剣度も高いでしょう。
一方で、メッセージを送ったのに3日も4日も返信がない場合、あなたに気がないか、または相手への配慮が足りない性格なのかもしれません。

深夜や早朝などお相手の都合を考えずに長文を送りつける人もNG。
また数行で終わるメッセージなのに一行ずつ分けると未読数が増えて煩わしく、友達と婚活相手を混同している人なのかもしれません。

④あなたの名前などを間違えていないか

婚活アプリは複数人と同時進行が可能です。そのため、お相手の名前や以前やり取りした内容、約束の日時などを間違える人もいます。
ただ、真剣に思っているお相手であれば、間違えることはないでしょう。
もし間違えられたら、手あたり次第声をかけたうえに頭の中では整理しきれない、いいかげんな人なのかもしれません。

⑤いきなりプライベートな内容を聞いてこないか

メッセージのやり取りを始めたばかりなのに、居住地・会社名・年収・家族構成・身長などプライベートな内容を聞いてくる人は要注意です。
お相手のスペックばかりを気にして、人となりを見ようとしない人なのかもしれません。

考えたくはないですが、中にはあなたの個人情報を盗んで悪用しようとたくらんでいる人もいます。
上手い言葉で個人情報を聞き出そうとする人や、最初から「直接連絡を取りたい」と言ってくる人は要注意です。

⑥うまい話ばかり持ち込んで来ないか

メッセージのやり取りをするうちに、あなたの気持ちや好意に付け込んでうまい話ばかり持ち込んでくる人がいますが、一度疑った方がいいでしょう。
「こんなに相性が合うと思った人は初めてです」「あなたを逃したら自分は一生後悔するかもしれません」など、甘い言葉で誘惑してきても絶対に乗らないことです。

これは恋愛経験の少ない人や、明らかにモテそうでない人ほどだまされやすいので要注意です。舞い上がって自分を見失ってしまったら相手の思うつぼです。結論を急いではいけません。

⑦会う約束に快く応じてくれるか

何度かメッセージをやり取りした後、会う約束をする運びになった時、快く応じてくれるかは、ネット婚活で最も大切なところです。
なんだかんだ理由をつけて会うことを拒んだり、約束をしたのに急にドタキャンしてきたりする人は信用しないことです。
直接会いたくない理由があり、何か大きな隠し事をしていたり嘘偽りがあったるするのでしょう。

また、初めて会うのに夜の時間帯を指定してきたり、二人きりで遠方へのドライブに誘ったりしてくる人も要注意。危険な目に遭うかもしれません。
最初に会うときは日中の食事やイベントなどがいいでしょう。

 

◆まとめ

〜ネット婚活は段階を踏んで進め、お相手と会うことがスタート地点と心得よ〜

ネット婚活は知らない人とのメッセージのやり取りから入るため、お相手に失礼のないように配慮しつつ、段階を踏んで少しづつお相手の人となりを確かめていくことが大切です。
そうすれば実際に会った時にギャップが少なくて済みますし、トラブルに巻き込まれることもありません。

ネット婚活は実際にお相手と会う段階がスタート地点であり、ここからがお互いに自主性を発揮するところです。交際が発展するか否かはここからにかかっています。

作成:2018.1/22(更新:2020.1/16)

 

あなたにおすすめの記事