結婚相談所で出会った異性と旅行に行ってもいいの?

結婚相談所でお見合いをして真剣交際へ進んだ場合、仲良くなって相手から旅行に誘われることがあるかもしれません。
旅行を誘ってくるくらいだから、お相手はあなたのことを間違いなく気に入っているはず。お互いの距離をもっと縮める絶好の機会だし嬉しく思える反面、知り合って間もない異性と二人きりで旅行に行っても大丈夫なのかと心配になる人も少なくないでしょう。
そんな皆さまに向けて今回は、結婚相談所で出会った異性と旅行に行っても良いのかどうかについてご案内します。

結論:結婚相談所のルールと自己責任

旅行自体を禁止している結婚相談所はありませんが、「婚前交渉」を禁止している結婚相談所は多くあります。
ここでいう婚前交渉とは性交渉はもちろん、宿泊や同居も含まれます。つまり、結婚相談所で知り合った相手と交際期間中に泊りで旅行に行くのはルール違反。
なぜ婚前交渉禁止のルールを設ける結婚相談所があるのかというと、会員同士のトラブルを防ぎ誰もが安心して婚活できるようにするため。婚前交渉をOKにすると、肉体関係を目的とした登録者が増える可能性があると考えているのです。
一方で大手の結婚相談所の中にも、交際期間中に泊りで旅行に行くことを禁止していないところもあります。その場合は大人同士のお付き合いなので、それぞれの会員の判断と自己責任において検討しましょう。

ルールに違反するとどうなる?

では、婚前交渉を禁止している結婚相談所に登録している会員同士が泊りで旅行に行くと、どうなるのでしょうか?
相談所によって対応は異なりますが、罰金や強制退会ということになりかねません。婚前交渉があったのならお互いに結婚の意思があるものとみなして、その後二人がたとえ結婚ということにならなくても決められた成婚料を支払って退会させられることも。
そうなるとこれまで婚活のためにかけた時間やお金が戻ってこないばかりか、これからの出会いのチャンスも失うといえます。
なお、日帰り旅行のつもりが天候や交通のトラブルで急遽泊まることになったような場合でも、理由はどうあれ婚前交渉とみなされます。
さらに婚前交渉は要求した側も応じた側も、どちらにも罰則が適応されることが多くあります。たとえば、何度目かのデートで男性会員にホテルに誘われた女性会員が誘いに応じた場合、それが何かのきっかけで結婚相談所にバレたときに結婚相談所はどちらが悪いかは問いません。二人ともルール違反したと判断されてしまうので注意しましょう。

禁止ルールがなければOK?いつならOK?

規約として婚前交渉禁止を謳っていなかったり、「なるべく避けましょう」というような表現をしていたりする結婚相談所もあります。とはいえ、積極的に婚前交渉をOKにしているわけではありません。
「規約にないから何をしても良いだろう」ではなく、不安がある場合は相談所に詳細を確認しましょう。
なお婚前交渉を禁止している結婚相談所でも、もちろん成婚退会(婚約)した後であれば性交渉や宿泊を伴う旅行に行くのは何の問題もありません。
これまで婚活にかけた時間やお金を失うリスクを考えたら、成婚までは結婚相談所の規約内でお互いの仲を深めるのがおすすめです。お互い「絶対にこの人と結婚したい」と思うのなら、成婚退会後に性交渉をしても遅くはないでしょう。
また、ほとんどの結婚相談所では本格的に一対一で結婚相手を見極める真剣交際に入ったら、キスやハグまでなら認められています。
とはいえ、当然どんなタイミングでしても良いというわけではありません。タイミングやシチュエーションによっては相手が嫌がる可能性もあるので、お互いの信頼関係を築くのが先。そのうえで相手を尊重してスキンシップに進むように気を配りましょう。

婚前旅行の断り方

規約で婚前交渉を禁止している結婚相談所でお見合いした相手であっても、中には宿泊を伴う旅行に誘ってくる人もいるかもしれません。
禁止ルールのある相談所を利用している場合は、それを理由にハッキリとお断りしましょう。それでもしつこく誘われるようなら、早目に担当アドバイザーに相談してください。
婚前交渉にはリスクが伴うことを、特に女性の皆さんは肝に銘じましょう。安易に誘いに応じてしまうと、その後も遊びの関係で終わってしまう可能性が高くなります。罰則よりも精神的にショックを受けて、婚活を続けるのが嫌になってしまうかもしれません。
一方で、婚前交渉禁止のルールがない結婚相談所で出会った場合も、仮交際の段階で旅行に誘ってくる相手は要注意。かといって真剣交際中であっても、初回のデートやまだ何回も連絡を取り合っていないような段階ですぐ旅行を提案する相手は遊び目的の可能性が高いといえます。

旅行はお互いを知るチャンス

本来、結婚相談所で出会った男女はお互いに結婚を前提としてお付き合いしています。遊びではなく、将来を見据えた誠実な交際をしている人の方が圧倒的に多いのも事実です。
利用中の結婚相談所で婚前旅行の禁止ルールがない人は、自身の判断と責任で旅行に出かけるのも決して悪くないでしょう。「知り合ってまだ日も浅い人と二人で旅行なんて…」と思うかもしれませんが、旅行の内容次第では一気に結婚を決意するケースは珍しくありません。
職業や年収、学歴や家族構成といったデータ的な意味ではお見合い前から相手のことを知ることができますが、性格や人間性は簡単にわかりません。デートを重ねて少しずつ知っていくことになりますが、中にはお互いの内面を十分には知らずに結婚するカップルも。
その結果結婚後にトラブルを抱えることにもなりかねないので、相手のことは結婚前にできるだけたくさん知っておくことが大切です。
そういう意味では、婚前旅行は絶好のチャンス。日ごろのデートではわからない相手の意外な一面が垣間見えるはず。結婚しても問題なくやっていけそうかをチェックしましょう。
旅行というシチュエーションで効率よく相手を見極めることが「この人となら大丈夫そうだ」という判断につながり、一気に結婚へと進展する可能性が上がります。

旅行の計画は二人で

二人で旅行に行くことが決まったら、誘ったのが男性だからといってすべて彼任せにするのではなく、女性も一緒になって積極的に旅行の計画を立てましょう。
デートといえば男性がリードするものというイメージですが、「どこへ?」「何をしに?」など二人で一緒に考えることで親密度もアップ。ある程度予算もわかるので、急な出費で経済的な負担を強いられる心配もないでしょう。
ただし、主導権をにぎりたいタイプの男性の場合は女性があまり口出しをすると機嫌を損ねる恐れも。その場合は適度なバランスで一緒に計画するのがおすすめです。

どんなところに旅行に行くか?

二人で初めての旅行は、あまり遠すぎない距離にとどめてのんびり過ごすのがおすすめです。
あまりにも移動に時間がかかるとそれだけで疲れてしまうので会話も弾まず、計画を詰め込み過ぎると予定通りにいかなかったときにトラブルになります。行くまでに疲れない程度の距離で、スケジュールにはできるだけ余裕をもたせましょう。
旅行までにある程度仲が良くなっていたり2回目以降の旅行なら、どちらかの出身地やゆかりの地に行くのも悪くありません。相手をより深く知ることができるだけでなく、親族や地元の友達に紹介されて結婚前に家族の雰囲気を知るチャンスにもなります。

相手にも見極められていることを忘れずに

慣れない旅行先では、思わぬトラブルが発生することも珍しくありません。
トラブルはないに越したことはありませんが、逆にトラブルが発生したときほど相手の性格を見極めるチャンス。
普段のデートでは相手に良く思われたい一心で、ついいつもとは違う言動をとってしまうことがあります。しかし、人間はトラブルを前にすると咄嗟に素の言動が出やすいので、人柄を見極めることができるのです。
特に男性の皆さんはここで冷静に解決したり女性に気遣ったりできると、好感度アップ。頼りになる優しい人という印象が残せます。逆にパニックになったりイライラしたりしてしまうと見限られる可能性が高いので、落ち着いて対応しましょう。
一方で女性の皆さんは、旅行中に自分勝手でマイペースな行動には要注意。女子旅なら盛り上がるショッピングや写真撮影の時間は、多くの男性にとっては苦痛でしかありません。たとえ男性が了解していても、もしかしたら無理をして付き合ってくれているのかもしれないと気遣う気持ちが大切です。

旅行がうまくいけばゴールは近い

結婚相談所で出会った異性と泊りがけの旅行に行くのは、結婚相手としてお互いを見極めるのに非常に有効な方法です。
特に女性は「恥ずかしい」「気を遣う」と考える人も多いようですが、結婚したらその人と毎日一緒に過ごします。旅行にすら一緒に行けないような相手なら、結婚までたどり着くのは難しいのではないでしょうか?
逆に二人きりで旅行しても心から楽しめたりトラブルを一緒に解決できたりする相手となら、結婚後もうまくやっていけるでしょう。
ただしあなたが相手を見極めているのと同じく、相手もあなたを見ていることを忘れずに。旅行中の言動次第では、成婚どころかこれからの交際を断られてしまうリスクもあるのです。準備をしっかりと整えて、男性は万一のトラブルに備えて対処法も考えておくと彼女の評価もグッとアップするでしょう。


旅行は普段のデートでは気づかなかった新たな魅力や、不安要素を見つける良い機会です。結婚後に後悔しないためにも、積極的に旅行に出かけてみてはいかがでしょうか?

 

作成:2018.11/12(更新:2021.2/25)

あなたにおすすめの記事