上京をお考えの方に 東京都の子育て、住環境をチェック!

婚活で結婚相談所を利用して素敵な異性と出会うことができたならば、次は結婚後の生活について考えることになります。その際に東京への移住婚を検討されている方もいらっしゃるでしょう。
そこで、東京都での生活を考える上で知っておきたい子育てや住環境の情報についてまとめました。
東京への移住婚を考える際にぜひ役立ててください。  

 

東京の住環境について

東京について、住環境で知っておきたい基本的なポイントを解説します。

①23区と多摩エリアに分かれる

東京での移住婚を考える際には多くの人は23区内を検討するかもしれません。
しかし、23区内は基本的に地価が高く、賃貸物件もかなり家賃が高いです。それを敬遠する人は東京の西部に位置する多摩エリアでの生活を考える人もたくさんいます。
多摩エリアは多くの人が住んでいて発展しているエリアです。八王子や立川あたりであれば、家賃は都内と比べてかなり安くなっています。たとえば、新宿駅のファミリー向け物件の家賃相場が20万円を超えるのと比較して、八王子であれば7万円程度まで下がります。
多摩エリアは駅の周辺に商業施設が集まっていて、自然も豊富にあるため子育てしやすいです。
新宿まで電車で30分以内にアクセスできるエリアがほとんどであり、移動も便利です。

②23区内では区ごとに特徴が大きく異なる

東京23区内に住みたいと漠然に考えていたとしても、実際にはそれぞれの区ごとに住環境は大きく違うため注意するべきです。
都心として発展しているエリアもあれば、昔ながらの下町が残されているエリアもあります。家賃相場も日本でトップクラスに高いエリアもあれば、23区内にもかかわらず家賃が低いエリアもあるのです。

③電車での移動が基本

東京のどこに住むにしても移動の基本は電車になります。
特に23区内だとJRや地下鉄の路線網が張り巡らされていて、車を利用するよりも便利です。
駐車場の料金がかなり高く、家賃の負担も大きいため、車を持たずに電車や自転車などを活用して移動する人がたくさんいます。
徒歩圏内に商業施設がたくさんあるため、特に車がなくても困ることはないでしょう。ただし、多摩エリアの場合は車で移動する人がたくさんいます。

④家賃が高い

東京は基本的にどの地域も家賃が高いと考えてよいです。
都内で家賃が安いとされている八王子でもファミリー向けの物件は7万円近くの家賃がかかることが多いです。他の都道府県の中心都市と同じぐらいの家賃相場といえます。 東京は地価がとても高いため、家を建てるとなるとかなり苦労するでしょう。
土地代にかなりのお金がかかってしまうため、簡単に家を建てることはできません。
特に23区内の場合は、普通のサラリーマンが気軽に家を買えるような地価ではないのです。

 

東京の主要都市の住環境や子育て環境を紹介

東京にある人気の高い主要都市の住環境や子育て環境をそれぞれ解説しましょう。

①ファミリーに人気の世田谷区

多くのファミリーが生活しているのが世田谷区です。都心部からやや距離があり、23区の南西部に位置していて、神奈川県に隣接しています。
人口は23区内では最多の95万人です。ただし、人口密度は23区内で13位であり、ゆとりのある場所です。 世田谷区には北沢エリアや世田谷エリア、鳥山エリア、玉川エリアなどがあります。特にファミリー層に人気の高い場所は玉川エリアです。
公園がたくさんあり、子育てがしやすいエリアとされています。世田谷区は京王線や小田急線をはじめ複数の路線が通っていてアクセスに便利です。ただし、道路については渋滞が多いため、あまり快適とはいえません。
世田谷区は住宅街のあるエリアの治安はそれほど悪くありません。ただし、きちんとホームセキュリティなどを取り入れて自衛することは大切です。
かつて世田谷は待機児童数がワースト1位となり話題になったのですが、今ではしっかりと対策を進めていて問題が解決しつつあります。そのため、子育て環境も問題ありません。 世田谷区の家賃相場はファミリー向けの物件が12万円から16万円程度です。都内においては標準的な家賃相場といえます。
世田谷は独自の子育て支援をたくさん実施しています。たとえば、「せたがや子育て応援アプリ」です。アプリは妊娠期から就学前の子育てを対象としていて、世田谷区の子育て支援情報を提供しています。
施設マップや子育て支援ナビゲーション、教育・保育サービス施設検索といった機能があり便利です。
また、世田谷区には複数の子育てステーションがあります。区民が気軽に利用できる施設であり、他の親子との交流を楽しんだり、子供を一時的に預かってもらったりすることができます。

②下町エリアのある台東区

台東区といえば浅草や上野といった下町エリアのある地域であり観光地をイメージしている人が多いでしょう。
昔ながらの商店街が残っていて、歴史のある神社仏閣があり、情緒のあるエリアといえます。 台東区には治安が悪いイメージがあるのですが、実際には繁華街を離れると閑静な住宅街が広がっていて、それほど治安は悪くありません。
ただし、まったく犯罪の恐れがないわけではないため、ある程度の自衛は必要です。子育てするには十分の治安は維持されています。
家賃については、近年台東区は住宅地として注目されていて、マンション開発が進んでおり、地価が上がっているため、家賃相場も高めの傾向です。台東区の2LDKや3LDKの家賃相場は20万円を超えます。そのため、新宿区と同じかそれよりも高いぐらいです。
台東区は常磐線と日比谷線が通っていてアクセスはとても便利です。これらの路線を利用することで東京駅まで20分程度でアクセスできます。都内の東寄りで働いているのであれば、台東区は便利な立地です。
台東区内で人気の高い住宅地としては田原町や入谷、蔵前などがあります。どれも鉄道路線は徒歩圏内にあり、スーパーも営業していて、学校施設もあり、最低限の環境は整っています。
台東区の子育てについては、私立幼稚園の補助金を出しています。入園祝い金として6万円を支給します。さらに、負担軽減補助金の交付もあるため、負担を軽減できる制度です。また、台東区の変わった制度として幼児用ヘルメット無償配布があります。
幼児用のヘルメットを無償で受け取ることができる制度です。台東区では自転車に子供を乗せて移動している人がたくさんいるため便利な制度といえます。 台東区の待機児童は年々減少傾向にあります。
保育所が整備されていて、2020年4月の段階で待機児童は60人です。そのため、子育てしやすいといえます。

③公共施設や教育機関の充実する文京区

文京区は観光地や遊ぶ場所としてはあまり注目されません。東京ドームや後楽園があるところというイメージしかない人が多いでしょう。
しかし、子育てや住まいという観点からは文京区は魅力が大きいエリアです。 文京区は鉄道路線が複数走っていて、商業施設も多いです。特に水道橋や飯田橋といったエリアは人気を集めています。徒歩圏内でさまざまなお店があり便利です。
文京区の強みは港区や千代田区、中央区といった都心へのアクセスが抜群な点です。地下鉄網が張り巡らされていて、区内のどこでも最寄り駅まで徒歩10分でアクセスできます。また、都心までは電車で10分から20分程度でアクセスできるため移動に便利です。
通勤時間は大幅に短縮されるでしょう。 文京区のデメリットはショッピングモールがない点です。基本的に小型のスーパーばかりが揃っているため、その点に不満を感じる人がいるかもしれません。
ただし、ドラッグストアやコンビニ、病院といった施設は豊富にあり、そもそも電車を使えば都内のどこにでも気軽にアクセスできるため、大型施設の少なさはあまり気にならない人も多いでしょう。
文京区は教育熱心な家庭が多く、私立中学へ進学する子どもの割合は40%です。区内には名門とされる小学校や中学校、高校がたくさんあります。文京区に住んでいるだけで自然と子どもは勉強を意識するようになり、子育てしやすい地域です。
文京区内には東京大学があるため、将来の受験についても自然と意識が高まるでしょう。
家賃相場は2LDKが24万円、3LDKだと30万円を超えるため、都内でも特に家賃の高い地域といえます。  

 

東京都の教育事情

東京都の教育事情について詳しく説明します。

①お受験は地域差がある

東京都といえばお受験が盛んであり、多くの子どもたちが塾に通って小学校受験から努力しているイメージがあります。しかし、実際には多くの子どもはお受験を経験していません。
たとえば、都内の公立小学校の児童の8割は公立中学へ進学しているというデータがあります。 都内において特にお受験が盛んな地域として港区と文京区があります。この2地区は都内私立中や国立中への進学率が40%を超えているのです。
そのため、23区内でもお受験には地域差があることを理解しましょう。 また、東京都の市部においても武蔵野市は私立中学への進学率が30%あり、三鷹市も20%あります。

②非常に多くの学校があり選択肢が豊富

東京都の特徴として、非常に多くの学校が存在しています。それぞれユニークな教育を実施している学校もあり、それらの中から自由に選ぶことが可能です。
鉄道網が発展しているため、東京の東から西にある高校へ電車で通うことも簡単にできます。子どもが自分の夢を叶えるための学校を選びやすい環境です。

③教育サービスが充実している

東京都内はどのエリアもかなりの人口があります。現在の日本は少子化が進んでいて教育サービスも斜陽化といわれているのですが、都内に関しては子どもがまだまだたくさんいるため、教育サービスは活発です。
さまざまな学習塾や予備校があり、個人指導している塾もあれば、オンラインで対応している塾もあります。
学校レベルの基礎を教えてくれるところから、難関校の受験対策を実施するサービスまであるため、目的に合った教育サービスを子どもに受けさせられます。  

 

東京の住環境や子育て環境は地域差が大きい

東京は23区や多摩地域など多くのエリアが存在していて、それぞれの地域ごとに違いが大きいです。
住環境や子育て環境を調べる際には地域差に注目してみましょう。
それぞれの地域について調べて、ご自身の望む条件の揃っているエリアを見つけるようにしましょう。  

作成:2019.7/15(更新:2020.12/25)

あなたにおすすめの記事