結婚相談所では3回目のデートが大事。プロポーズを意識させるデートプランとは

結婚相談所のお見合いで知り合った相手と、その後結婚までたどり着けるかどうかは3回目のデートが勝負です。
婚活上級者の中には、まず3回目のデートに漕ぎつけることが難しいことを実感している人も少なくないでしょう。逆に3回目のデートの約束ができたら、脈アリとも受け取れます。
そんな、運命の分かれ道ともいえる3回目のデートを無事に成功させて結婚までつなげるにはどうすれば良いのでしょうか?気をつけたいポイントや注意点などについてお伝えします。

3回目のデートが大切なわけ

結婚相談所で婚活をする場合、一般的に3回目のデートがこの先お互いが結婚に向けて本格的に交際するかどうかを決める分岐点です。初デートや2回目とは意味が違います。
まずはその理由をみてみましょう。

見極めがしやすい

お見合い後の初デートではお互いのことをまだほとんど知らない状況なので、楽しむよりも緊張が勝ってしまいがち。そのため、よほど悪い印象がない限りもう一度デートを約束する人がほとんどです。積極的に「この人と結婚したい」とまでは思わなくても、「悪い人じゃなさそうだし、もう1回くらい会ってみよう」という気持ちで2回目のデートに進む人も多いでしょう。
2回目のデートでは、前回緊張して楽しめなかったという人も相手を観察する余裕が少し出てきます。細かい言動や表情など、異性としての魅力を感じるかどうか判断する機会だと言って良いでしょう。
そしていよいよ3回目のデートまで漕ぎつけたら、いよいよ真剣交際に発展する可能性がぐっと上がります。結婚を前提としたお付き合いに進むかどうかを決める、大切なデートになるのです。

婚活だから

結婚相談所で知り合った相手との3回目のデートが勝負となる理由の2つ目は、ズバリ「婚活」だから。
日常生活の中でふつうに知り合った男女の場合は、知人や友人という関係からある程度の時間をかけて交際に発展します。その後ゴールインするカップルももちろんいますが、よくあるパターンが結婚を決意できないまま何年も経過したり、長年付き合っても結婚せず破局することも。
一方で婚活は結婚を希望する男女がしている活動です。遊び相手ではなく結婚相手を探しているので、相手からもシビアに判断されます。逆に自分からもスピード感をもって相手を見極めることが大切です。

結婚相談所による後押し

一般的に結婚相談所ではお見合い後の会員に対し、3回目のデートで交際を申し込むことを勧めています。紹介した会員同士が3回ほど交流した時点で、「結婚を前提とした交際の意思があるか」もしくは「別の相手に進むか」という判断を求めます。
ここで結婚への積極的な意思がない場合、次のデートのお誘いをすることを勧めていません。つまり3回のデートを経て交際に進展するのは、二人が大きな山をひとつ越えたようなもの。成婚率もここからかなりアップします。

3回目のデートに誘うタイミング

勝負だと言われているため、プレッシャーで3回目のデートの誘いをなかなか切り出せず時間が過ぎてしまう男性が少なくありません。
しかし3回目のお誘いは、2回目のデートから時間を空けすぎないのがポイント。空きすぎると誘われた女性も「この前のデートが楽しくなかったのかな?」と思い冷めてしまいます。
自然な間隔で誘うのがベストですが、おすすめは2回目のデートの別れ際やデートの直後。「次回はいつごろ会えますか?」と声を掛けましょう。間を空けずに次回の話をすることで、すぐにでもまた会いたいという気持ちや好意的に思っていることが女性に伝わります。

3回目のデートはどこに行くか?

1回目・2回目のデートが食事やお茶をしただけという場合は特に、3回目は丸1日など長く一緒に過ごせるプランにしましょう。長い時間一緒に過ごすことで相手の新たな一面を見ることができますし、自分が居心地よく居られるかどうかも知ることができるはず。
たとえば遊園地やテーマパークは定番ですが、アトラクションの待ち時間などに必然的に会話が増えます。人混みではぐれてしまいそうになったときの相手の対応を見ることもできるかもしれません。
ドライブデートで少し遠出するのも良いでしょう。じっくりおしゃべりする良い機会になり、会話の内容を周囲に聞かれる心配もいりません。さらに運転は性格が出やすいと言われています。男性が運転するケースが多いと思いますが、女性もそれが当たり前という態度はNG。スマホをいじっていたり居眠りしたりするのも印象が悪くなるので気をつけましょう。

3回目のデートのポイント

前の2回と同じようなデートをしていては相手をがっかりさせるだけでなく、結婚したいという意思も伝わりません。3回目はちょっと違ったデートを心掛けましょう。
前述した行き先や一緒に過ごす時間の長さといったデートプランを変えるのはもちろんですが、会話の内容もポイント。趣味や仕事の内容についてはお見合いや前のデートのときに話しているかもしれませんが、3回目のデートではそこから一歩踏み込んだプライベートな話をすると良いでしょう。
たとえば、趣味の話なら一緒に集まる仲間の話や、仕事ならエピソードトークや職場の同僚の話など。学生時代の思い出や家族の話をするのも良いかもしれません。
ただし、自分の話だけではなく相手にも話を振って、相手に興味があるという気持ちもアピールしましょう。お互いのプライベートな話をすることで、親密度がアップします。
また、すでに結婚を前提にしたお付き合いを申し込もうと思っている場合は、自分の行きつけの飲食店や友人が経営する店に相手を連れていくのもおすすめ。自分のテリトリーでさりげなく友人や知人を紹介すれば、相手は特別感を感じるはず。自分の知り合いにどう接するか、仲良くできそうかを見ることもできるでしょう。

価値観をチェック

一時お付き合いするだけの相手なら、楽しくおしゃべりができるだけで十分かもしれません。しかし結婚相手となれば話は別。将来要らぬ衝突を避けるためにも、お互いの金銭感覚や食事といった価値観や生活習慣が似ていたり理解できたりということは非常に大切です。3回目のデートで相手の価値観を探ってみましょう。
たとえば普段どのような店でショッピングしているか、趣味や習い事にどのくらいお金をかけているかなどを質問することで、相手がどのようなお金の使い方をしているか推測できます。あまりに浪費癖がありそうなら、考え直す必要があるかもしれません。
食の好みや食習慣が似ていることも、結婚生活では重要なポイントになります。マナーについては一緒に食事しているときに観察していれば、知ることができるでしょう。

3回目のデートで男性が気を付けるべきポイント

特にすでに交際を心に決めてのぞむ場合、気持ちが舞い上がってから回りしては元も子もありません。デート中のNGポイントをご紹介しましょう。

ノープラン

3回目のデートは交際に発展するか否かの分岐点。行き当たりばったりではガッカリされてしまいます。その日に正式に交際を申し込むことも踏まえて、入念にデートプランを練っておきましょう。
女性が行きたがっていた場所や好みに合った場所をデートコースに選べば、きっと喜んでもらえるはず。告白も事前に景色の良い場所を調べておいたり前よりもちょっとグレードの高いレストランを予約しておいたりすることで、成功率も変わってきます。

高額なプレゼント

相手に喜んでもらいたい一心から交際前に高価なプレゼントを贈る男性もいますが、実はあまり得策とはいえません。
まだ付き合ってもない相手から高価なものを渡されても、「このあとの告白を断らせないためかな?」「それ相応のお返しをこちらもしなくちゃいけないのかな?」など、女性の多くはプレッシャーに感じてしまいます。

具体的な結婚の話

相手からの質問でもない限りは、告白する前に結婚に関する具体的な話は避けましょう。
付き合う前から話しているといざ告白したときに、女性が「付き合ったらすぐに結婚しないといけないかも…」と思いOKしづらくなります。婚活していても女性はある程度交際して相手を見極めたいもの。新居の場所や親との同居についてなど、あまりに具体的に話をされると引いてしまうのです。
大事な話は今後交際中にゆっくり決めていけば良いので、焦らず、まずは相手との交際期間を楽しみましょう。

お泊りデート

たとえどんなに意気投合して相手も自分に好意的だとわかっていたとしても、3回目のデートで泊りを提案するのは時期尚早です。結婚を前提としたお付き合いに進みたいと思うなら、なおさら大人としてしっかり順を追って段階を踏むように心がけましょう。
正式に交際しているわけでもない男性から泊るよう誘われたら、女性としては「体目当てなのかな?」と疑います。当然、今後の連絡も途絶えてしまうでしょう。

告白タイム

結婚相談所のお見合いで知り合った相手との3回目のデート。これまで一緒に過ごしてみてその人と付き合いたいと思ったら、ぜひ勇気を出して告白を。
一般的に交際を申し込むのは男性からとされています。
3回目のデートに臨んでいる時点で、相手の女性もあなたに好意的なはず。さらに、女性側も3回目くらいのデートでそろそろ告白されると期待しています。白を先延ばしにしていると相手の熱が冷めてしまったり、同時進行でデートしていた別の男性との交際をスタートさせてしまうこともあり得るのです。
たしかに告白には勇気がいりますが、自分の気持ちを女性に伝えることは婚活を続けるうえで重要なこと。好意を伝えましょう。
ふとした瞬間に手が触れ合うなどの軽いスキンシップがあったときに嫌がる素振りがなければ、脈ありといえます。

 

いかがでしょうか?
結婚相談所での婚活は、3回目のデートが勝負の分かれ道です。自分の意思を確認するとともに、相手にもそれを伝えましょう。
幸せな結婚に向かって進むためにも、大切な3回目のデートの前にはしっかりと準備をしてから臨みましょう。

 

作成:2018.11/23(更新:2021.2/11)

あなたにおすすめの記事