BICパーフェクトガイド:結婚相談所での婚活が向いている人・いない人

結婚に対して前向きで婚活もしているのに、なかなか成果が出ないと悩んでいる人は少なくありません。
運命の結婚相手に巡り合う方法は人によってさまざまです。友人や知人からの紹介や合コン、婚活パーティーやマッチングアプリ、そして結婚相談所。
結婚に向けて前向きに婚活している人の場合、利用している婚活サービスにも向き・不向きがあるので、ひょっとするとご自身に向いていない婚活サービスを使っていることが成果の出ない原因かも。
ここでは、結婚相談所での婚活が向いている人と向いていない人の特徴などについてご紹介します。

結婚相談所に向き・不向きはあるのか?

効率よく結婚相手を探したい人にとって、結婚相談所は最適な婚活方法といっても過言ではありません。出会う前に異性をさまざまな条件から検索したり、相談所のスタッフからアドバイスを受けたりすることができます。さらに相談所主催のパーティーやセミナーなどのイベントで出会いのチャンスを広げることも可能です。
そもそも結婚を真剣に望む男女が集まっているため、出会いから結婚まで比較的スムーズに話が進めやすいことは、結婚相談所で婚活する大きなメリットといえます。
とはいえ、結婚相談所に入会すれば誰もがステキなパートナーが見つかるというものでもありません。
本人の性格や価値観なとが結婚相談所に向いていないと、なかなか良いご縁がないことも。また結婚相談所にもたくさんあるので、入会先がたまたま自分に合っていなかったかもしれません。
入会前に、結婚相談所の利用は自分に向いているのかをよく考えましょう。そして利用するのなら相性の良い相談所を探しましょう。

結婚相談所での婚活

婚活パーティーや婚活サイト、マッチングアプリなど、婚活をするのにもいろいろな方法がありますが、結婚相談所には他のサービスにはないメリットがあります。
最も魅力的なのが、婚活をするうえでの疑問や交際中の悩みを相談できること。プロのアドバイザーが客観的なアドバイスをしてくれます。孤独や焦りを感じがちな婚活ですが、頼れる味方がいると思うと前向きにパートナー探しに集中できるはず。
出会った後のケアが手厚いのも結婚相談所のメリット。出会いから順調な交際期間を経て結婚に至るまで、すべてのプロセスにおいてサポートしてくれます。
もちろん、理想の条件に絞って異性を検索したり、入会審査で細かく確認しているので不審人物が入会してこない、というのもメリット。安全で効率良く婚活ができるのが、結婚相談所の魅力なのです。

結婚相談所が向いている人

では、そんな結婚相談所での婚活に向いている人というのはどのようなタイプの人なのでしょうか?

結婚まであまり時間をかけたくない人

恋愛から結婚までの時間、つまり婚活期間をあまり長くかけたくないという人には結婚相談所が向いています。
たとえば年齢的に「早く子供をもうけたい」という人や「老後を考えて早めにパートナーが欲しい」といった考えの人たちにぴったり。
結婚相談所では知り合う異性を恋人というより結婚相手として見ています。そのため条件が合えばスムーズに結婚の準備に入れるケースが多いのです。
また、他の婚活サービスと違って交際に一定のルールをもうけている相談所も多いので、お見合い後に数カ月ずつ仮交際期間と本交際期間を経たら成婚という流れに。ダラダラと時間をかけずに結婚へのステップを踏むことができるでしょう。

恋愛経験の少ない人

決して、恋愛経験が少ない人イコール人間的に魅力のない人ではありません。容姿や性格、仕事の能力が高い人でもこれまでに恋愛に縁がなかったというケースもあるでしょう。
しかし、恋愛経験がまったくなかったり少なかったりすると、婚活を始めるのにもどうしていいかわからない。上手くたち振る舞えないという可能性が高いです。婚活パーティーに参加してみても好みのタイプは他の参加者にうばわれてしまいがち。とはいえ、家族や友人に相談もしづらくて悩んでしまうのです。
結婚相談所はそんな悩みを親身になって相談にのってくれる場所。異性へのアプローチもアドバイザーが仲介してくれるので克服できる可能性がぐんと上がります。

自信のない人

自分に自信のない人や、容姿や収入などにコンプレックスのある人も結婚相談所向き。
自分に自信がなかったりコンプレックスがあったりすると婚活でも自分から積極的にアクションを起こせなくなりがちですが、結婚相談所なら異性からのアプローチを待つという受け身での婚活も可能です。仮にそれで興味を示してくれる異性が現れたら自信につながるはず。アドバイザーの面談を通じて自分の長所を知ることもできるので、コンプレックスが克服できるかもしれません。
また、結婚したい気持ちはあっても自分が結婚に向いていないんじゃないかと考える人も、結婚相談所でアドバイスを受けることをおすすめします。「自分はこういう人間だ」と思いこんでいるだけという可能性が高いので、客観的な意見の聞けるアドバイザーと一緒に自己分析を行って、結婚に対するハードルを下げると良いでしょう。

出会いに前向きな人

お断りされても「次がある!」という出会いに前向きな人は、結婚相談所での婚活に向いています。
さまざまな条件から検索して見つけたお相手とお見合いするのが、結婚相談所での出会い。しかし、お互いの条件に合っていると思ってお見合いを申し込んでも断られることは珍しくありません。タイミングの問題だったりお相手のこだわりが強すぎたり、その理由はさまざま。
たった1回のお見合いで成婚に至る人も中にはいますが、それは非常に稀なケースです。
そのため結婚相談所で婚活するなら、失敗を恐れずどんどん申し込みをして出会いのチャンスを増やしていくことが大切です。結婚を前提とした出会いを何度も経験するうちに、自分の結婚には何が大切なのかがみえてくるはず。うまくいかない時はアドバイザーの意見を素直に聞いて反省点を直していくことで、結婚がぐっと近づくでしょう。

結婚相談所が向いていない人

結婚相談所向きの人がいる一方で、逆に結婚相談所が向いていないというのはどのようなタイプの人なのでしょうか?

相手の条件にこだわりすぎる人

女性の顔やスタイル、年齢を気にする男性や、男性の年収や職業、学歴を気にする女性は少なくありません。
結婚相談所では出会う前から容姿や年齢はもちろん、お相手の職業や収入、学歴や家族構成までさまざまな条件を確認することができます。何千・何万もいる会員の中から理想の相手を選ぼうとするとき、より高い理想を求めたくなるのは当然でしょう。
しかし、お相手のスペックにこだわりすぎて査定ばかりしている人は、カップル成立がしづらくなります。
若くて美しい女性も年を取れば変わるかもしれないし、大企業で高い年俸を稼ぐ男性も会社が倒産するかもしれないし、未来のことはわかりません。自分が完ぺきでないのと同じで誰しも足りない部分はあります。欠点を補うのが結婚。それを理解している人はお相手のスペックだけを見て値踏みなんてしません。

恋愛を楽しんでいたい人

「いつまでも恋愛していたい」とか「結婚は強く望まないけど恋人は欲しい」という人には結婚相談所は不向き。大前提として結婚相談所には結婚を真面目に考える人しか集まっていないからです。
もう少し遊びたいという結婚が現実的でない人は、まだ結婚相談所を利用するタイミングではないでしょう。
婚活においては恋愛のときめきばかりを望むのではなく、良い時も悪い時も今後ずっと一緒に乗り越えられる相手かどうかを見極めることが大切です。身元を偽る人や既婚者、サクラなどと出会う可能性のあるマッチングアプリや合コンと違って、結婚相談所では安心して結婚を前提にした出会いが探せます。

ルールの守れない人

何千・何万という会員の皆さんがトラブルなく活動できるように、どの結婚相談所でもいくつものルールがもうけられています。お見合いする上での取り決めや交際中の報告・連絡・相談、仮交際や本交際の期間、成婚退会など、相談所によって多少の違いはありますが、すべては会員の皆さんに安心してもらうためのものです。
こうしたルールを面倒に感じてしまう人には結婚相談所での婚活は難しいかもしれません。
もちろん、お相手との約束を守れない人も同様です。
時間やマナーに関して、自分自身が相手にされて嫌なことは相手にもしないのが基本。ルールに縛られずに自由な恋愛を楽しみたいという人には、結婚相談所に向かないでしょう。

サポートが必要ない人

うらやましい話しですが、男女問わず、環境や人間関係などに恵まれていてこれまで恋愛相手に困ったことがない、という人は存在します。
そのような皆さんに結婚相談所のサポートは不要。しかし料金を払って入会しても多くのサービスを利用しないので、本人は不満に思いがち。
ご自身でも出会いのきっかけさえあれば十分だと自覚しているはずなので、アドバイザーと結婚までのプランを一緒に練るやり方よりも、気軽にとにかく大勢の人と出会える婚活パーティーなどの婚活サービスの方が向いています。

 

いかがでしたでしょうか?
いろいろある婚活サービスの中でも、会員同士の目的が明確で効率が良い婚活のできるのが結婚相談所の魅力。とはいえ結婚相談所での婚活には向き・不向きがあるので、入会する前に自分はどちらにあてはまるのかを一度しっかりと考えてみてはいかがでしょうか。
性格や自分の希望にぴったりの方法で婚活を続けることで、理想的な結婚ができるチャンスが広がります。

 

作成:2018.12/14(更新:2020.12/7)

あなたにおすすめの記事