職業別婚活攻略法・消防士編

公務員で収入が安定していて、たくましく男らしいイメージのある「消防士」。

結婚相談所のみならず婚活パーティーでも「消防士」限定企画で開催されるなど、結婚相手として人気があります。
今回はそんな憧れの消防士についてや、婚活における攻略方法についてお伝えいたします。消防士と出会って結婚したい!とお考えの方はぜひ参考になさってみてください。

結婚相手として人気の「消防士」はどのくらいいる?

女性に人気がある「消防士」ですが、実際に日本にどのくらいいらっしゃるのかチェックしてみましょう。 消防士の方は全国に164,873人となっており、うち女性は5千人ほどですので、約16万人の方がいらっしゃることになります。
同じく公務員で人気職業の自衛官の場合は全国で22万人となっていますので、自衛官よりは人数が少ないということになります。 しかし、消防士は全国の自治体に配属されているため、日本全国どこでも消防士の方との出会いがあると言えます。

データ参照:総務省消防庁「平成30年版 消防白書」  

 

消防士の収入について

それでは女性が気になる消防士の収入についてみていきましょう。 消防士の平均年収は718万円と、やはり他の職業と比べて高水準となっています。 年代別では30代の平均年収は600万円、40代では720万円、50代では800万円以上になるとされています。
自衛官と同じく、年功序列制度であり年数を重ねるほど収入がアップするようになっています。 消防士は公務員ですので、公務員の採用区分によっても給与は変わります。 公務員の採用区分は専門系・Ⅰ類(上級)・Ⅱ類(中級)・Ⅲ類(初級)の4つに分かれています。 難易度によって初任給も以下のように設定が異なります。
専門系は、大学で法律、電気、物理などの学部で学び卒業した方を対象とするもので、最も難易度が高くなっています。

専門系 約252,000円

Ⅰ類 約247,000円

Ⅱ類 約231,000円

Ⅲ類 約212,000円

また、消防士にも自衛官と同じく階級制度があります。 最初は「消防士」としてスタートし、「消防副士長」「消防士長」「消防司令補」「消防司令」「消防司令長」「消防監」「消防正監」「消防司監」「消防総監」の順にステップアップします。 昇進試験は毎年受けられるものではなく、例えば大卒の場合、「消防士」→「消防士長」への昇進試験は2年連続勤務しないと受験資格が付与されません。 さらに「消防司令」になるためには6年連続勤務が必要と、階級が上がるたびにその年数が増える制度となっています。 所属する地域によって多少の違いはありますが、階級に伴う年収の違いは以下の通りです。

消防士   約300万円

消防副士長 約300万円

消防士長  約400~500万円

消防司令補 約500万円

消防司令  約500~600万円

消防司令長 約500~600万円

消防監   約600万円

消防正監  約700万円

消防司監  約800~1,000万円

消防総監  約1,500万円

さらに、消防士は常に危険と隣り合わせの仕事のため、様々な手当がついています。
まず公務員として付与される「調整手当」「就業手当」「超過勤務手当」「住居手当」「扶養手当」「通勤手当」「期末手当」「退職手当」「退職年金」など、 また、消防士ならではの手当として、「特殊勤務手当」「潜水業務」などの特殊手当があります。
高い給与に手厚い手当が上乗せされており、退職金や退職後の年金も補償されていると、収入面に関しては公務員の中でもかなり優遇された状況にあるといえるでしょう。  

 

消防士の特徴

消防士の方の特徴として、やはり体力自慢で男らしいイメージがありますね。実際火事の際は重い放水ホースを持って現場を駆け回らないといけないわけですからひ弱では務まりません。 消防士は誰でもなれるわけではなく、自治体によって違いがありますが、採用試験には身体的条件を設けている場合があります。
例えば視力が矯正視力が0.7以上、聴力が両耳とも正常、身長160cm以上、体重50kg以上、胸囲身長の2分の1以上、肺活量は3,000cc以上などです。 さらに、体力検査を実施しているところもあり、体力検査では上体起こし、握力、反復横跳び、立ち幅跳びなどの運動能力がチェックされます。

収入の所で採用区分について触れましたが、消防士の採用試験は毎年受験者が多く、 専門系で約8.5倍、Ⅰ類で9倍、Ⅱ類で10倍、Ⅲ類にいたってはなんと27倍となっており、非常に高い競争率となっています。
そのため、知力体力共に兼ね備えている方でないと、消防士にはなれないのです。 高倍率の採用試験を潜り抜けた後は、配属の消防署で24時間体制の交代勤務をすることになり、他の消防隊員と共同生活をしながら、火事などの出動要請以外は、日々訓練や筋トレを行って体を鍛えることになります。 身体が逞しいことはもちろん、共同生活が多いために家事も一通りできる方が多いのが特長です。
いわゆる体育会系男子の集まりのため、上下関係に厳しく礼儀正しい方が多いのですが、飲み会が多く、普段の生活の厳しさの反動からか、羽目をはずしすぎる傾向があるようです。
なお、火事という危険な現場で仕事をするため、命の危険やケガについて心配する女性が多いかもしれませんが、 平成28年度の殉職者は4,200万人いる消防署員の中で2名(0.000005%)、負傷者も2,173人(0.005%)となっており、仕事の安全性には非常に気を付けて仕事をされています。
皆さんがイメージするほど、命の危険にさらされているお仕事ではないということも心にとめておきましょう。  

 

消防士が求める結婚相手

それでは、消防士が求める結婚相手とはどのような女性なのでしょうか。

①消防士の仕事に理解がある人

まず、消防士の勤務は24時間体制の交代勤務のため、1日ごとに出勤→非番→休日という流れになります。週に2日は完全に休める日がありますが、月によってバラバラのため、相手に休むといったことが難しい状況です。 また緊急の出動要請があれば非番でも出勤しなければいけません。
人命救助を仕事をしている方のため、恋人や家族よりも仕事を優先しなければならないことを、理解していることが求められます。 よって、結婚しても家庭のことは妻にまかせきり、というケースも少なくありません。

家庭のことは私が守る!くらいの精神的強さが必要です。 命の危険やケガをすることを必要以上に心配したり、精神的に依存するような方では難しく、精神的に自立している必要があるでしょう。

②職場の交友関係に理解がある人

消防士の特徴にも記載しましたが、消防士は体育会系男子の集まりのようなものであり、チームワークをとても大切にしています。
実際火事の際はチームワークが良くなければ効率よく動けないですよね。 そのため、同僚同士での交流や飲み会の機会が多いのです。
上下関係が厳しいため、先輩の誘いであれば断れない、ということもあります。 そのような状況を、恋人の私よりも大事なわけ?と怒るようでは、結婚どころかお付き合いも難しいでしょう。職場同士のコミュニケーションも仕事上必要なものと心得ましょう。

③家庭的で癒し系な女性

日々緊張感の高い業務についているため、家庭的でふわっとした可愛らしい女性に癒されたいと考える方が多いようです。
職業柄、体型も比較的小柄で、無条件に守ってあげたいと思ってしまうような方に惹かれるようで、がっちり高身長の消防士と小柄な女性という凸凹カップルが多いことからもうかがえます。

または、同じく体育会系の女性もノリが合うので消防士の方が一緒にいて楽しいと思えるタイプかもしれません。

 

消防士とのお見合い攻略法

消防士の方と出会い、お見合いを成功させるためのポイントについてご紹介します。

①消防士の先入観で話をしない

消防士の方は、正義感があって優しくてたくましくて…といったイメージがあるかもしれませんが、基本的に体育会系の方が多いというだけで皆さんがそうだというわけではありません。
看護師の方に対するステレオタイプと同じで。看護師の方も仕事では白衣の天使でもプライベートは違うのと同じです。
初対面の人にいきなりステレオタイプのイメージで語られたら良い気はしないでしょう。 消防士の方って○○ですよね?のような話はしない方が無難です。お相手の性格は、お話の中で判断しましょう。

②家庭的な面をアピールする

休みが不規則で家を空けがちになるため、基本的に女性には家にいてしっかりと家事をしてほしいという気持ちがあります。
職場の97%が男性なので、家に帰ったらかわいい女性の笑顔に癒されたいとも思っています。ですので、どんな料理が得意だとか、子どもが好きとか言った面をアピールした方が好印象でしょう。
ただし、料理が得意というとどんな料理?と必ず聞かれますので、きちんと答えられるようにし、作れるようになっておきましょう。

③清潔感のある服装と立ち振る舞い、そして笑顔

お見合いで清潔感のある服装と立ち振る舞いをするのは当然ですが、お見合いだからと緊張してこわばっていては台無しですし、 いかにもキャリアウーマンといった雰囲気の方や、意識高い系のスキのない女性というのも好まれません。

お相手の話をよく聞き、柔和な笑顔で接することを心がけましょう。 どんな職業の方でもそうですが、自分の話に自然に笑いかけてくれる可愛い女性にときめくものです。 いかたでしたでしょうか。消防士は見た目の男性らしさや、収入の安定といった面から女性からとても人気のある職業です。
お相手の素敵な条件ばかりに気をとられるのではなく、消防士として働くことの厳しさ、大変さについてもしっかりと理解し、 その上で、この人とだったらずっと一緒にいたい!と思ってもらえるような女性になることを目指しましょう。

作成:2018.10/22(更新:2020.2/12)

あなたにおすすめの記事