入会から成婚までの幸せストーリー こじらせアラサー看護師編

「こじらせ女子」とは、一般的に過去の経験やトラウマから恋愛や結婚観についてどこかひねくれた見方をしてしまうような女性のことを指します。
そのため、恋愛をしても同じような失敗を繰り返してしまい、なかなか上手くいかなくてますます自信をなくしてしまうことも。
今回は、そんな恋愛をこじらせてしまった女性の成婚ストーリーについてご紹介いたします。

Rさんご夫妻 2020年11月 成婚退会
男性 Sさん 36歳 調理師
女性 Rさん 34歳 看護師

お二人の活動

2019年1月Sさん入会→2019年2月Rさん入会→2019年7月お見合い→2020年1月プロポーズ

Rさんの入会のきっかけ

当相談所をRさんが訪れたのは、2019年の2月のこと。目を引くほどのスラっとした長身の美人でしたが、どこか影のある女性でした。
お話を伺ったところ、お仕事は看護師をされているとのことで、なるほどナース服姿でテキパキ働いているところが想像できました。
婚活のことについては、院内では相手を探す気になれない、これまで何人かの人と付き合ってきたが、長くても1年以内に別れるのを繰り返してしまい、アラフォーになろうかというのに結婚できる気がしない。
可能なら、できるだけ早く結婚したいと思っている。そこで、結婚相談所ならば結婚意識の高い人が集まっているので早めの結婚が叶うと思った、とのことでした。

アドバイザー

これまでお付き合いされてきた方は、どんな理由でお別れになったのでしょうか?」

Rさん

「色々ありましたけど…、相手に別に好きな人ができたり、私は一人でも大丈夫って言われたり、一方的に振られてしまうパターンですね」

アドバイザー

「もしかして、男性に甘えたりするのが苦手だったりしますか?」

Rさん

「そうですね…、基本なんでも自分でやらなくちゃって思うタイプなので」

カウンセリングの結果、Rさんは厳しいご両親の元、長女として育ったためか、自立心が人一倍強く、様々な思い込みに縛られている「こじらせ女子」であることが分かりました。
相談所では平均半年~1年の間で成婚退会される方がほとんどですが、恋愛や結婚観をこじらせている方は難航することが多いのです。
これまでの恋愛の失敗パターンを見つめ直さないと、お見合いからお付き合いになった時にやはり上手くいかなくなるので、そこは一緒に考えていきましょう、ということで初回のカウンセリングは終了しました。

お見合いの申し込みが殺到するも…

Rさんが入会され、プロフィールを公開したとたん、美人でスタイル抜群、看護師で年収も高めという好条件に男性からの申し込みが殺到しました。
少し前ならば女性の年収は気にしない、あるいはあまりに年収が多いと気後れする…という男性が多かったのですが、今は男性であっても雇用が不安定な時代、女性にある程度の年収を求める人が増えており、特に看護師の方のような資格職の方は人気があります。
Rさんがプロフィールに設定した年齢の条件は、年齢30歳~40歳であったため、多数の中からそこで絞り込み、いいなと思った人から積極的にお見合いしていくことになりました。

しかし、入会から半年間の間、多数のお見合いや交際成立はするものの、真剣交際に移行するお見合いは1件もありませんでした。

Rさんのこじらせの原因

お見合いや交際終了の理由は、自分には勿体ない人だとか、価値観が違うと言ったものでしたが、原因はおそらくRさんのこじらせにありました。
Rさん人一倍責任感が強いタイプ。自分のことは自分でやりなさいとずっと教えられ、面倒見の良いお姉さんであり、優等生であり、そして今は良き先輩ナースとしてバリバリ仕事をしている人。
今でも十分頑張っているのに、どれだけ頑張っていても、まだまだと思っているのです。
だから、男性からどれだけ好意を寄せられても、褒められても素直に受け止められないし、相手に素直に気持ちを伝えることもできない。
そうしている内に、お相手の方が自分は好きになってもらえる見込みがない、と思って離れていってしまっていたのです。

Sさんとの運命の出会い

Rさんは今のままで十分素敵で、まずはありのままの自分で好きになってもらうことを怖がらないこと、ということを何度となくお伝えはするものの、入会から半年が経過。
Sさんからのお見合いの申し込みがあったのは7月のことでした。SさんはRさんより2歳年上、調理師の仕事をされており、お互いシフト制勤務で休みも合わせやすいだろうし、これはぜひお見合いするようにとプッシュしました。
お見合いの結果、清潔感があって、誠実そうな人柄のSさんに魅かれて交際成立。二人の交際がスタートしました。

初めての大ゲンカ

今度の交際はうまく行って欲しいと、まずは〇〇がいいとか、〇〇が好きとか、何でもいいから小さなお願いごとをすること、
そして、やってもらったらありがとうととびっきりの笑顔!だまされたと思って1日1回はやってみること、とアドバイスしました。
そんな女を前面に出すことはできない…と引き気味のRさんでしたが、なんとかうなずいてくれました。

SさんはRさんより2歳年上ということもあり、美人で完璧なのに恋愛には全く不器用なRさんのことを、優しく見守ってくれていたようで、二人の交際は順調に進むかと思われた矢先、
交際から4か月目、Rさんより泣きながら相談所に電話がかかってきたのです。
話を伺ったところ、自分の仕事について何も知らないSさんから、仕事のことについてカチンとくる物言いをされたそうで、それをきっかけに言い合いになってしまったとのこと。
カッとなって随分ひどいことを言ったような気がするが、謝る勇気がないし、もう終わりかもしれない…と。

さらに聞いてみると、付き合ってから始めてのケンカだったそうで、ご本人は深刻なのでしょうが、私自身はRさんの変化に驚き、どこか嬉しい気持ちがありました。
というのも、ケンカというのはお互いの気持ちが衝突するから起こるのであって、おそらく今まではそのような状況にもならなかったでしょう。

Sさんには、自分の感情をぶつけてもいいと思う位には、Rさんのことを信頼しているという証拠、
そして、自分の仕事について何も知らないSさんと決めつけているが、4か月も一緒にいれば分かることもある、きっと心配して言ってくれたことかも、
関係を終わらせたくないのなら、「言い過ぎた、ごめんね」と先に謝ることを勧めました。
プライドが高く、自信のある仕事のことで傷つけられたのなら、きっと彼女にとって自分から頭を下げるのは難しかったでしょうが、彼女は自分から謝ることを選択しました。

交際を進展させるのはご自身の力

交際中でも、このように何か問題が起きたとき、何かアドバイスが欲しい時にはいつでもアドバイザーが相談に乗りますが、基本的に交際期間はお相手との仲を深めるのはご自身の力で進めていかないといけないのです。
これまで言葉でどれだけアドバイスをしてもなかなか変われなかったRさんでしたが、Sさんの存在とRさんの努力によって、彼女は変わり始めようとしている、きっとこれは上手くまとまるような気がしました。

2020年の幕開けと共に成婚退会へ

無事に仲直りをした二人は、順調に交際が進み、2020年の1月1日、SさんよりRさんよりプロポーズ。新しい年の幕明けと共に、二人一緒になることを決意されたそうです。
成婚退会の挨拶に来られた時、楽しそうに会話する二人を見て、昨年のどこか影のあったRさんの姿はなく、1年で人は変われるものなんだなぁとしみじみしてしまいました。
それでもまだ、〇〇するべき、〇〇しなくちゃと思ってしまうところがあるそうなんですが、その度に、なんとかなるよとSさんがなだめてくれている様子。
Rさん自身も、まさか1年以内に成婚退会できるとは思っていなかった、本当にSさんとの出会いが運命の出会いだったとお幸せそうでした。
随分恋愛をこじらせてしまったRさんでしたが、このままではいけないと、ご本人も自分から変わろうとして努力された結果だと思います。
お式はSさんの勤務先がレストランウェディングをやっており、そこで考えているとのこと。詳細がきまったら連絡しますと、サロンを後にされました。

運命の出会いとは

『運命の出会い』ということを多用する結婚相談所のアドバイザーが言うのも何ですが、
運命の出会いというのは、多分そのようなものが初めから存在するものではなく、出会いをそこまで成長させられた人のことを言うのではないか、と思います。
結婚相談所に入会すると、何万人もの会員との出会いがあります。そこから検索して、お見合いが成立する、その時点でかなりの確率で選ばれた人ですが、
ほんの些細なことで無にしてしまう方、大切にできる方がいらっしゃいます。特に多くの申し込みがある方は、簡単に次があると思って、お断りをするごとに見る目がだんだん厳しくなる方がいらっしゃいます。
お相手を知ろうとする前に、ご自身が思う絶対条件をパーフェクトとして、そこから引き算をしてお相手を見てしまうのです。
そうなると、おそらく『運命の出会い』には永遠に行きつかないでしょう。なぜなら『運命の出会い』は始めから降ってくるものではなく、そのようになるように二人で育てるものだからです。

 

今現在婚活をされていて、交際には進むけど長続きしない…とお悩みの方は多いものです。
そのような方には、第三者視点からご自身のことを見てもらうことが必要かもしれません。同じような失敗を繰り返してしまう、理由が分からない…という方はぜひ、無料のカウンセリングにいらしてください。
変わろう、と思ったその時がチャンスです。

 

作成:2020.9/21(更新:2020.11/27

あなたにおすすめの記事