都道府県別男女の特徴と恋愛の傾向 静岡県編

結婚相談所を現在利用して婚活を頑張っている方々もいらっしゃることでしょう。お見合いをされたとき、お相手の性格がいまいちつかみきれず、コミュニケーションに苦労した体験をしている方々が多くいらっしゃるのではないでしょうか。プロフィールをしっかり確認することもお相手を知る方法の一つですが、プロフィールで知ることができる情報にも限界はあります。

県民性の特徴とは、その県の方々が、共通して持っていらっしゃる個性のことです。県民性は、その地方の歴史や環境から形成されるものですので、そこに住んでいればなんらかの影響を受けていることが多いのです。
そこで今回は、静岡県の県民性についてチェックしてみましょう。

静岡県の県民性の特徴

静岡県には、楽天的一面を持ち、人と接するとき、サービス精神旺盛な方々が多いと言われています。そのため静岡県には、人気者になることができる要素が多い方だと言えるでしょう。

しかし、そのようなサービス精神によって、静岡県の方々本人は、いつも他の人たちがどのような評価をしているのかが気になってしまって、結構ストレスを溜めている方々もいらっしゃいます。
静岡県の県民性の特徴は、それ程激しい気質ではなく、穏やかな性格をしていらっしゃるので、 ライバル同士、競いあって相手の上を行こうという意識はそれ程強く持っていないようです。

静岡県という土地は、もともと本州の中でも温暖であることが特徴としてあげることができます。いろいろ豊かな海産物にも恵まれている土地として知られています。静岡県の方々の楽天的で穏やかな性格は、まさに南国的性格と言っても良いのかもしれません。
静岡県は、東海道の大事な拠点であり、人の往来が常に激しい場所であるため、社交上手という特徴を自ずと持つことになるのでしょう。
また、静岡県の方々は、平均的と言われることがよくあります。いろいろな業界では、静岡県をテストマーケティングの対象とするケースも見かけます。

静岡西部(遠州)の方々は、より短気な性格でいらっしゃるようです。負けず嫌いの特徴をお持ちで、静岡県を代表する企業の多くは西部にあります。

現在は、広い土地が魅力的でもある静岡県なのですが、江戸時代までは、3つの国に分割されていました。現在も静岡市のエリア、東部の伊豆半島一帯、西部の浜松市や磐田市に分けることができ、微妙に県民性の特徴にも違いがあります。全体的に見れば、静岡県の方々は穏やかな感じでのんびりとしていらっしゃる方々が多い傾向があります。

静岡県といえば、冬でもコートを着る必要がないと言われている程なので、そのようなことが静岡県の方々の県民性を作っていくことになります。
南側には海(太平洋)が広がっているので、明るくて開放的な性格も自ずと作られることになります。ただし、旧遠州エリアにおいては、温暖なエリアですが、かなり強い風が吹くことも多くあります。厳しい気候条件もございますので、中央部の旧駿河国とも違って、比較的厳しいものの見方をする方々がいらっしゃいます。現状には甘えないという気性もしっかり養われていることでしょう。

そのような気質が、ヤマハ、スズキと言った世界的に注目される一流企業を作り出したとも言われています。トヨタグループの創始者・豊田佐吉も、この地域の出身です。
ビジネス感覚の高い方々が、昔より多くいらっしゃって、愛知県とも強い関わりを持っていらっしゃいます。

また、静岡市より東側は東京との結びつきが強いと言うことができます。静岡市より東側の方々は、旧遠州エリアに対するライバル心をいささかお持ちでいらっしゃるようです。そのせいか、東京との強い結びつきを求めている傾向も見てとることができます。
伊豆というエリアは、昔から、愛知県、岐阜県と言った方々があまり注目していないエリアと言われていたのです。

このように同じ静岡県でもエリアによって県民性の特徴がございますので、結婚相談所を利用して婚活をしていらっしゃる方々は、エリアによっておつきあいの姿勢を変えてみるというのも効率のいい婚活をするための方法なのかもしれないですよね。

お金の問題では、静岡県の方々は浪費タイプでもありませんし、節約するタイプでもなく、丁度真ん中あたりと言うことができます。ギャンブルに対しても、好きという方々は大勢いらっしゃいますが、それ程はまってしまう方々は少ないと言っていいでしょう。
お金をガッツリ稼ごうとする野心を持っている方々もそれ程多くはなく、積極的に起業して、稼ぐという意欲をお持ちの方々は、少ないです。
静岡県の方々は、全体的に見れば、安定志向をお持ちの方々が多いようです。

 

静岡県男性の特徴

静岡県の男性の特徴は、まさに日本の代表的な性格とも言っていいのではないでしょうか。穏やかな性格をしていらっしゃり、おっとりしていて、協調性もしっかりお持ちの方々が多くいらっしゃいます。

東部の方々は、自己主張がやや強い傾向があります。中部の方々は、ちょっと優柔不断な性格の方々がいらっしゃいます。西部には、行動力をお持ちのビジネスマンタイプの方々が多くいます。
仕事に対しても静岡県の男性は、おっとりした感じでマイペースで向きあう方々が多いようです。しかし、目の前にあるお仕事は、しっかりこなすタイプです。協調性もしっかりお持ちですので、同僚の方々、上司ともうまく接することができるタイプです。いろいろアイデアを出すことが得意ですが、上司の立場になっても、新しいものに対して取り組んで行こうというモチベーションはそれ程高い訳ではないようです。
東部と中部の方々は、現在あるお仕事に取り組もうというモチベーションが高いですが、西部の方々は、新しいものに対しての意欲も、比較して強くお持ちです。

 

静岡県の女性の特徴

静岡県の女性の方々は、男性の方々のようにサバサバしていらっしゃる方々が多いです。忍耐強いという感じではありませんが、いい感じで発散することができるので、あまりストレスを溜め込まないタイプです。西のエリアほど、活発に活動される方々が多くいらっしゃいます。
東部の方々は、フレンドリーな感じでおつきあいをすることができますが、西部の方々は他エリアと比較すれば情熱的なタイプの方が多いようです。

お仕事の面では、 静岡県の男性と比較しても、積極的にお仕事と向きあうという傾向を強く見ることができます。上司となっても、上手く部下を指導することができるでしょう。女性が上司であれば、結構回りくどい性格を露呈してしまう方々が多いようですが、静岡県の女性には、そのようなことはなく、中部の方々と西部の方々は、わりと言いたいことをはきはきと言うタイプです。東部の方々は、きついことはあまり言わないでおこうという気持が働き、バランスを取って働くことができる方です。

 

静岡県の恋愛観

静岡県の方々は、恋愛、ご結婚とどのような向きあい方々をしていらっしゃるのでしょうか。婚活していらっしゃる方々にとってとても大事な部分です。しっかりリサーチしてみましょう。

静岡県の男性は、それ程恋愛に対して積極的ではないと言われています。恋愛は、女性の方々が一歩リードしてくれるのを待ってしまう傾向をお持ちのようです。ただし、協調性もしっかりお持ちなので、すぐにうち解けることができるでしょう。
しかし、最後あと一歩というところでも、女性任せにしてしまう方々が多いです。ご結婚された時には、女性優位でことを進めてしまって、女性の方々の尻を敷かれてしまう…ということもあるのかもしれません。

静岡県の女性の方々は、男性と比較したら積極的に行動していらっしゃる方々が多いです。静岡県の女性は、静岡県の男性を、期待通り一歩リードして、女性の方々から告白というケースも頻繁に見かけることがあります。
ただし、静岡県の女性の方々が、いつも男性をリードしたいと思っている訳ではありません。 時として、男性にリードして欲しいと思っている時もあります。 婚活していらっしゃる方々は、このようなことも参考にして効率のいい行動をしていただきたいですね。

結婚相談所を利用していらっしゃる方々は、お見合いをするとき、どのような話しを話題にしていいか、いろいろ考えていらっしゃることでしょう。静岡県の方々は、サッカーが好きな方が多くいらっしゃいます。デートで、サッカーのネタなど仕入れておくと良いでしょう。

富士山と言えば、なんと言っても静岡県のシンボルです。ネタに困ったら富士山の話しもいいでしょうし、温泉、お茶、静岡おでんなどの話題を仕込んでおくといいでしょう。

また、静岡と浜松は、結構ライバル意識を強くお持ちのようです。静岡の方々とお見合いをしていらっしゃる方々は、浜松餃子のネタ、浜松の方とお見合いをしていらっしゃる方は、伊豆の話しなどは控えておいた方がいいのかもしれません。

静岡県の方々と相性のいい県は、 埼玉、千葉、滋賀、奈良と言った方々です。おっとりしてのんびりしたいタイプの静岡県の方々は、同じようなおっとりタイプの県民性の特徴の方々といい相性です。
反対に、相性の悪い県は、青森、茨城、熊本、大分の方々と言われています。青森や茨城県の強情さ、熊本県の出しゃばり具合、大分県の個人主義などとは、比較して相性がそれ程いい訳ではないようです。

 

 

いかがでしたでしょうか。
今回、静岡県の県民性の特徴についてご紹介させていただきました。静岡の方々は、おっとりした感じで、穏やかな印象をお持ちの方々が多いです。そして西部の方々の方が、しっかりビジネスに向きあう意識を強くお持ちでいらっしゃいます。

静岡の男性は、やや恋愛には消極的でいらっしゃるようなので、ここはちょっとだけ女性の方々が頑張って一歩リードしてあげると良いかもしれませんね。

 

作成:2020.12/21

あなたにおすすめの記事