彼女とケンカした後の仲直りの方法

「雨降って地固まる」ということわざがありますが、ケンカをして上手に仲直りができるカップルはケンカ前よりより良いお付き合いに繋げています。 もちろんだれでもケンカをしたくてするわけではありません。しかし、ケンカはより良い関係にするために、お互いの不満や意見を伝え合う機会になるのです。 ここでケンカができるほどの関係になれているお二人であれば問題ありませんが、「ケンカをしない」ではなく、「ケンカができない」カップルは突然別れてしまう場合があります。 また、感情を爆発させるだけで改善が見られないケンカも、仲直りのあと別れてしまう可能性があるでしょう。 こちらでは彼女とケンカしてもよりラブラブになれる仲直りの方法をご紹介します。 結婚相談所のお見合いで出会った婚活相手とケンカしたくないと思っていても、お相手との距離を縮める結婚へのプロセスと考えると悪いばかりではありませんよ。  

ケンカした方が良い場合もある

結婚相談所のお見合いで出会い、真剣交際に発展した場合、なかなか本音を言い合うのは難しいでしょう。 ちょっとしたケンカで交際終了に至るともう後悔しても彼女と連絡は取れなくなってしまいます。 しかし、ケンカをした後の仲直りの方法を把握していれば、ケンカ前よりも関係がよくなる場合があるのです。 彼女とケンカをした時は落ち込んで、もう関係が終わってしまうのでは、と考えてしまうでしょう。 とはいえケンカもできない関係で結婚の話を進めて行くのもナンセンスです。 彼女への不満をため込んでしまって、誤解やすれ違いを生むようになると疑心暗鬼に駆られて彼女を信用できなくなってしまいます。 不満をため込むよりは、お互いに本音を伝え合えるケンカをした方がお互いのためです。  

彼女との仲直りの方法

彼女とケンカをした後に仲直りするには、タイミングと謝り方がポイントです。 「連絡しても無視されたらどうしよう」「もし謝っても許してくれなかったら」と考える前に、彼女と今後どうしていきたいかを考えてみましょう。  

タイミングをはかる

ケンカをした後の仲直りがうまくいくポイントはタイミングです。 ケンカをした直後は頭に血が上って冷静な判断ができないでしょう。それは彼女も同じことです。 感情的になりやすく、思ってもいないことまで口走ることがあります。自分は冷静だと思っていても彼女が大事だと思うからこそ意外と冷静になれていないものです。 女性は感受性が強く、感情的になりやすいので、彼女が冷静になる時間も必要でしょう。 仮にすぐに謝ってしまうと、「とりあえず謝っている」「事の重大さがわかっていない」と受け取られてさらに彼女を怒らせてしまう可能性があります。 お互いに冷静になれる時間を少し取りましょう。時間を取り過ぎると謝罪の言葉や仲直りの言葉を言い出しにくくなるので時間をおくのは1日くらい。 彼女に非があって彼女が謝ってくるのを待つ場合も3日くらいで、なにも動きがなければこちらからアクションを起こしてみましょう。 できれば1週間以内に仲直りを。もしいきなり交際終了の連絡が婚活アドバイザーから来たら、それはもうご縁がなかったと諦めましょう。  

素直になる

ケンカをしてお互いに謝ったり歩み寄ったりしなければ、そのままケンカ別れになってしまいます。 どちらが悪くてもお互いしか当事者がいないのですから、彼女がアクションを起こさなければこちらが解決しようと動かなければいけません。 仲直りをする上で邪魔をするのは「プライド」です。「男が女に頭をさげるなんてありえない」「男から謝るなんてプライドが許さない」なんて考えていませんか。 あなたが意地を張っているケンカの原因は彼女をなくしても構わないほど大切なものでしょうか。 彼女が素直になれないタイプであったり、謝罪を伝えるのも怖くなるほど落ち込んでいたりする場合もあります。 納得がいかなくても根拠のない自信やプライドでご自身の選択肢を狭めて、大切な彼女を失うよりは、余計なプライドを捨てた方が良い結果を招くのではないでしょうか。 彼女と仲直りしたいのであれば、素直になりましょう。  

直接会って謝る

直接謝るのは恥ずかしいと思っていませんか?彼女への謝罪を電話やLINEで済ませたいと考える方もいるでしょう。 LINEや電話で謝罪をするためのきっかけを作ったり、直接会う約束をしたりするのは問題ありません。 「さっきは言い過ぎたごめん。ちゃんと謝って話し合いたいから会えないかな」など手短に伝えて彼女の様子を見ましょう。 ぽんぽんとLINEのやりとりを続けるうちに仲直りしてしまう可能性もありますが、それで終わるのはおすすめしません。 ケンカの原因や理由を掘り下げて、今後どうしていくか、どうしてほしかったかを話し合わないとまた同じことでケンカをすることになる可能性が高いからです。 また、直接顔を合わせない謝罪は、こちらの真摯な気持ちを十分に伝えることができません。 「会いたい」と連絡してスルーされるようであれば、連絡のタイミングが早かったということも考えられます。 お互いに冷静になれるタイミングで、顔を合わせて謝罪しましょう。  

ケンカの原因と今後のことを話し合う

結婚相談所のお見合いで出会った彼女とは結婚を見据えて長く付き合っていきたいものです。 謝るときにはしっかりと彼女がどれだけ大切か、仲良くしていきたいかを伝えましょう。 こうした大きなケンカの後の仲直りをする話し合いでは、お互いの価値観を確認するチャンスです。 彼女の不満をしっかりと受けとめて、どうしてケンカになったのかを話し合いましょう。 冷静に、素直に、仲直りしたい、二人で上手くやっていきたいという気持ちを常に意識することがポイントです。 二人のケンカなので、どちらにもどこかに非があります。 対立するための話し合いではないことを彼女に伝えて、「どうしたらうまく付き合っていけるか」思いやりをもって話し合いましょう。

プレゼントも忘れずに

口べたな男性の中には上手に謝罪を口にできない人や、仲直りを言い出せない人もいるでしょう。 そういった方は、まず物理的な距離を縮めるのがおすすめです。 手を繋いだり頭をなでたり目を見つめたり。言葉で伝えられなくても行動で仲良くしたいという思いが伝わります。 どうしても伝えたい思いがあるのであれば、手紙を書くこともおすすめ。LINEやメールなどよりずっと彼女の心を捉えます。 そして謝罪の言葉と添えたいのがプレゼント。ちょっとしたお菓子やケーキ、小さな花束などでもOKです。 彼女が喜んでくれそうなものを選びましょう。あなたの必死さが伝わりますし、彼女も許しやすくなるでしょう

ケンカ後に彼女とさらに仲良くなれるポイント

結婚を見据えているのであれば、お互いに気持ちよく生活していくために彼女が嫌がることはできないはずです。 ちょっとモヤっとするケンカの後も未来のことを考えればお互いの関係も悪くならないでしょう。

ケンカの原因を改善する

仲直りの話し合いの中で今回のケンカの原因がハッキリします。 そのケンカの原因と向き合い、改善しなければいずれ同じケンカを繰り返す可能性があるでしょう。 彼女が全面的に悪いように感じられるケンカであっても、あなたに改善の余地がないということはないはずです。 お互いに仲良くできるように改善する努力をしていきましょう。

蒸し返さない

「だいたい君はあの時だって・・・!」と過去のケンカを蒸し返さないようしましょう。 どちらかというと女性が過去をケンカに持ち出しがちですが、そういった場合は「そのことは後で話し合おう」と冷静に対処しましょう。 過去を蒸し返してしまうとお互いの空気が悪くなります。 同じ時間を共有している間は、小さないざこざはどうしても起きてしまうものです。 そんな時に大きなケンカの内容を蒸し返さないようにしましょう。

まとめ

彼女との仲直りの方法はタイミングを計ることと素直になること。そしてお互いに改善の努力をすることです。 お互いに結婚にむけてお付き合いを続けていきたいのであれば、素直にそのことを伝えましょう。 彼女の気持ちを想像しながら思いやりをもって謝罪し、仲直りしたいことを伝えます。 プレゼントは仲良くなるきっかけ。あなただからこそ分かる彼女が喜ぶ物を用意するには、普段からのコミュニケーションが大切です。    

作成:2019.1/28(更新:2020.12/10)

あなたにおすすめの記事