初婚より難しい?!再婚できる人の共通点

過去につらい思いをしたからこそ、次こそ幸せな家庭を築きたいという離婚経験者は少なくありません。しかし中には、新たに恋人ができても再び同じことを繰り返してしまうのが怖くて再婚に踏み切れない人も多くいらっしゃるようです。
ここではそんな離婚経験のある皆さんに向けて、再婚者の離婚率や再婚できる人の共通点などをご紹介したいと思います。


再婚は初婚より離婚率が高い?!


結婚が夢のような毎日ばかりでないことを十分に理解している再婚者。にもかかわらず、実際は初婚よりも再婚の方が離婚率が高いことをご存知でしょうか?
アメリカの心理学雑誌「Psychology Today(サイコロジー・トゥデイ)」によると、初婚の人の離婚率が50%なのに対し再婚の場合は67%、さらに再々婚になるとなんと73%と、再婚する度に離婚率が上がるとの調査結果が発表されています。
そう聞いて「元々アメリカは日本よりも離婚率が高いから」と考える人も少なくないでしょうが、日本でも再婚者の離婚率が50%以上だとするデータがあるようなので、やはり再婚者が離婚しやすいということは間違いなさそうです。


そもそもどうやって再婚するか?

再婚を目標に婚活をはじめる人の中には、社会人サークルのような集まりに参加して新たな出会いを求めるケースが少なくありません。
しかし参加者のほとんどが婚活ではなく仲間づくりを目的にしているため、社会人サークルはそもそも婚活には不向きです。ただ同じ趣味を持つ友人を作るためなら良いですが、再婚相手を探そうと思うならサークル活動ではなく婚活をしましょう。
再婚希望者の婚活には、結婚相談所がおすすめ。結婚を考えるたくさんの異性と一度に会うことができる婚活パーティーも良いのですが、プロが選んだマッチング相手とじっくりと向き合う結婚相談所は、離婚経験者にこそぴったりです。
ある調査によると、恋愛結婚のカップルの離婚率が40%なのに対して、見合い結婚のカップルはわずか10%なのだそう。客観的にアドバイスしてくれるスタッフが仲介役として見守ってくれるので、離婚経験者の皆さんも安心して婚活できます。


再婚できる人の共通点

出会ってから恋愛に発展して、お互いをよく知ったら婚姻届を出す…という結婚までの道のりは初婚も再婚も違いはありません。しかし、離婚歴があると結婚までのハードルが高くなってしまうのは事実。たとえば同じ条件の異性が2人がいたとして、一方は婚歴のないまっさらな人、もう片方は離婚経験者だとしたら、前者が選ばれる可能性の方が圧倒的に高いのは言うまでもありませんね。
では、そんな不利な状況の中でもみごと再婚まで至っているのはどのような人たちなのでしょうか?再婚している人たちに共通する5つのポイントをご紹介しましょう。

●出会いに対して前向き

大前提として、再婚できているのは結婚に対してポジティブに行動していた人たちです。
出会いに受け身で自分から行動を起こさないと、再婚ができる可能性がぐっと低くなってしまいます。結婚前の若かった頃には受け身でも周りからアプローチがたくさんあった人も、今は遠慮して声が掛けづらいと思われているかもしれません。自分から良い出会いを見つけましょう。
婚活サイトに登録したり婚活パーティーに参加したり、お見合いや結婚相談所を利用した人たちも少なくありません。最近では婚活市場でもバツイチ企画などがたくさんあるので、積極的に参加すると良いでしょう。
また、直接出会いや結婚に繋がらなくても友人といろいろな所へ出かけたり、同性・異性を問わずさまざまな人と会話したりすることは人間性を磨くうえでとても大切です。どんどん外へ出て魅力的な人間になりましょう。

●正しく反省できている

再婚を考えるような恋人ができたとき、相手はあなたが離婚原因とそこに至った経緯を尋ねるでしょう。
たとえば不倫が原因だった場合、二度としないのは大前提。口で説明して信頼を勝ち得るのはまず無理といえます。態度で示していくしかありません。
逆に結婚相手の不倫を理由に離婚した場合は、「自分は悪くない」と言いたいかもしれません。が、相手は不倫される側の原因も推測しています。相手のせいばかりにするのはNGです。
いずれにせよ自身の落ち度を認めて、反省点は改善するよう努力を重ねましょう。その姿を見れば恋人も「この人は同じ過ちを繰り返す人じゃない」と思うはず。
そもそも、日頃から不平不満やネガティブな発言が多い人は良い出会いを遠ざけます。どんなに見た目が良くても魅力的でないのでモテません。ネガティブな言動をしてしまっている人がいたら、今日からは意識してそれをやめましょう。
少しずつでも良いので自分を変えて魅力的になれば周囲とも良い関係が築けるし、新たな出会いが増えていきます。

●聞き上手

再婚に至っている人の多くが聞き上手。
お見合いや婚活パーティーなどで自己アピールばかり頑張ってしまう人も少なくありませんが、相手に好印象を与えるには、まずその人の好みや考え方を知ることが大切です。こちらが積極的に聞き手にまわると、相手もこちらの話に耳を傾けてくれます。まずは相手を受け入れましょう。
相手の話をよく聞いている最中に「この人とは合わないな」と気付くことも多いので、時間を無駄にしない意味でも聞き上手は再婚への近道といえます。

●ポジティブ思考

離婚直後は仕方ないとしても、離婚のことを長い間ずっと引きずるのはあまり良いこととはいえません。これからの出会いとは切り離して考えて毎日を前向きに過ごしましょう。過去に絶望して凹んでいる人よりも、過去は過去として反省しつつも自身に満ちた人の方が魅力的です。
離婚を経験すると、パートナーが欲しくてもどこかで諦めてしまう人も少なくありません。昔はマイナスのイメージが大きかったバツイチですが、今は包容力や理解力があるプラスのイメージを持たれることも多いので、場合によってはバツイチがセールスポイントになるということを覚えておくと良いでしょう。
養育費を払っていることを卑下して恋人が作れないという人もいますが、子どもへの義務を全うしているのは誇るべきこと。離婚しても養育費を払っているきちんとした自分に誇りを持って、この先の出会いを楽しんでも良いのです。
自分磨きを怠らないのも、再婚への近道です。特に離婚後は趣味や勉強など、やりたいと思ったことに積極的にチャレンジする絶好の機会。何かに熱中している人は輝きを放つので、異性からも好かれます。新しいことにどんどん挑戦していきましょう。
また、外見も磨いていきたい重要ポイント。ファッションセンスは好みもありますが、清潔感は基本。男女とも清潔感のある髪形やメイク、スタイル良く見えるファッションを心がけましょう。

●あせらない

いくら再婚に前向きだからといって、焦りは禁物。お見合いや婚活パーティーでも焦って結婚しようとしているとお相手にそれが伝わり、不信感を与えかねません。お相手を見極めるうえでも、じっくり時間をかけてのぞみましょう。
また人間の脳内には恋愛中にフェニルエチルアミン(PEA)、通称「恋愛ホルモン」が分泌されるそうですが、このホルモンが同じ異性に対して分泌されるのはせいぜい3年が限度なのだとか。前回の結婚を3年以内にした人は、自分の判断力を少し疑って再婚は冷静に判断するように心がけましょう。
とはいえ逆に再婚相手選びに慎重になりすぎるのも要注意。条件が厳しすぎてステキな出会いを逃してしまっているかもしれません。パートナー選びではひとりの相手に固執しすぎず、柔軟に考えることも大切です。


バツイチは意外とモテる?!

日本でも離婚が珍しいことではなくなり、昔に比べてだいぶ理解されるようになりました。その影響で近年の婚活市場ではバツイチ企画なども頻繁に開催されていて、それなりに需要があるほど。
婚活においてバツイチ男女は、離婚したがゆえの考え方や立ち振る舞いが好印象につながっているようです。

●ガツガツしてない

初婚の平均年齢と比べて結婚生活を経た離婚の平均年齢の方が高いので、年齢的によるところも大きいですが、離婚経験者の多くは異性に対してガツガツしていません。年齢でいうと仕事も落ち着いてある程度のポジションにいる人も多く、プライベートな時間を確保しやすいため、落ち着いて婚活ができるのもガツガツしない理由かもしれません。

●謙虚

お互いに初婚の場合、理想の結婚像を押しつけ合って喧嘩になる夫婦は珍しくありません。
こうした喧嘩が絶えずに離婚した人が反省すると「なんでも理想どおりにはならない」「相手が苦手なら自分がやればいい」などと冷静で謙虚に結婚生活を送れる可能性が高くなります。

●現実的

たとえば好きな人の前では鼻はほじらないとか、おならはしないとか、恋人同士のうちはがんばれても毎日一緒に生活したら続きません。離婚経験者はこうした現実を知っているので、幻想を押しつけるようなことはないでしょう。
さらに「女性なら料理ができるはず」「男性はみんな力持ち」といった男女差別についても、前回の結婚で意識が変わっている可能性が多いにあります。
気負ってしまいがちな人が結婚する相手としては、離婚経験者の方が安心かもしれません。


いかがでしょうか?
再婚して幸せになれるかどうかは、結局のところ自分次第。もちろん二度と結婚しなくても一生幸せな人もいるでしょう。
再婚して幸せになりたいと思うなら、まずは幸せにしてあげたい相手に出会うこと。お互いが相手のために見返りを求めず尽くして、支え合える関係になれるのが幸せな再婚です。
そんな人に出会えるように魅力的な自分になるようがんばりましょう。

 

作成:20207/20(更新:2020.11/9)

あなたにおすすめの記事