シニア婚お見合いの特徴とメリット・デメリット

40代以上のシニア婚に限らず、30代の方も口にしているのが「年齢を増すごとに自然な出会いが少なくなる」ということ。 20代の頃は飲み会やイベントなど自然に出会える場がありましたが、30代くらいからだんだん自然な出会いが難しくなってくるのです。 シニア世代になると同性代の集いがあっても個人の出会いというよりレクリエーションなど団体での交流会であることが多く、結婚につながるような相手を探すのは困難と言われています。
そこでシニア世代におすすめなのが結婚相談所のお見合いによる出会いです。
こちらではお見合いの特徴やメリット、デメリットについてご紹介します。

結婚相談所のお見合い

会社の関係者や親戚からの紹介でお見合いをするとなると、「堅苦しい」「断りづらい」というイメージがわきます。 お見合いと聞くとそういうイメージを持つ方が多いでしょう。
結婚相談所のお見合いは知り合いではなく第三者に仲介してもらって出会う形になります。
そのため必要以上に堅苦しい空気もなく、知り合いに紹介してもらうわけではないため、断りづらいということもありません。 同じくシニア世代の出会いの場として婚活パーティーもありますが、シニア世代が参加できる婚活パーティーは、適齢期と言われる20代後半から30代の方が参加される婚活パーティーと比べると開催数が少ないのです。
予定が合うかどうかや結婚願望があるかどうかなど、選択肢がないという状況なので出会いを求めるのは困難になるでしょう。
その点気負わず申し込め、結婚に向けた婚活ができるのが結婚相談所のお見合いなのです。

 

お見合いのメリット

理想の人と出会いやすい

結婚相談所は入会すると細かいプロフィールを作成します。
年齢はもちろん、趣味や年収、職業や学歴までさまざまな項目で登録するのです。
自分にお見合いを申し込んでもらうためや、自分がお見合いを申し込んだときに受け入れてもらうための材料になるので、しっかり作られています。
そのプロフィールをもとに、お見合いを申し込む相手を探すのです。
そのため、たくさんの会員の中から自分の理想と合致するお相手を簡単にみつけ、お見合いを申し込むことができます。 インターネット上のことなので、偽装を疑う方もいますが、結婚相談所の場合はきちんと身元の確認をしています。
結婚を意識し始めてから「聞いていた職業と違った」「年齢をさば読んでいた」など騙される心配がありません。
結婚相手を短期間で効率的に見つけ出すことを目指している方が登録しているので、理想の人との結婚につながりやすいのです。

安心できる相手に確実に出会える

新型コロナウイルスの感染拡大防止による外出自粛から、インターネットを利用したオンライン婚活が出会いの主流になってきたと言われています。
一般的なオンライン婚活パーティーはその仕様からシニア世代を対象にした企画は著しく少なく、若者に人気のSNSでの出会いも同じようなものです。
また、公的な証明書など、細かく提出して登録するわけではないので、プロフィールを詐称する人も残念ながらいます。 仲にはシニア世代の資産を狙う、結婚詐欺の様な相手もいないとは言い切れません。
そういった婚活方法と比べると結婚相談所は安心して結婚相手を探せる場所と言えるでしょう。 結婚相談所は一般的な身分証明書の他に、独身証明書や大学卒業証明書、職場の証明書や国家資格の証明書などさまざまな公的証明書類を提出しなければいけないのです。
そういった手続きを踏んで、真剣に結婚を望んでいる方が登録しているので確実に安心できる出会いの場を提供できます。

オンラインでのお見合いも可能

新型コロナウイルスの感染拡大は、第二波、第三波と断続的に感染リスクを高めています。
未知のウイルスの恐怖に世界中が翻弄されている状況が続いており、シニア世代が感染すると重症化する確率が高いとも言われているので注意が必要です。 多くの人が集まるターミナル駅のそばに多い結婚相談所でのお見合いや、ホテルのラウンジなど人混みが気になるお見合いでは、感染リスクも高まります。
そんな時におすすめなのが結婚相談所の婚活アドバイザーがフォローしてくれるオンラインお見合いです。
ビデオ通話アプリのZOOMを使って自宅から画面越しにお相手を見ながらお見合いすることができます。
感染リスクを完全に避けての出会いが可能なのです。
また、全国から海外にわたり結婚相手を探すことができる結婚相談所ですが、オンラインでのお見合いとなるとお互いに移動する負担なく出会えます。
ご自身が住んでいる地域だけでなく、住んでみたい地域、ご出身の地域などでもお相手を探すことができるのです。 第二の人生という方も多いシニア世代。自由度を高くして新しい人生の舞台が選べます。

事実婚希望・入籍希望など細かい価値観も測りやすい

例えば出会いを目的とした婚活イベントは、参加条件が比較的にゆるいため気軽にいろいろな人が参加します。 今日の遊び相手や普段ご飯だけ食べに行く相手を探している人もいれば、異業種交流パーティーのように既婚者が参加している場合もあるでしょう。
そのため目的に応じた出会いがかなうように条件がしっかりと設けられ、チェックされるイベントもあります。
そういった目的や価値観の違いは、出会いの場である結婚相談所のお見合いでも個人で変わるのです。 結婚相談所でお見合いが成立し、真剣交際に発展し、成婚退会となって一緒に生活をはじめる、となっても、入籍を強制することはありません。 お二人の考え方で決めるのです。
事実婚でもかまわないか、入籍しようと思っているかもこれから人生を共にするパートナーとして価値観のすり合わせは必要になります。
シニア婚になると、お互いにお子さまのことや資産の問題が浮上してくる場合があるでしょう。
それを踏まえて、面倒な手続きを省いた事実婚で好きな人と楽しく過ごしたいという考え方もいらっしゃいます。 結婚相談所であれば、その方自身の諸事情があらかじめわかるので、結婚に対する価値観や方向性がお互い一致しているかはお見合いの前には分かるでしょう。 同じ価値観の人とスムーズに出会うことができます。

ある程度資産状況も分かる

お見合い相手との入籍を希望している場合、離婚歴があると資産のことや相続相手の問題が出てきます。
お互いに資産がある、相続相手の子供がいるという場合、お見合いで出会った段階でそれは容易にわかるでしょう。 その上で結婚を視野に入れた真剣交際に発展させるというのであれば、おおよその方向性はお互いに話し合うことが必要になります。
幸せな結婚とその後の結婚生活を送る上で、そういった自分達だけで解決に至らない可能性があるトラブル回避のための話し合いです。 結婚相談所の場合は前述した通り資産状況やお子さまがいるかどうかも分かるため、法的な問題も結婚前にしっかりとクリアできるでしょう。

都合に合わせてお見合いできる

前述した通りシニア世代が参加できる婚活パーティーの数はとても少ないので、都合が合わずに参加できないということが多々あります。
参加したくても申込みがキャンセル待ちになってしまったり、確実に参加できなかったりということもあり得るのです。 婚活パーティーの機会を待っているうちに年齢を重ねてしまうだけになったということにもなりかねません。
その点、結婚相談所はスマホやパソコンを使えば都合の良い時間に理想の相手を検索することができます。 自宅にインターネットの環境がない場合も、結婚相談所のサロンで検索できますし、プランによっては結婚アドバイザーがお見合い相手を探してくれます。
そして、お見合いの日取りも自分の都合に合わせてリクエストすることができるのです。 時間を無駄にせず婚活ができる上に、素敵だなと思った相手から受け入れてもらえればそう遠くない期間でお見合いできます。

離婚の可能性が低い

お見合いでの出会いで意外に知られていないのが「離婚率の低さ」になります。
実際にお見合いで話す前にプロフィールからお相手の家族構成、人によっては結婚観まで知ることができるので、結婚してから相違に気づくということがおきにくいからです。
一般的な婚活パーティーや街コンなどでの出会いと違い、そういった細かいことを知ってからお付き合いを始めるので、より短期間でお相手の内面を知ることができます。 また、結婚相談所の婚活アドバイザーが出会いから交際にいたるまでの交際期間中しっかりとフォローをしてくれます。
恋愛のプロが客観的に判断し、ご自身のマイナスな面をいさめ、プラスの面を引き出すアドバイスをしてくれるのです。 恋愛経験が少なく、お見合いがうまくいったから舞い上がって付き合ってしまったという失敗も少ないでしょう。

 

お見合いのデメリット

プロフィールで判断してしまう

結婚相談所のお見合いは、結婚相談所に登録している会員のプロフィールを検索して、条件が合う相手に申し込むシステムです。 お見合いを申し込むも受けるもプロフィール次第になります。
つまり直接会って話せるという人数は他の婚活方法と比べると少なくなるのです。
プロフィールと違い、実際に会ってみると写真より素敵な人だったという場合。 プロフィールからはピンと来なかったけれど、実際に話してみると波長が合って話しやすかったという場合。 実際一緒の空間にいると気配りが細やかな人だったと気づくということがあります。
仕草や雰囲気など、静止画や文字情報だけのプロフィールでは伝わらない魅力はたくさんあるのです。 プロフィールだけで出会える相手が決まってしまうのは最大のデメリットといえるでしょう。 いろいろな相手と直接話して判断したいという方には向いていない可能性があります。

判断をする期間が短い

半年や1年以内に結婚したいという結婚願望がある方にはデメリットとはいえないことですが、お見合い後の意思決定はできるだけその日のうちに判断しなければいけません。
お見合いをした日にまた会いたいか、そのための連絡先交換をしていいかを判断し、仮交際から真剣交際へ移行していいかを判断し、結婚するかを次々に決めて行きます。
お互いの婚活に使う時間を無駄にしないためです。 お見合いの目的は結婚することなので、3ヶ月ほどで成婚の意思を固めなければいけません。
そういったことからお見合いを通して本気で結婚を見据えるきっかけになる方もいます。 できればお見合いをする前にご自身の結婚観を整理しておいた方がいいでしょう。 素敵な人と出会ったら結婚前にじっくり恋愛したいという方は、お見合いでの出会いは向いていないかもしれません。

馴れそめを説明しづらい

家族や友人・知人にお相手を紹介するとき、どこで知り合ったのか馴れそめを聞かれることがあるでしょう。
約10年前に「婚活」という言葉が出回り、政府や自治体が婚活支援をするなど社会にも浸透してきていますが、「お見合いで知り合った」ということを恥ずかしく感じる方もいます。
確実で安心な出会いですし、胸を張ってお見合いで知り合ったと言っても問題はないのでしょうけれど、聞いた相手がどう思うか分からないので気になってしまうのです。 どうしてもお見合いで知り合ったと言いづらいという方は、どこで知り合ったのか聞かれたら「知人の紹介でね」とサラッとかわしてしまいましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。
シニア世代の結婚相談所のお見合いに関してお伝えしましたが、メリットもデメリットもどの年齢の方にもいえることがほとんどです。
本気で早く安心・確実に結婚をしたいと思っている方は、結婚相談所の利用をおすすめします。

 

作成:2020.8/28(更新:2020.11/12)

あなたにおすすめの記事