選ばれるプロフィールの書き方 女性編

結婚相談所に入会したらまず最初に行うことが、プロフィール作りです。プロフィールを作成して、結婚相談所のお相手検索システムに掲載することで活動開始となります。入会直後は新規会員として掲載されますので、多くの人に見てもらえるチャンスです。ここでは、選ばれる魅力的なプロフィールを作るためのポイントについてご紹介いたします。

結婚相談所のプロフィールの項目

結婚相談所のプロフィールは、基本プロフィール、PRコメント、お相手の希望、趣味・趣向、家族構成のブロックに分かれて細かく項目が設定されています。
婚活パーティーなどでは聞きにくい情報も、結婚相談所ならば事前に知ることができます。
お相手への希望のところで、細かく希望を設定でき、基本的にはその条件に当てはまる方がお見合いを申し込みするため、お見合い時のミスマッチが少なく、効率的に婚活ができるのも結婚相談所のメリットです。

それでは、くの相談所が加盟している、日本結婚相談所連盟(IBJ)のプロフィールをもとに、結婚相談所のプロフィールの内容についてご紹介いたします。

①基本プロフィール

・写真
・年齢
・お住まい
・身長・体重・血液型
・続柄
・最終学歴
・年収
・職業
・出身地

基本プロフィールの中の年収については、女性は公開・非公開を選択することができます。また、年収の証明書も求められません。
女性の場合は、家事手伝いなど現在収入がない方も結婚相談所に登録可能となっています。
学歴などは卒業証書などの証明を求められることもあります。

②PRコメント

・自己PR
・この方の担当カウンセラーからのPR

自己PR欄では、プロフィール項目では伝えられない、ご自身のアピール項目を記載することができます。
こちらは短すぎても、長すぎてもいけません。プロフィールを見てくださってありがとうございます。から始まって、自分はこんな性格で、どんな人と出会いたいのか、どんな家庭をつくりたいと思っているかなど、あくまでも明るく前向きな内容でまとめましょう。
この方の担当カウンセラーからのPRは、カウンセラーからみたあなたの姿や、素敵だなと思う点を記載するところです。
婚活する上では客観的視点を知ることも大切です。ご自身も知らない魅力を知ることができるかもしれませんので、参考にしてみましょう。

③お相手への希望

・お相手への希望
・相手希望年齢
・相手希望地域
・相手家族同居
・自分家族同居
・結婚後子供は?
・養子について
・再婚者との結婚

基本的にお相手はここをチェックして、自分が条件に当てはまると思ったらお申込みをされます(いちかばちかで条件外でも申し込みされる場合もありますが)。
そのため、あまりにもお相手を限定するような設定にしてしまうと、それだけで申し込みをされる確率が下がってしまいます。
女性の場合、希望する男性の年齢はプラスマイナス5歳くらいで設定される方が多いのですが、上は10歳くらい上までで設定しておくと、ぐっと申し込みされる確率が上がります。
同居や子ども、再婚者との結婚などの項目については、正直に書いておかないと後々トラブルになる可能性がありますので、しっかり記載しておきましょう。

④趣味・趣向など

・出身地/国籍
・婚暦
・離婚理由
・子供
・趣味
・資格
・本人資産
・その他資産
・お酒/たばこ
・宗教/宗教名

趣味については、いかにも私生活が派手そうと思われるようなものや、スピリチュアル系なものなどは書かない方がよいでしょう。また、本当に得意なら書くべきですが、それほど得意じゃないのに、男性ウケをねらって料理が得意などと書いてしまうと、後々苦労しますので注意してください。
それ以外の項目については、該当する項目は嘘偽りなく記載してください。離婚理由は死別以外の場合は、ここでは詳細に書く必要はありません。

⑤家族構成

父母、兄妹の簡単なプロフィールを入力する欄です。


選ばれるプロフィール作りのポイント

①写真はプロのカメラマンに撮影してもらう

女性の場合特に大切なのがプロフィール写真です。男性の場合、写真と年齢がだけをチェックして、細かいプロフィールを見ないでお見合いを申し込む方が多いのです。
お相手検索をして、お相手一覧で表示される項目は、写真と年齢、職業、学歴、担当カウンセラーからのPRコメントのみです。ここで男性にいいな、と思ってもらえないと、あなたが苦労して作成した詳細なプロフィールを見てもらうことができません。
外見でなく、内面を見て欲しい!と思うのであれば、矛盾しているようですがまず外見をしっかり整えておく必要があるのです。

お見合い写真専門の写真スタジオならば、ヘアメイクをしっかりセットしてくれる他、より美しく見える角度や立ち方などもアドバイスしてもらえます。
あなた自身も知らなかった魅力を引き出してもらえますので、ぜひ専門のスタジオで撮影しましょう。結婚相談所が提携するスタジオがある場合は、一般客よりもお得な金額で撮影することも可能です。

選ばれる写真のコツについては以下記事も合わせて参照ください
好感度アップのためのお見合い写真 女性編

②自虐、上から目線はNG

自己PR欄やお相手希望欄において、ご自身のアピールをするどころか自分を下げてしまっている人、自分のステータスに自信があるためか、ずいぶん上から目線になってしまっている方がいます。

例えば、
自分はどちらかというと太目で、自分に自信がないのですが…
最初に勤めた会社でうつになってしまい、それ依頼人付き合いが怖くなって家事手伝いをしています…
私は大卒で、現在〇〇の仕事をしており、お相手の男性はそれ以上のステータスの人と出会いたいと思っています…

これらは、正直に書かれているのかもしれませんが、ネガティブすぎる要素が書かれていると、そもそも会いたい!とは思ってもらえないでしょう。
後者については、自分のステータスを鼻にかけて、それ以外の方を見下しているようにも感じてしまいます。

結婚相談所で活動されている方は、結婚に対して明るい未来を期待して活動されていることでしょう。よって、その出会いの第一歩であるプロフィールは基本的に明るくポジティブが基本です。
あえてご自身の体型に触れる必要はないですし、家事手伝いの言い訳をする必要もありません。自己PRなのですから、ネガティブな要素はポジティブに変換して書くようにしましょう。

ご自身がハイステータスの場合、出会いたい人を限定したい気持ちはわかりますが、ターゲット以外の方が不快に思うような書き方はよくありません。
ご自身の仕事を大切に思われているならば、仕事はずっと続けていきたい、そのことを理解してくださるような方を希望しています。位にとどめておくのが良いでしょう。

ご自身のコメントを逆の立場で読んでみて、会いたいと思うかどうか客観的に見つめなおしてみましょう。私が男性だったら選ばないな、と思うようなコメントは書かないことです。
書く内容に迷う場合は、アドバイザーに相談してみましょう。

③ご自身と同じ「うれしい!楽しい!大好き!」を共有できる人を探す

②の自虐もそうですが、これから人と出会おうとするのに、あれはダメ、これはダメと否定ばかりが書かれていたら、この人にぜひ会ってみたいという気持ちにはならないでしょう。
実際はそうでなくても、自己主張が強そう、一緒にいても疲れてしまいそう、というイメージを持たれてしまいます。
自分はこういうことが大好き、こんなことが楽しいと感じる、こういう人が好き、こんな家庭を作りたいと思っている、というようにご自身と同じ「うれしい!楽しい!大好き!」を共有できる人を探してください。

④女性は家庭的な面をアピールするのがポイント

恋愛ならば見た目の華やかさ、趣味やセンスの良さといったことが魅力的に映るのかもしれませんが、結婚相談所においてはむしろそのような華やかなイメージはマイナスに働くかもしれません。
男性が結婚相手として求めることは、親族に紹介しても恥ずかしくない育ちと常識を持ち合わせ、この人と結婚して、安心して家庭を任せることができるのか、一緒に暮らしていけるのかどうかということです。

そうなると、自然に自己主張の強い人よりは、柔らかで家庭的な雰囲気の方が好まれるのは自然と想像できることでしょう。
料理が得意、物作りが得意、子どもが好き、動物が好き、両親のようなお互いを尊敬し合える夫婦が憧れなど、家庭や結婚後が想像できるような要素を盛り込んでおくと良いでしょう。

⑤希望条件は限定しすぎない

結婚相談所に入会された以上は、どのような方と出会いたいかという理想は皆さんそれぞれお持ちでしょう。
女性の場合は、男性の年収と年齢についてそれぞれ目安とされている設定があるようですが、とても人数が少ないカテゴリーの方を設定されている方がいらっしゃいます。
妊娠、出産、子育てのライフイベントを考えるとき、男性側にある程度の年収がないと不安…という気持ちは分かりますが、例えば年収500万円を超える収入の男性は基本的に30代後半以上、さらに若いうちからある程度の年収がある方は結婚相談所に入らずとも結婚されています。
そのように考えると、ご自身が設定されている年齢と年収の男性がそもそも少なく、またその少ない方にお見合いのお申込みが殺到することは容易に想像がつくでしょう。
お見合いがなかなか成立しない…という方は、ご自身の設定があまりにも限定しすぎたものになっていないかどうか、見直してみると良いでしょう。
また、プロの婚活アドバイザーならば、会員さまのステータスに合わせて、どのような条件設定にするとお見合いにつながりやすいか、ということを熟知しています。
アドバイザーの意見を聞きながら、柔軟に設定を変えてみましょう。

 

いかがでしたでしょうか。お見合いがオンラインで行うことに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、オンラインで連絡先交換をしたら、交際後は当然対面で会うことになります。
最初のお相手との相性判断のステップとして、気軽に始めてみることをおススメします。
また、既にオンラインお見合いをしていて、なかなか上手くいかないなぁとお悩みの方はぜひ、こちらのポイントを実践してみてくださいね。
ステキな出会いにつながることをアドバイザー一同祈っています!

 

作成:2020.10/5(更新:2020.11/24

あなたにおすすめの記事