大阪の子育て、住環境をチェック!

結婚相談所での婚活に成功し、結婚が決まったら、次は住む場所を探す必要があります。もし大阪への移住婚を検討しているならば、住環境が気になるものです。この記事では大阪の住環境や子育て事情についてご紹介いたします。 大阪で新生活を検討されている方は、ぜひ参考になさってみてくださいね。  

大阪の住環境の基本

大阪とは一体どのような街なのか、基本的な情報について解説いたします。

①地価が高い

基本的に大阪は地価の高いエリアであると考えましょう。全国の政令指定都市の中では最も面積が狭くて、多くの人が住んでおり、土地が限られているため、地価が上がるのです。
西日本でトップの都市であり、たくさんの人が集まっていて、これからも地価は上昇していくでしょう。
そのため、基本的には大阪は家賃が高いと考えたほうがよいです。ただし、エリアごとに家賃相場は異なっていて、中に地価が安くて家賃の低いエリアも存在しています。

②交通アクセスが優れている

大阪はあまり広くないエリアであり、大阪から1時間程度で京都や奈良、神戸へ向うことができます。そのため、これらの周辺エリアから大阪へ通勤や通学している人も多いのです。
大阪は鉄道網が発展していて、地下鉄もあるため、日頃の移動は基本的に電車を利用すればよいでしょう。
新幹線が停車する駅はたくさんあり、伊丹空港を利用すれば飛行機で遠出することもできます。 基本的に関西圏は終電が早いため、その点は注意しましょう。
ただし、大阪にはタクシーがたくさんあり、料金は東京と比較すれば安くなっていて、お得な料金で利用できることが多いです。 車に関して一般的に大阪はあまり運転マナーが良くないとされています。
交通事故の件数は大阪が全国で2位です。大阪は基本的に道が狭くて、慢性的に渋滞に悩まされているエリアもあります。特に大阪都心で車を運転する場合は気をつけましょう。

③大阪は比較的穏やかな気候が続き過ごしやすい

大阪は気候が年間を通して穏やかです。冬はそれほど寒くなく、1月でも平均気温は7℃程度で過ごしやすいです。
ただし、夏は暑くなりやすく、8月は最高気温が30℃近くにまで上昇します。 大阪はあまり自然災害の多い場所ではなく、台風の時期であってもそれほど降水量は多くなりません。
冬は降水量が少なくて、雪が降るようなことはほとんどなく快適に過ごせます。 大阪の気候で気をつけるべき点は夏の暑さのみといえるでしょう。ヒートアイランド現象によって都心は特に暑くなりやすいです。

④大阪は子育て支援が充実している

大阪ではさまざまな子育て支援を実施しています。大阪市では子供の医療費の一部を助成しています。対象となる年齢は18歳までです。
大阪市では児童手当の給付を実施しています。3歳未満、小学校修了前、中学生に対してそれぞれ助成金を支給しています。ただし、所得制限が設けられているため注意しましょう。
大阪の待機児童は年々減っているため、子供を預けやすい環境が整っています。2010年以降では2020年は一番待機児童数が少なくなっているのです。

大阪の各地域の住環境まとめ

大阪のそれぞれの地域について、住環境や子育てのしやすさなどをまとめました。

・淀川区

北海道で素敵な夜景を見たいのであれば、函館山展望台が定番のスポットです。ロープウェーで登ることができて、周囲の素敵な眺望を楽しむことができます。
デートで定番のスポットとなっていて、函館市街から函館港まで見渡すことができます。
函館の夜景は日本の夜景スポットのな事前に計画を立てて最高の北海道デートを楽しもう!

北海道にはデートで訪れるのにおススメできるスポットがたくさんあります。 婚活中のデートは絶対に成功させなければいけません。
特に気に入った異性とのデートは成功させないと今後の付き合いに影響します。
ぜひ、この記事を参考にして北海道の素敵なデートプランを考えてみてくださいね。

・北区

大阪市の北区は梅田があり大阪の中心的な場所です。梅田駅は大型商業施設が集まり、常に多くの人がいる場所です。
そのため、北区の治安は市内ではかなり悪い方なのですが、基本的に犯罪は歓楽街で起きているため、駅を離れて住宅街へ進むと治安はそれほど悪くないです。
北区の中では大江橋駅や南森町駅、渡辺橋駅などが歓楽街から離れていて、静かで落ち着いた街並みが広がっており、安心して住めるエリアといえます。梅田駅や大阪駅周辺は人が多くて治安が悪いため、住むことはおすすめしません。 北区は家賃相場が2LDKから3LDKで15~20万円ほどあります。大阪の中心地であり、家賃はトップクラスに高いです。
買い物やグルメなどは利便性が高く、繁華街や歓楽街へ行けばさまざまな用事を済ませられるでしょう。電車やバスなどの交通機関は発達していて移動しやすいです。
区内には公園がたくさんあり、幼稚園や保育園、小学校なども充実しています。大きな病院もあり、子育てには困らないでしょう。北区には特に目立った高校はないのですが、アクセスが便利なため、近隣の区にある高校へ通学させやすいです。

・天王寺区

天王寺区は天王寺駅と阿倍野駅を中心に発展しています。これらのターミナル駅の周辺には商業施設がたくさんあり、多くの人が集まる場所です。
そのためあまり治安はよくないのですが、駅から離れると基本的に静かな住宅地が広がっていて治安はよくなります。
天王寺は区内に多くの商業施設があり、商店街も形成されていて衣食住に不自由しません。少し歩くだけでも難波や日本橋といった近隣エリアへ行けるため、アクセスも便利です。
天王寺は大阪における代表的な文教地区として知られています。天王寺高校や高津高校、大阪星成学院高校、四天王寺高校などがあり、どれも大阪市内のトップクラスの高校です。
さらに、天王寺中学校や夕陽丘中学校など中学校も教育レベルが高いと評価されています。小学校も質が高いと評判であり、全体的に学校レベルが高いため、子供のために引越してくる家庭も多いです。
天王寺には公園がたくさんあり、きちんと整備されていて、遊具も充実しているため、子供を遊ばせやすいです。区内には小児科がたくさんあるため、小さい子供を育てやすい場所です。
家賃相場は2LDKから3LDKで12万円から15万円程度です。そのため、家賃相場は高いのですが、かなり利便性が高く、教育レベルも優れていることを考えると魅力的なエリアといえます。

・東大阪市

東大阪市は大阪府の中央に位置しています。大阪市と西側で接していて、基本的に住宅地が広がっています。町工場が多いのが特徴であり、花園ラグビー場があるためラグビーのまちとしても有名です。
東大阪市はスーパーがたくさんあり、商店街も形成されていて、大型の商業施設にも恵まれます。飲食店も豊富にあり、買い物からグルメまで東大阪市の中だけで十分満足できる環境です。 市内には生駒山があり、自然が豊富です。夏は緑が萌えいづる様子を楽しめて、秋は紅葉を満喫できます。
桜の名所とされるエリアも豊富にあり、常に自然に触れられるため子供の教育に良いです。 保育園や幼稚園、小学校から高校まで数多く存在しています。
待機児童はほとんどなく、安心して子供を預けられます。学習塾や予備校などは多く、子供の受験をしっかりと応援できます。

・吹田市

吹田市は住宅地と商業地がバランス良く存在するエリアです。特に交通利便性に優れていて、市内には5つの鉄道と15の旅客駅があります。
高速道路も通っていて、大阪市内や神戸など周辺地域へのアクセスが良好です。そのため、吹田市から周辺地域に通勤や通学している人はたくさんいます。
吹田駅から大阪駅まで9分、梅田駅まで17分、京都駅や三宮駅までは約30分でアクセス可能です。 吹田市は自然が豊富に残されていて、市内には都市公園がいくつも存在しています。
休日は子供たちを公園に連れていき楽しく遊べるでしょう。 児童館や児童センターが充実していて子育てしやすい街です。幼稚園や保育園、公立の学校は充実していて便利です。
高校は北野高校や茨木高校、千里高校などレベルの高い学校へアクセスしやすいです。 吹田市は2LDKから3LDKの平均家賃が10万円程度です。そのため、大阪都心と比較すると家賃は低くなっています。
利便性の高い土地で家賃が安いため、とても人気が高く、移住してくる家族は多いです。

・豊中市

豊中市は郊外住宅地として発展してきたエリアであり、住宅地が広がっていて、治安はよく、暮らしやすい場所です。スーパーやドラッグストア、商店街などがあり、日用品の買い物に困ることはありません。電車は便利であり、大阪の中心部まで1時間もかけずにアクセスできます。
緑地公園があり、自然が豊富なエリアです。 豊中市は家賃相場が安く、2LDKで8万円、3LDKで10万円程度が平均相場となっています。ファミリーで暮らしたい人にとっては、家賃を抑えて、充実した環境で過ごせるため、とても魅力的です。
教育レベルはとても高く、学校教育に力を入れていて、公立学校はどこもレベルが高いです。子育て支援が充実していて、安心して子育てすることができます。
塾や予備校などもたくさんあり、子供の教育をしっかりとサポートできるでしょう。  

大阪は魅力的な街がたくさんある

大阪には大阪市内だけでも多くの区があり、さらに周辺にも個性豊かな都市があります。
それぞれの地域ごとに良し悪しがあるため、自分たちの希望する条件を満たすエリアを見つけることが大切です。 この記事を参考にして大阪でこれからどこで暮らすのが良いのかお二人で検討してみましょう。  

作成:2019.4/22(更新:2021.1/8)

あなたにおすすめの記事