初心者必見!オンラインお見合いマニュアル

結婚相談所のお見合いとして主流になった「オンラインお見合い」。興味はあるけど未経験、これから結婚相談所へご入会される方に向けて「オンラインお見合い」の流れややり方、注意点などについてご紹介いたします。
「オンラインお見合い」初心者の方はぜひ参考になさってくださいね。

オンラインお見合いに必要になるもの

オンラインお見合いは、ほとんどの相談所でzoomというビデオ通信アプリが使用されていますが、相談所によっては違う通信アプリが使用されている場合もあります。
今回はzoomを使ったオンラインお見合いのパターンでご紹介いたします。

①PC、スマホ、タブレット端末など

まず、オンラインで行うお見合いなのですから、PCやスマホなどのデバイスがなければ始まりません。友人同士と気軽に話す程度ならスマホで十分ですが、お見合いの場として使用する場合はPCやタブレットをお持ちの方はそちらをメインで使用することをおススメいたします。
スマホだとカメラの位置が低くなりがち、カメラの性能はそこそこ、お相手の顔もスマホ画面で見ることになるので小さくてよく分からない、など結婚相手を決める出会いとしては、あまりふさわしい環境とは言えません。
スマホしか持ってないのであれば仕方がありませんが、それ以外の方はある程度の大きさの画面のデバイスを用意しましょう。

②zoom

「オンラインお見合い」を実施するデバイスを選んだら、「zoom」という通信アプリをダウンロードしてインストールします。
「zoom」は無料で配布されていますので、スマートフォン、タブレットの場合、iphoneはAppストアで、androidはGoogle Playより検索してインストールしておきましょう。
PCの方はインストールしていなくとも、相談所から送付されるURLにアクセスすることで接続することが可能です。

③インターネット通信環境

インターネット通信環境を整えておくことも大切です。オンラインお見合いで接続状況が悪くて、途中で切れてしまった、または極端にアクセスが遅くなって、音声や映像が乱れるでは、お相手もイライラしてしまいますし、いい評価をしてもらえないでしょう。
ご自宅では無線LANを使ってネットされることが多いと思いますが、PCの場合はできるだけ有線で接続する、スマホやタブレットの場合は、一番通信が安定する場所で接続するなどの工夫をしましょう。

④WEBカメラ、ヘッドセット、ライティング、スマホ使用の場合は固定するスタンドなど

せっかくプロフィール写真は気合を入れてプロのカメラマンに撮ってもらってお見合いが成立したのに、カメラ映りが悪くてお断りでは勿体ないですよね。
PCやスマホ、タブレットには内臓のカメラやマイクが入っている場合もありますが、よりお見合いで自分を良く見せようと思うのであれば、別に購入して接続するのがおススメです。
今は比較的安価で高機能WEBカメラを購入することが可能です。ネットで予算に合わせて検索してみましょう。
また、カメラの位置は目線よりも高めが鉄則ですが、スマホの方の場合、自宅にある本や棚を積み上げてスマホを設置した結果、お見合い中にうっかり本に手が当たってスマホが落ちてしまったというアクシデントも発生しています。
お相手がヘッドホンをしている場合、大きな音は耳に響きますので、そのような失態がないように、きちんと固定できるスタンドなどを購入しておきましょう。

⑤バーチャル背景のダウンロード

こちらは必須に必要なものではありませんが、自分の部屋があまりキレイじゃない、部屋が映ることに抵抗がある、という方はおしゃれなバーチャル背景を表示するという手もあります。
バーチャル背景は、人物だけを切り抜いて背景だけを設定した画面に差し替えてくれる便利機能です。派手なものやご自身の趣味全開なものは避け、なるべくセンスがよくてシンプルなものを選びましょう。

オンラインお見合いの流れ

準備が整ったら、いよいよオンラインお見合いの開始です。流れをしっかりチェックして当日慌てることがないようにしましょう。

①双方でオンラインお見合いの合意

まずお見合い日時が決定した後、双方が「オンラインお見合い」を希望することで成立します。現状は対面とオンラインの双方が選べるようになっていますが、公務員の方、医療や福祉関係にお勤めの方などはオンラインを希望される方が多くなっています。
秋になって第三波の懸念も出てきた中、これからまた「オンラインお見合い」を希望される方が増えていくことでしょう。

②招待URLにアクセス

「オンラインお見合い」が決定したら、担当のアドバイザーより、zoomに接続するための招待URLが送信されます。
招待URLにアクセスして、「オンラインお見合い」の時間10分前には、接続して待機しておきましょう。また、待機中は必ず音声と画面をオフにしておきましょう。

③待機中に設定の変更

待機している間に以下2つの設定を完了させておきましょう。

 1.「参加者」にあるご自分の表示名を苗字に変更 ※お相手には苗字しか開示されていないので、フルネームは入れないこと
 2.バーチャル背景をダウンロードしている人は設定

④開始時間になったら、担当アドバイザーより紹介

「オンラインお見合い」開始時間になったら、画面と音声をオンにしましょう。アドバイザーよりお二人の簡単な紹介とお見合いの流れについて説明させていただきます。
アドバイザーはご自身か、お相手側のどちらか1名が担当します。説明が終わったら、アドバイザーは部屋からいったん退室し、お二人だけでお見合い開始となります。

⑤お見合い開始

お見合い時間は40分~1時間程度としているところがほとんどです。40分間のお見合い時間を効率的に時間を使うためにも、ある程度話す内容や話題を決めておくと、当日慌てずにすみます。
カメラが映らない所に話題メモを置いておくのも有効です。対面のお見合いでメモを見ながら話すなんてありえませんが、オンラインお見合いなら可能です。(ただしあまりチラチラ見すぎないこと)

⑥お見合い終了

お見合い終了時間になったら、アドバイザーが再度入室して終了のコールをします。
終了後は、ミーティングルームから退室をして、お見合いは終了となります。

⑦お見合いの返答

今日の「オンラインお見合い」の結果について、ご自身のマイページから返答をします。お話した結果ぜひお付き合いしたい!と思ったのなら「連絡先交換」、残念ながらないな…と思われたのなら「お断り」の通知をします。
素敵な人だな、お付き合いしたいなと思われたのなら、なるべく早めの返事をおススメいたします。双方が「連絡先交換」を選択すると“交際成立”となります。

⑧お付き合いスタート

双方が「連絡先交換」を選択すると、交際スタートとなります。プロフィール検索~オンラインお見合いまでは、オンラインで行ってきましたが、ここでやっとデートの約束をして対面で会うことになります。
リアルで会ったとたん、気持ちが冷めてしまった…ということがないよう、しっかり対策をして挑みましょう。担当のアドバイザーとも一緒に作戦を立ててみてもいいかもしれませんね。

オンラインお見合いの注意点

いくら「オンラインお見合い」が自宅からリラックスして実施できるお見合いだとしても、守るべきマナーはしっかりと守りましょう。

①時間厳守

対面のお見合いでもそうですが、約束の時間を守ることは最低限のルールです。すぐに接続できるからギリギリでも大丈夫…と思っていたら、その日に限って接続状況が悪くて接続に手間取り遅刻してしまった!という方がいらっしゃいます。
なにごとも、何かあってもリカバリーできるように、余裕を持って行動することが大切です。

②服装、身だしなみを整える

「オンラインお見合い」というと、自宅でリラックスしてできるのが魅力!と色々なサイトで紹介されていますが、それは気持ちの面でのことであって、服装や身だしなみが緩くてもいい、という意味ではありません。
「オンラインお見合い」でもお見合いはお見合いです。男性はスーツである必要はありませんが、双方オフィスカジュアルの服装がふさわしいでしょう。あまり薄い色の服だとぼんやりしてしまいますので、羽織物やジャケットなどでメリハリをつけるのがおススメです。
また、映るのが上半身だからといって下半身がヨレヨレの部屋着というのもおススメしません。お見合い中にコーヒーをこぼしてうっかり立ち上がってしまった時に、上はビシッとしているのに、下は半ズボンという姿をさらしてしまった…という方もいらっしゃいます。
上下ともきちんとした服で整えておきましょう。女性はカメラ映えするように、メイクをしておきましょう。ライティングなどを使うとナチュラルメイクだと色が飛んでしまう場合もありますので、事前にカメラチェックしてカメラ映えするメイクを研究しておきましょう。

③静かな場所で、生活音や雑音に配慮する

殆どの方はご自宅で実施されると思いますが、驚くことにどこかのカフェからアクセスされたケースもあります。そうなるとあなた側の音声がONになるたびに背後の音も拾ってしまい、お相手はあなたの話に集中できなくなります。
ご自宅で余計な雑音が入らない環境を用意するようにしましょう。また、ご自宅でも他のご家族がお住まいの場合、ついうっかり声が入るということもありえます。お見合い中は静かにしていてもらうように話しをしておきましょう。

いかがでしたでしょうか。色々ルールがあって大変そうだな…。と思われたかもしれませんが、1,2回体験すればすぐに慣れることができ、その便利さに気付いていただけると思います。
まずは、挑戦してみるところから始めてみませんか。

 

作成:2020.10/26(更新:2020.11/17)

あなたにおすすめの記事