結婚相談所では複数の相手と同時に交際ができる?

結婚相談所に入会をしたのはいいけれど、早くお相手を見つけて退会したい。そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか?
結婚相談所では、よく「仮交際」や「真剣交際」などという用語を耳にしますが、どういう意味があるのでしょうか?また、1人とお見合いしてNGだった場合、次の相手探しをどのようにすればよいのか分からないですよね。
今回は、結婚相談所でどのように交際をしていくのかをご紹介します。

■結婚相談所での交際について知ろう

結婚相談所ではどのような状況になれば交際、退会に繋がるのでしょうか?
結婚相談所では「仮交際」や「真剣交際」という言葉をよく耳にしますが、そもそも真剣交際は分かっても交際に「仮」ってなんなんだろうと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?
一般の交際の認識のままでいるとトラブルになってしまうこともありますので、注意が必要です。一般的な「交際」と結婚相談所の「交際」とは意味が大きく異なるので、それを理解しておくようにしましょう。曖昧な認識のままで登録をすると、思わぬトラブルを招いてしまうので注意しなければなりません。

■結婚相談所の複数交際について

結婚相談所では複数交際が当たり前って本当?とそんな疑問を抱く方もいらっしゃるでしょう。結婚相談所に登録している会員が、複数の異性と交際をするケースが珍しいことではないと認識しておくとよいでしょう。ただし、一般的な交際でも「浮気」や「二股」と意味が異なる交際となりますので、注意が必要です。
結婚相談所で複数人と交際ができるのは、「仮交際」と呼ばれる期間のみになり、「真剣交際」は通常の交際と同じようにお相手を1人に絞って進めるのが主流。
結婚相談所の複数交際とは、結婚に向けてすすめる相手を1名に絞るために必要な工程ともいえますので、悪いイメージを持たないようにしましょう。

■結婚相談所の仮交際と真剣交際の違い

一般的な結婚相談所の交際は、「仮交際」と「真剣交際」の2つとなります。自分がどちらの「交際」かによってお相手との付き合い方や関係性が変わりますので、しっかりと意識しておきましょう。

・仮交際

交際とは呼ばれているものの、お互いの相性を見極めるための期間です。いわゆる「お試し期間」と認識してOK。仮交際の相手は恋人ではありません。本格的な交際に発展させるための準備期間で、デートや食事を通して親交を深める期間と認識しておくと良いでしょう。一般的な結婚相談所では、お見合い後に「もう少し相手のことを知りたい」となったら仮交際に発展するケースが主流です。

・真剣交際

一方、真剣交際は、仮交際の次の段階といえます。仮交際との大きな違いとしては、「相手を1人に絞る」「結婚を前提とした交際」ということになります。
結婚相談所によって、真剣公開開始から、半年ほど経過すると成婚退会ということもありますので、きちんと定義やルールを確認しておく必要があります。

■結婚相談所で複数交際のメリット・デメリット

結婚相談所のシステムをうまく活用するには、複数交際におけるメリットとデメリットの両方を理解しておくようにしましょう。

【メリット】

1.効率よく理想的な結婚相手を探せる

結婚相談が婚活の効率をぐっと高めるのは、複数交際の最大のメリットであるから。複数交際をすると同時進行でさまざまな異性と相性があうか確認することができますので、短期間で理想的なパートナーを探しやすくなるでしょう。
仮に交際相手を1人に絞ってしまうとその交際がうまくいかなかった時に多くの時間が無駄になってしまうことになりかねません。結婚相手を決めるまで、効率よく進めたいと言う方は、複数交際をしておくことで、常にパートナーの候補を残すことができます。
もし、ひとつの出会いがうまくいかなかったとしても、大きなダメージには繋がりにくいメリットがあります。

2.希望条件を見直すきっかけに

複数交際をするとさまざまな異性の価値観や結婚観に触れることができます。それをきっかけに自分が希望する条件を見直す方も少なくありません。
婚活を行う際、最初に設定した希望条件に固執してしまう人が多いのですが、固執し過ぎていると理想のパートナーと出会うことが難しくなってしまうこともあります。状況に応じて希望条件を見直すことができれば、婚活成功へも道のりも遠くありません。
複数交際は条件を見直すきっかけも与えてくれるので、うまく活用すれば理想のパートナーと出会う可能性が大きくなります。

3.自分の評価が客観的にわかる

複数の異性から、自分の客観的な評価を聞ける点も複数交際ならではのメリットだといえます。客観的な評価と冷静に向き合うことで、自分を磨くことことに繋がり、より理想的なパートナーと出会える確率が高まります。
普段、自覚していなかった長所や短所に気づける機会はそれほど多くありません。仮にあまり良くない評価を受けたとしても、反省や改善をすれば幸せな結婚に着実に近づけるため、相手からの評価は真摯に受け止めるようにしましょう。

【デメリット】 

1.お相手に悪印象につながる恐れがある

複数交際をしているということをお相手には伝える必要はありません。しかし、何気ない言動から複数交際をしていることがお相手に伝わると印象が悪くなる可能性も0ではありません。結婚相談所のルールとして問題はありませんが、実際の相手が複数交際をどう受け止めるのか人によって千差万別。場合によっては「自分は大勢の中の1人」と感じる人もいますので、複数交際はオープンにしておくか極力相手に知られないようにするか注意が必要です。

2.婚活疲れしてしまう場合も

複数交際とは、多くの異性と同時進行でやりとりやデートを重ねます。ですからどうしてもスケジュール管理が大変になり、忙しい思いをすることも。人によってはこういった忙しい状況にストレスが溜まり、「婚活疲れ」の状態になってしまう方もいます。
また、相手のスペックをほかの異性と混同したり、各相手との関係性を把握しきれなくなったりなど、致命的なミスが生じやすくなる点も複数交際のデメリット。特に普段から仕事が忙しい方は、自分のスケジュールを強く意識して交際人数を設定する必要があります。
このように婚活疲れに大きな不安を感じている方は、結婚相談所のサポートを受けるとよいでしょう。専任のアドバイザーがさまざまな状況を加味した上でしっかりとフォローしれくれます。

■結婚相談所で複数交際するのに向いているのはどんな人?

複数交際に向いている人の特徴は「自分自身のスケジュール管理ができる」「交際人数や交際期間のコントロールがうまくできる」というような人。婚活疲れを防ぎ、仕事なども意識しつつ、無理のないスケジュールを組む必要があるので、交際人数や交際期間などは無理のない範囲でしっかりと線引きをし、精神的にも負担をかけないように心掛けたいものです。
逆に次のような人は、複数交際に向いていないので、注意が必要です。
「仕事が忙しく、婚活に充てられる時間が少ない」「何事もひとつのことをダラダラと続けてしまう」
複数交際は少なからず、心に負担やストレスを与えかねません。普段から忙しいという人は、そもそも複数交際ができませんので、無理をしてスケジュールを組もうとするとそれだけで婚活疲れのリスクが高まりかねませんので注意しましょう。
さらに、ひとつのことをダラダラと続けてしまうような方も複数交際には注意が必要です。交際を進める中で、相手への配慮を欠いたり、真剣交際の相手を絞れなかったりしてしまうこともあるでしょう。

■結婚相談所で複数交際するときの注意点

結婚相談所での複数交際は当たり前とはいえ、複数交際をする際には、いくつか注意点があります。効率よく、婚活をしたいといっても安易に人数を増やしてしまうと思わぬトラブルに発展してしまうこともありますので、注意すべき点についても必ずチェックしておきましょう。

1.婚活費用がかさむ

複数交際の制度を利用して、人数を増やしていくとその人数に応じ、婚活にかかる費用がかさんでいきます。食事代や娯楽費などが発生することをしっかりと認識しておきましょう。交際人数が多くなり、会う機会が増えれば当然交通費も発生します。その交通費が意外と大きな出費になり、その後の婚活に支障をきたすということもあります。
結婚相談所は、婚活パーティーやマッチングアプリなどに比べ、費用の面でも高いのが特徴です。
また、実際に結婚が決まれば、結婚式や新婚旅行、新居の準備などにも大きな費用が発生します。そのことを念頭におき、婚活費用を常に意識しておきましょう。

結婚相談所は料金が高額であるため、登録している人の多くは真剣に結婚を考えています。そのため、本来は軽い気持ちで交際人数を増やすべきではありません。また、交際相手によって態度を変えないことも極めて重要なポイントになります。この点については、複数交際を希望する方は、最低限守っておきたいマナーです。
深刻なトラブルに発展してしまうこともありますので、複数交際をする以上はどの相手とも真摯に向き合うことが大切です。あまりにも言動がひどい場合、結婚相談所によっては会員規約に抵触してしまう可能性もあり、その際にペナルティを受けてしまう恐れも。

結婚相談所では、基本的に複数交際が認められていますので、効率よく婚活を進めたいという方におすすめです・ただし、サポート内容はサービスごとに異なるので、資料請求や入会説明をしっかりと確認し、自分にぴったりの婚活スタイルを見つけておくことをおすすめします。

 

作成:2018/10/1(更新:2021.2/2)

あなたにおすすめの記事