婚活でタブーとされる話題 vs お相手が乗ってきてくれる話題

婚活やお見合いでは、お相手と話を盛り上げるにはどうしたらいいか、どんな話題を振ったらいいか、とても悩ましいです。
婚活での会話は、友人とたわいもない話題で笑い合うのではありません。結婚を前提に考え、お相手の人柄や価値観やフィーリングを感じ取り、将来図が描けるかどうかを把握するために会話をするのです。
こちらでは婚活でタブーとされる話題やお相手が乗ってきてくれる話題をご紹介します。
この基本を押さえて、その時に出た話題も上手く取り入れつつ、お相手との会話のキャッチボールを楽しめれば、お相手からの好感度は確実に上がります。

 

婚活でタブーとされる話題6選

婚活では、話したいこと・聞きたいこと=しゃべってよいこと、とは限りません。お相手の性格・人格を知りたいという前提の上で会話をする必要があります。

【1】悪口・愚痴・ネガティブ発言

「はじめまして」の次に、いきなり会社や上司の悪口、親戚や近隣住民への愚痴を話し出したら、お相手はどう思うでしょうか。
この人とお付き合いしても、話が終始悪口や愚痴だったら、一緒にいて楽しくないだろうと感じるでしょう。これではあなたは選ばれません。
ここはあくまでも婚活の場です。お相手を知り、自分を知ってもらうために会話をするのです。
これは女性にありがちなので特に気を付けるべきです。男性から見ると、「会社を辞めて結婚に逃げたいだけなのか」「親族や近隣住民と距離を置きたいだけなのか」と思われてしまうでしょう。
男性が「そんな時はこうすれば解決するのでは?」と助言しても無駄。女性はただ話を聞いて欲しいだけなので、結論は求めていません。
悪口・愚痴・ネガティブ発言は婚活の場ではご法度です。気の置けない友人同士の話にとどめましょう。

【2】年収などのスペックに踏み込む

婚活は結婚相手を探す活動ですから、お相手のスペックはとても気になります。しかし最初からスペックに関する質問ばかりされたら、「この人は自分という人間と結婚するのではなく、条件やスペックと結婚するのか」と気分を害するでしょう。
婚活では条件はスペックも見極めたいですが、お相手は感情を持った一人の人間ですから、まずはお相手の人柄や性格を知るところから入るべきではないでしょうか。
婚活やお見合いでは、「プロフィールに書かれている以外のこと、つまり価値観やフィーリングといった文章では表現しきれないことこそ重要視すべき」と言われます。
これも女性にありがちで、初対面のお相手なのにいきなり年収や貯蓄額、長男かどうかなどを聞く人がいますが、大変失礼にあたるので、気を付けましょう。

【3】過去の婚活歴や同時並行中か

お相手が過去にどれくらい婚活やお見合いをしてきたのかはとても気になるところです。なぜなら、婚活歴が長いほどお相手から選ばれていない、という不名誉な意味と取れるからです。
ですから、お見合いは何回目か、真剣交際まで進んだ人はいたのか、なぜ破談になったのか、自分以外に平行して関わっている異性がいるかなどの質問はしてはいけません。
婚活歴が長い人はなかなか良縁に恵まれないからであり、これは当の本人も気にしていることが多いのです。
また、真剣交際に発展したのにプロポーズに至らなかったことで過去の自分を振り返り、学習しているかもしれません。
今まさにあなたに対しては同じ失敗を繰り返さないように、慎重になっているかもしれないのです。
まずは過去のことは聞かず、気になっても一旦脇に置き、今目の前にいるお相手と真摯に向き合うことが求められます。

【4】政治・宗教・民族・人種など

政治や宗教の問題、民族や人種について関心を持つことは社会人としては大切なことです。しかし婚活の場ではふさわしい話題ではありません。
もしお相手がA政党の支持者で、自分がB政党の支持者であった場合、知らずにA政党を悪く言ったらお相手は気分を害するでしょう。
同じく、自分とお相手が信仰している宗教が違うことだってあります。
日本は単一民族であり、人種に関することは普段からさほど話題に上がらなかったかもしれません。しかし、現代の日本では海外にルーツを持つ人が多く生活しており、関わることもどんどん増えてくるでしょう。
その人のルーツを知らずに差別的な表現をしてしまったらお相手は大変傷つきます。
これらについては、お付き合いを重ねれば徐々に分かってくることです。また現代では夫婦で異なる政治観や宗教観を持つことはよくあることです。

【5】過去の武勇伝や自慢話に終始する

自分を良く見せたいからといって、過去に体験した武勇伝や自慢話に終始していたら、お相手からは愛想を尽かされてしまうでしょう。お相手はあなたの過去を知りたいのではなく、今現在を知りたいのです。
お互いに初対面のお相手ですから、最初は気分を害さないように気を使い、「すごいですね」「大変でしたね」「さすがですね」などと返してくれるかもしれません。しかし、度が過ぎると相手は聞いていて疲れてしまいます。さらに、「そんなにすごい人がどうして婚活しているの?お見合いしているの?」「とっくにお相手が見つかっているはずでは?」と不信に思うでしょう。
本当に能力のある人は他人に自慢話などしないものです。虚勢を張っているのは、自信の無さの表れかもしれません。

【6】身体的な特徴をつく

お相手の身体的特徴について、自分は褒めているつもりでも、お相手は気にしており、セクハラととられることもあります。
男性に「ガッチリしていて素敵ですね」と伝えても、本人はぽっちゃりしていることを気にしているかもしれません。また「細身でモデルさんみたいですね」と伝えても、本人は痩せていることがコンプレックスかもしれません。
女性に「スタイルがいいですね」と伝えても、お相手は体型をじろじろ見られているのかと感じ、いい気分はしないでしょう。また、背が低いことを「小柄で可愛らしいですね」と伝えても、背が低いことがコンプレックスの女性は多くいます。
外見的な特徴は話題にせず、人柄や内面などを見るようにしましょう。

 


婚活でお相手が乗ってきてくれる話題5選

婚活の会話は最初に「趣味はなんですか?」「休日はどんな過ごし方をしていますか?」から入ることが多く、一通り返答するとその次の話題に困るケースが多いです。
さらに話題にしてはいけないことが頭の中をめぐっていたら、積極的な会話ができなくなってしまうかも・・・そんな人におすすめの話題の広げ方はこちらです。

【1】出身地の名産品や特産品

婚活では出身地はについて質問するのはよくあることです。もしお相手の出身地が分かったら、知ってる範囲でその地の名産品や特産品の話を振るといいでしょう。
例えば山梨県出身のお相手だったら、「ほうとうの歯ごたえって独特ですよね」「近所から桃がタダでもらえるって本当ですか?」など。
勉強することで得た知識ではなく、小さいころから自然と見聞きしてきたことは、実体験に基づいた話がしやすく、お相手も体験談のように話してくれるでしょう。

【2】出身地の有名人

その地域出身の有名人を知っていたら話題に挙げてみましょう。同じく山梨県の場合、「中田英寿さんは今どんな活動をしているのですか?」「THE BOOMの宮沢和史さんて沖縄出身じゃないんですよね」など。
元々頭の中にある知識として蓄えていることについて話題を振れば、お相手は気持ちよく会話に乗ってきてくれるでしょう。
時には「自分は出身高校が○○と同じなんです」と思い出したように話してくれるかもしれません。

【3】好きなタイプの芸能人

これは、お相手のことがとても気に入り第一希望に書こうと思っている場合、ぜひ話題にしてほしい内容です。
好きなタイプの芸能人は、付き合いたいとか結婚したいとかではなく、その人の夢やファンタジーの中の話。自分に都合よく清く仕立て上げて美化しています。
一般的に婚活で求められる、「安定した仕事についているか」「家事ができるか」「家族を大切にするか」ではなく、単なる憧れの存在であり、その人の笑顔や雰囲気、教養や品性が好きなのです。
しかし、ここには大きなヒントが隠されているので、あなどってはいけません。
お相手が挙げた芸能人について、服装や髪形、女性の場合メイクなど、参考にできるところはたくさんあります。
お相手はあなたの第一印象に好きな芸能人を重ねていることもありますので、もっと気に入られたいと思うのなら、少し研究して真似してみてはいかがでしょうか。

【4】食べ物やお酒の話

普段どんな食事をしているのか、好きな物はいつ食べるのか、毎朝のルーチンはあるのか、コンビニで気になっているものはあるかなど、食べることに関する話題は尽きません。
お米派なのかパン派なのか、麺類はうどん・そば・パスタどれが好みか、お酒はビール・ワイン・ウイスキー・焼酎・日本酒・・・その人の食習慣が垣間見れて、一緒に生活したらどうなるのかが想像できて興味深いです。
行きつけのレストランや定食屋も聞いてみましょう。「とても気に入っていていつもお取り寄せしているものがあるんですよ」などと教えてくれるかもしれません。
食べ物の話はどんどん広がるので話題は尽きないでしょう。

【5】仕事で困った話

「どんな関係の仕事をしていますか?」は婚活ではよく交わされる会話であり、無難な受け答えに終始してしまいます。
ここで一歩踏み込んで「最近困ったことはありますか?」と聞いてみてはいかがでしょう。
お相手について、成功体験や手柄話よりも困ったことや失敗談、無茶ぶりなどを聞いてみるほうが、その対処の仕方から性格がより分かりやすく現れたりするものです。
周りからどの程度信頼されているのか、部下がいるのかなど、その人の伸びしろも感じられるかもしれません。

 

 

作成:2020.8/3(更新:2020.11/5)

あなたにおすすめの記事