結婚相談所の噂のウソとホント

結婚相談所に入会しようか、しまいか迷っている方は、入会の前におそらく色んな結婚相談所のサイトを見られたり、口コミサイトの評判などをチェックされたりしたと思います。
そこで書かれていることを見ていると、情報が多すぎて結局どれがウソでホントなの?と分からなくなったり、悪い噂ばかりが目についてやっぱり怖いからやめておこう…と思われたりしているのではないでしょうか。
ネットで書かれていることは、ウソもホントのこともどちらも真実であるかのように書かれています。今回はよくある結婚相談所の噂について、アドバイザーからお答えさせていただきます。

噂その1 サロンに来店したら契約するまで帰してもらえない

最も多くみられるのがこれです。エステなどの勧誘同様、結婚相談所に無料相談に行ったら、執拗に入会を勧められ、その場で入会契約書にサインするように迫られた、断ったら一生結婚できないなど暴言を吐かれたなど、本当にそのような所があるのかと思うような書き込みがあります。
このような強引な勧誘をされてその場で契約したとしても、消費者を守るための法律、クーリングオフ制度があります。契約した内容が「サービス提供期間が2カ月以上かつ利用料金が5万円を超えるもの」であれば、契約から8日以内であれば無条件で申し込みを解約できます。
強引に勧誘をして入会させたとしても、直ぐにキャンセルということになれば、結果的にアドバイザーが入会に対応した時間(人件費)も無駄になることになります。このような不利益を被ることをどの相談所でも理解しているため、基本的にご納得して入会いただくように努めているはずです。
冷静に考えて、強引に勧誘してもお互いに何の得にもならないのですから、上記のようなケースはよほどのレアケースか、誇張して書いている噂レベルのものでしょう。
ただ、相談所によっては悩んで来店されたお客様に対してキツイ物言いをされる所もあるのかもしれません。そういう所は入会前にレベルが知れて良かったと、お断りすればよいでしょう。

噂その2 結婚相談所に登録している人は「売れ残り」しかいない

これははっきり言って、相談所に実際に入会したことがないか、他の不満があって悪く書かれているかのどちらかでしょう。
結婚相談所が、婚活の最終手段のように捉えられていたのはずいぶん昔の話です。現在は様々な婚活手段がある中で、結婚意識が最も高い人が集まる場所として、幅広い年代、職業の方が登録されています。
登録されている方は、結婚願望がありながらも、ただ普段の生活を送る中では、結婚のタイミングやご縁に巡り合うのが難しいと思い、賢明な判断をされた方たちです。
実際に活動されていない方が、評論家を気取って一生懸命頑張っている方を貶めようとするのはよくある話です。これは真っ赤なウソですので、無視しましょう。

噂その3 入会前に聞いていたサービス内容と違う

これは、入会の時にどのような説明をしたのかによります。説明をしていたけれども、誤解して伝わった、そもそも説明が抜け落ちていた、というケース、
また会員さま側が、入会時にはイマイチ説明の意味が分からなかったが、活動してみてやっと理解できた、そういうことだとは思わなかった、ということもあります。
いずれにしても、入会時に契約をしたサービス内容について、きちんと伝わっているかアドバイザーは確認する必要がありますし、メリットだけでなく、デメリットも合わせてきちんと伝えておく必要があります。
このようなケースが発生した場合は、会員さまの申し出に対して誠実に説明の上対応する必要がありますが、そこで相談所の対応が不誠実ということであれば、解約も止む無しということになるでしょう。

噂その4 全くお見合いが成立しなくて出会えない

こちらも口コミなどでよく見る書き込みです。基本的に担当のアドバイザーはお見合いが成立するように、アドバイスをしたりフォローをしたりします。
しかし、自分の希望を頑として譲らず、アドバイスを全く聞き入れない方も残念ながらいらっしゃいます。
もちろん、会員さまの結婚相手の希望は尊重されるものですが、アドバイザーは経験から、男女のステータス別に成立しやすい条件というものが分かっています。
その条件から大きくかけ離れている場合は、お見合いを成立させるために、条件を広げたり、変更したりすることをおススメしたりしています。
お見合いというのは、双方の合意があって初めて成立するものなのですから、なかなかお見合いが成立しないという方は、残念ながらお相手の条件に当てはまらなかったか、お相手にとってもっと条件の良い方が選ばれたかのいずれかでしょう。

噂その5 担当者が全くサポートしてくれない

入会時に専任の担当者がついて婚活のサポートすると説明を受け、ホームページやパンフレットなどにもそのように書かれているのに、いざ入会したら全く婚活のサポートをしてくれない、というトラブルです。
これはどのようなサポートをすると説明したのか、ということにもよりますが、基本的に結婚相談所に入会したら、アドバイザーがお相手探し~お見合いの調整~お見合いの立ち合いまで自動的に対応してくれると思う方もいらっしゃるようです。
このように昔の仲人のようなサービスを提供しているところもありますが、殆どの所でお相手探しをするのは会員さま自身で行うスタイルとなっています。
そのため、会員さま自身が積極的に会員ページにログインをしてお相手探しとお見合いの申し込みをしないことには始まらない、ということは認識しておきましょう。
その上で、婚活の悩みやアドバイスが聞きたくて相談したのに、担当のアドバイザーが投げやりな対応しかしないという場合は、担当者を変更してもらうように申し出ましょう。

噂その6 お見合い相手とのトラブル

①宗教や病気などプロフィールに記載されていない情報

結婚相談所の登録には、職業や年収などは証明書を提出する必要があり、プロフィールについては信用性が高いとされていますが、
お見合いで話して初めて発覚した情報でトラブルになることがあります。例えば宗教の問題や、病気の親族がいて同居が条件、実は精神疾患の病歴がある、などです。
できるだけお相手に理解を求める条件についてはご入会時にお伺いするようにしていますが、プロフィール検索の時点で不利になるようなことは隠されていることも多いのは事実です。
特に本人ではなく、親族の問題などはお見合いや、その後のお付き合いで発覚することが多く、発覚した事実によっては「お断り」しても全く問題ありません。

②お見合いでのルール違反

お見合いが成立したらアドバイザーから、会員さまに向けて、このようにすると成功しますよ!というアドバイスやマナーや注意点はお伝えしているはずですが、それでもマナー違反をされる方がいるのは残念ながらホントのことです。
お見合いの時間に遅れてくる、お見合いだというのに普段着のような恰好で来る、お相手にセクハラや暴言を吐いたりする、男性がお茶代を払うルールなのに、割り勘で請求された、など様々あります。
担当のアドバイザーは、自分の会員さまからこのようなトラブルの報告が上がれば、お相手の結婚相談所に抗議し、お相手の相談所のアドバイザーを通じて注意してもらうように対応しています。
アドバイザーは会員さまを信頼し、自信を持ってお相手の相談所に会員さまのアピールをしています。そのため、このようなお見合い時のルール違反はその信頼関係を崩すことにもなります。
会員さまの行動は全て担当アドバイザーの責任になるということを踏まえて、ルールを守った行動を心がけていただきたいと思います。

③お付き合いでのルール違反

お見合いで、双方が「連絡先交換」を希望すると、お付き合い成立となります。「連絡先交換」してお二人で交際を深めていくということになりますが、やはりここでもトラブルはつきものです。
お見合いまでは猫をかぶっていて、お付き合いになったら性格が豹変した、①のようなあとから発覚した事実が受け入れ難いものだった、まだ付き合いはじめなのに肉体関係を迫る、別れを切り出したらこれまでのデート代を請求された、などです。
こういったトラブルは普通の交際でもありえることですが、結婚相談所の場合は、トラブルに対応するアドバイザーがついています。何か問題やトラブルがあってもアドバイザーが適正に対応してくれますので、このような点でも安心できると言えるでしょう。

④別れの理由が明確にされない

ご自身がお見合いをお断り、交際を終了することもあれば、当然その逆もありえます。個人的なお付き合いならば理由を問いただすこともできるでしょうが、よほどひどい問題があった場合は別として、結婚相談所では価値観の不一致、思った方ではなかったなど、オブラードに包んで伝えられることがほとんどです。
もちろん担当のアドバイザーには、会員さまから詳細なお断りの理由を告げられているため、先方の担当アドバイザーへ連絡する時点では、真実を告げるか、ある程度和らげてお伝えしています。
お断りの本当の理由を知りたいといっても、いざ知ると会員さまがショックを受けることの方が多いのです。ですから、アドバイザーからはやんわりとした表現に変えてお伝えしているのです。
一方的にアドバイザー経由で別れを告げられてショックな気持ちは分かりますが、切れてしまったご縁を悔やむより、新たなご縁に向けて前向きに行動する方が良いでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。結婚相談所では対人間での活動ですので、想定外のハプニングやトラブルが起きることは事実です。ネットや口コミではそういったネガティブなトラブルが集まりやすいため、そういったものばかり目がつくということもあるでしょう。
しかし実際は、特に大きな問題も起こらず笑顔で成婚退会されている方の方が多いのです。そういった方は、ネット上のネガティブな口コミサイトに表れて書き込みをするということは決してありません。
結婚相談所の活動のストーリーは会員さまの数だけあります。あなたのストーリーは、あなたが活動してみないことには、どのようになるかは分かりません。
ネット上の情報に振り回されず、まずはあなたのストーリーを作りに相談所にカウンセリングにいらっしゃいませんか。そして、あなた自身の目で噂がホントかウソかを見極めてくださいね。

 

作成:2020.10/12(更新:2020.11/17)

あなたにおすすめの記事