結婚相談所で失敗しないために知っておきたいこと

結婚相談所に入会を検討しているとき、やはり気になるのが入会して高いお金を払ったにもかかわらず何の成果も得られずに時間だけを無駄にしてしまうという懸念です。
どうせお金を払って時間を使うのなら、無駄なく有意義に婚活をしたいと思うのはだれしも当たり前のことではないでしょうか。
今回は結婚相談所で失敗しないために知っておきたいことについてご紹介いたします。
結婚相談所選びで悩んでいる方は必読の内容です。

■結婚相談所選びで失敗しない

結婚相談所での婚活が成功するか否かの大きなカギを握っているのはそもそもの結婚相談所選びです。
結婚商談所選びを失敗してしまうと活動期間が無駄に長くなってしまったり、いつまでたってもよいお相手と巡り合えないだけでなく、それに比例して活動費用も掛かります。
様々な結婚相談所があり、アピールポイントや得意な分野は結婚相談所によってさまざまですが、ご自身にとって合うか合わないかは初期の段階で意外と気が付くものです。
婚活アドバイザーのセールストークに圧倒されて自身で考えることなく入会してしまいそうな方は要注意です。
まず様々な結婚相談所に直接出向いて婚活アドバイザーから話を聞くことから始めましょう。リサーチは重要です。

□自分の意見は聞いてくれるか

結婚相談所で運命のお相手と出会うにあたり、ご自身の希望するお相手の条件や婚活に対する希望など意見もあるかと思います。
そういったものを聞き入れてくれるかどうかはとても重要です。
もちろん全部をかなえられるものでもありませんし、高望みすぎる条件やご自身のスペックからかんがみると全てを望みのままにすることは難しい場合もあることでしょう。
会員様によっては希望する条件が非常に多かったり、高いスペックの方を望まれる方もいます。しかしそのような方は総じて競争率も高く出会うことはとても難しいのです。
その中で、会員様の希望のどれを重視してそれを妥協するのかなどを冷静に一緒に考えていける意見交換のできる婚活アドバイザーが担当である必要があります。
婚活アドバイザーの意見だけが押し付けになっていることがないかはとても重要な部分です。
婚活アドバイザーは婚活のプロです。
結婚相談所に努めている間に何十組、何百組とカップルを成婚に導いできた実績とノウハウを持ち合わせていることでしょう。
もちろん婚活アドバイザーの意見をそのまま受け入れて、婚活を行えばよっぽどのことがない限り結婚することは可能です。
婚活アドバイザーの意見をくみ取りながらも自分の希望や意見も聞いてもらえる環境かどうかは結婚相談所での婚活でもとても重要なポイントです。

□お世辞や耳障りの良い言葉しか言ってこない婚活アドバイザーは要注意

入会してお見合いの申し込みをしてもいつもお受けいただけない会員様、また、お見合いには発展しても連絡先交換には至らず先に進めないまま終了になってしまう方。
その時のお相手やタイミングにもよりますが、会員様サイドに問題がある場合もとても多いです。
そんな時に、耳障りの良い言葉だけで慰めたり、問題点を直視せず、改善策を提案してこないような婚活アドバイザーは問題です。
会員の行動や身だしなみなどに問題がある場合は適宜指摘し、アドバイスをしてくれたり、改善策を提案してくれる、そんな婚活アドバイザーに出会うことが理想です。

■入会をせかす結婚相談所は避けた方が良い

結婚相談所も商売ですから会員が増えることがうれしくないわけではありません。
しかしサービスについてろくに説明もないまま入会をせかすような結婚相談所は要注意です。
大なり小なり(小といっても10万円単位のお支払いなので安い金額ではないはずです)料金を支払うのですから、きちんとサービス内容に納得することはもちろん、お世話をしてくれる婚活アドバイザーの対応も信頼できるものかどうかを見極めなくてはいけません。
入会をせかす結婚相談所はとにかく会員を入会させて増やすことが第一になっており、入会させた会員のケアが行き届いていない可能性があります。
説明を受ける際に内容をしっかり聞き、気になる部分は質問をしましょう。
入会に少しでも不安があるときには一度自宅でゆっくり考えます。といって資料などをもらって、自宅で資料をチェックしたりインターネットなどでホームページや口コミなどを検索してみると別の角度から見えてくるものがあるかもしれません。
入ったはいいが放置されている。全然お見合いができないということにならないためにも、一度落ち着いた状況で内容を整理してから決断をしても遅くありません。

■結婚相談所に入会後は自分も頑張る必要がある

結婚相談所や婚活アドバイザーには合う合わないがあることは否定できません。
しかし入会してしまった以上入会金を払っていますし、結婚相談所によっては回避の一括払いの可能性もあり、すぐに退会してしまうのがなかなかに難しい場合もあります。
入会してからは自分の力で最大限頑張ることも婚活には必要です。
結婚相談所に入会したからといって婚活アドバイザーが上げ膳下げ膳してくれるわけではありません。婚活アドバイザーとは二人三脚で結婚を目指すものですが、自分も足を踏み出さなくては二人三脚は進むことができないのですから。

 

■結婚相談所に過度な期待を抱かないこと

乱暴な言い方ですが、結婚相談所に入会したからといって何もしないでいてはお見合いも結婚もすることはできません。
もちろんあなたが素晴らしく容姿が整っていたり、若かったり、お金持ちであったなら話は別ですが、多くの方はそうではないのではないでしょうか。
婚活アドバイザーに任せておけば自分は何もしなくても結婚できると考えるのは大きな間違いです。
婚活アドバイザーのアドバイスやサポートを参考に、自分でも自分自身をアップデートすることを怠らずに、そして婚活に対して自分から働きかけるようにしなくてはいけません。

■情報収集を怠ってしまうのはNG

結婚相談所に入会知る前に1社だけでなく様々な結婚相談所を比較しましょう。
料金やサービスや会員数や出会える可能性や成婚率などに注目してチェックしていくことが重要です。
この中でも料金・サービス・会員数はとても重要です。
料金は最初に聞いていた金額以上に加算されることはないか、説明された料金が不明瞭ではないか、説明された料金システムが理解できるか、わからないときにわかるように説明してくれるかなどが重要です。
思っていた以上にお金がかかってしまった。お見合いをするたびにお金がかかる。入会金は定額だが成婚料が高額というパターンには要注意です。
金額については最初にきちんと把握し、他社とも比較しておきましょう。
次に、サービスは結婚相談所がどこまで対応してくれるかという部分に直結します。
自分と相性がよさそうな異性会員を紹介してくれたり、婚活が止まっているときにはメッセージや電話などで相談してくれることはもちろん、お見合いのセッティングやお相手側との連絡なども代行してくれるかどうかは結婚相談所によってまちまちです。
そのため、料金の安いコースの場合こういったサービスの部分がカットされていて自分で動かなくてはいけない場合もあります。
最後に、会員数が少なければそもそも選ぶ対象が少ないのでなかなかお見合いにつながらない、モチベーションが上がらないという可能性につながりかねません。
しかし、結婚相談所に会員数が少なくても、結婚相談所の連名にその結婚相談所が加入していた場合自社会員以外とのお見合いも可能になりますので確認しておきましょう。

■お相手の条件に高望みをしすぎないこと

結婚相談所を利用する方の中には将来のお相手に対しての条件や希望がある方も多いのではないでしょうか。
しかし、理想が高すぎる方や、現実がまだ見えていない方が多いのも事実です。
例えば年収1000万円以上を希望する女性はいまだにいらっしゃいますが、年収1000万円以上の方は日本の人口のうち5パーセント以下です。
手取りともなるとさらに少ない割合になることでしょう。
現実を目の当たりにすると普通の会社員のお給料はおのずと見えてくるのではないでしょうか。
また、20代前半との結婚を望む男性会員様。こちらは年収1000万円以上よりは確率は高そうに見えますが20代前半の女性は世の中にたくさんいたとしても「結婚相談所に入会している20代前半の女性」は非常に少ないのです。
またスペックが高い方の立場からすると選択肢は非常に多いため、ご自身がそう言った方に選ばれる可能性は非常に少ないのではないでしょうか。
まず現状とご自身を客観的に知り、婚活アドバイザーと相談しながら譲れる条件と譲れない条件を取捨選択していくことが重要です。

■結局のところ自分にあった結婚相談所を選ぶことが一番重要

下調べを十分にして、実際に結婚相談所に出向き、入会説明を受けてみると、どこの結婚相談所が自分に合うか何となくわかってくるのではないでしょうか。
そうでなくても、内容がわかりにくかったり、婚活アドバイザーが感じ悪いと感じたり、説明が不明瞭だと感じたところは避けた方がよいでしょうk。
キャンペーンなどのセールストークにもすぐに飛びつかず、ゆっくり自分で調べてから検討する旨を伝え、翌日以降に電話などで結婚相談所に電話をして詳しく確認するのも対面では緊張して断れないという方には向いています。
この婚活アドバイザーなら成婚まで一緒に頑張ってくれそうと思える結婚相談所を自分が確信することが前向きに婚活する上では一番重要な部分です。

 

作成:2020.5/22(更新:2020.11/27)

あなたにおすすめの記事