バツイチの方に適した婚活方法とは?

「バツイチは婚活で不利なんじゃないか?」と考えている方も多いのではないでしょうか?しかし、昨今ではバツイチは珍しいものではなく、結婚相談所や婚活パーティーはもちろん、婚活アプリなどで、再婚希望者に向けたサービスが増加傾向にあります。
今回は、バツイチの方が婚活で成功するためのポイントをご紹介します。

■バツイチの婚活は不利なの?

離婚経験があると再婚はハードルが高そうと感じることも多いと思いますが、決して不利とはいえません。昨今では、バツイチも再婚も決して珍しいものではなく、結婚しているカップルの4組に1組は再婚なのが現状です。

「相手に結婚歴があったほうが安心する」と考えている方も増えていますし、離婚経験があるからこそ、パートナーを慎重に見極める力などが培われていますので、もし、婚活を諦めようと思っているのであれば、簡単に諦めないようにしましょう。
離婚経験をマイナス要素としてではなく、「経験=キャリア」として強みに変えることができれば、婚活を成功させることも夢ではありません。
再婚に対する偏見も無くなりつつあり、バツイチの方の魅力について注目されるようになりました。
次ではバツイチの方の魅力についてご案内します。

■バツイチの魅力とはなにか?

バツイチ婚活者の魅力には、結婚を経験している分、「自分が結婚相手に何を求めているか」が明確な方が多く、魅力として以下の点が挙げられます。

1.結婚に対して、余裕があり焦りがない
2.相手の欠点を受け入れられる
3.結婚に対して決断力がある

結婚に対して焦りはありませんが、「次は絶対に幸せになりたい」という思いが強く、結婚に対して積極的に行動に移せる方も多いのです。

また、バツイチ婚活で求められる条件は女性も男性も同じです。
これは初婚の場合でも同じですが、相手に求める条件に優先順位をつけておくとより再婚への道が近づきます。背伸びをする必要はありませんが、「自分が相手に求めるもの」を明確にしておいたほうが、バツイチの方の婚活は、より円滑に進められるでしょう。
しかし、婚活時に前のパートナーの愚痴や悪口をいうことは絶対にNG!悪口などはだれしもが聞きたくないですよね。ご自身の印象が悪くなりかねないので注意しましょう。

■バツイチ子持ちの婚活は大変なのか?

バツイチの方の中には、お子さんがいらっしゃる方も少なくありません。
バツイチでお子さんのいる方は仕事や家事・お子さんの世話など多忙であることが多く、子供がいない方に比べると婚活に割く時間が少なくなることが往々にしてあります。
特に婚活パーティーだと平日は夜の開催であることが多く、土日もお子さんの預け先がないなどなかなか活動が難しいという方もいらっしゃることでしょう。
では、バツイチでお子さんがいる方はどのような婚活方法がよいのでしょうか?
おすすめなのは、結婚相談所での婚活です。結婚相談所を利用すれば効率的に婚活が行えるようサポートしてもらえることはもちろんですが、バツイチの方向けの婚活パーティーや婚活アプリを利用しての婚活も効果的。

また、バツイチで子持ちの方が婚活をする際、相手の方にご自身の子どもの親としての役割を期待しすぎないようにすることが大切です。もちろん、子どもを思ってくれるパートナーを探すことはとても重要なことですが、子どもを幸せにしてくれる相手ではなく、あなた自身と子どもがともに幸せになれる相手を探すことを意識しましょう。

■バツイチの方の婚活でうまくいかない理由とは?

バツイチだからこそ、必ずしもうまくいくだけではなく、うまくいかないこともあるのが婚活です。
ここではバツイチの方の婚活でうまくいかない理由についてご紹介します。以下のことに気を付けていれば、成功する可能性もグッとアップしますので、ぜひ参考にしてバツイチの婚活を成功させませんか?

・離婚経験があるだけで対象外にされてしまう

婚活をする初婚の人には離婚経験があるというだけで、そもそもの対象条件からお相手として外してしまう人もいらっしゃいます。特にお子さんがいたり、養育費を払っていたりすると、自分の生活にも少なからず影響があると考えてしまうので、ご自身が初婚の方をご希望される際は、必ず離婚歴はお伝えするようにしましょう。
場合によっては、相手側が対象条件から外してしまうことで顔を合わせるチャンスすらないこともあるということを知っておきましょう。

・条件を高く設定している

逆にご自身がバツイチである場合、本人がお相手に求める条件が高すぎる、ということもうまくいかない理由として挙げられます。
自分に子どもがいる場合、自分と同じように子どもを大切にしてくれるか?ということに意識が集中してしまい、なかなか交際に踏み込めないなんていう声も耳にします。また、過去の失敗から異性へ不信感などを持っている方もいます。

・気持ちに余裕がない

もちろん、結婚に対して気持ちに余裕は持っているのですが、一度失敗をした経験から、初婚の人と比べると気持ちに余裕がなくなることも、婚活がうまくいかない理由として挙げられます。特に子どもがいる場合には、自分だけではなく、子どものことも考えるものなので、初婚の人よりも結婚たいしてはより慎重になります。

・バツイチなことを自分で気にしすぎる

自分がバツイチであるということを気にしすぎて、婚活に踏み出せないという方もいます。
必要以上に婚活の場面で不利に感じたり、ネガティブに捉えていたりするのはお相手の不安心を煽る結果になりかねません。

■バツイチ子持ちの方が婚活する時のポイントとは?

・男性の場合

バツイチ子持ちの男性も「自分が親であること」を相手に理解してもらうことが大切です。特に、前の奥さんが子どもを育てている場合、養育費について新しいパートナーにもきちんと説明し、理解を得るようにしましょう。
もちろん人それぞれですが、養育費は安いものではなく、再婚後の家計に大きく影響する可能性は否めません。ですから、新しいパートナーとの結婚を真剣に考えはじめたら、お互いの経済状況をきちんと確認しておくようにしましょう。

・女性の場合

バツイチで子持ちの女性は、仕事や家事を両立しながら、懸命にお子さんと向き合う強さが魅力。しかし、仕事に子育て、家事と多忙なので時間の使い方に苦労してしまうことも。
もちろん、シングルファーザーの方もそうですが、お相手に自分が親であることを理解してもらう必要があります。
例えばお子さんが急に熱を出せは、デートの約束をキャンセルせざるを得ない状況になるかもしれません。そんなとき、柔軟に対応してくれる相手が理想です。


男性・女性ともにお子さんがいる方の婚活は、なかなか自分のための時間を捻出することが難しいとされていますが、時間が少ないからといって相手との関係づくりを疎かにしないように注意が必要です。
自分にとって、パートナーもお子さんもどちらも大切な存在であることをしっかり伝えていくようにしましょう。

■バツイチにおすすめの婚活とは?

共通の趣味や価値観を持つ相手とは結婚生活がうまくいきやすいと言われていますが、再婚も初婚も恋愛も「出会い」が大切ですよね。特にバツイチの方は、相手に自身の過去を伝える必要がありますので、そういったことも踏まえて婚活を行うようにしましょう。
ここでは、バツイチの方へのおすすめの婚活方法についてご紹介します。

1.知人の紹介

知人の紹介や昔からの知り合いと再婚したというケースは決して少なくありません。あなたの性格や好み、ライフスタイルをよく知る人物からの紹介は、うまくいく確率が高く結婚する確率もグッとアップします。

2.習い事

幸せな結婚生活を送るうえで、共通の趣味や価値観を持つことは、大切な要素のひとつです。習い事など趣味を通じて知り合った方との再婚も、うまくいく傾向にあります。
ただし、習い事を通じて良いお相手に出会った際、交際をスタートさせるときにはお相手に自分がバツイチであることを伝えましょう。

3.婚活パーティー

婚活パーティーではバツイチの方向けの企画もあります。
バツイチ同士で結婚を希望される場合には、そのような企画に参加されるとよいでしょう。
もちろん、初婚の方でバツイチの方に理解を示す方の参加もあります。相手の方と共感できることも多く、新しい出会いを求めている方にはマッチする婚活方法であるといえます。

4.マッチングアプリ

お子さんがいる方にはわりと利用しやすい婚活方法かもしれません。
自分の都合のよい時間にアクセスし、気になるお相手を見つけてアプローチ。コロナ禍のこの時代にもピッタリの婚活方法のひとつです。
バツイチであることはお相手に必ず伝えるようにしましょう。

5.結婚相談所

結婚相談所はお互いのプロフィールを知った上でお見合いをします。つまり、いつ離婚歴を相手に伝えるか悩む必要がありません。また、共通の趣味がある方と出会える確率も高まります。
結婚相談所は入会金やお見合い料、成婚料など費用はかかりますが逆にいえば、それらの費用を賄えるだけの経済力がある方や「費用をかけても結婚したい」という結婚に対して積極的な方と出会えるというメリットがあります。
専任の婚活アドバイザーがいますので、いろいろと相談もできるので、婚活初心者にもおすすめです。

このようなことから、バツイチの方でも婚活を成功させるには心構えや婚活方法が大切だということをご理解いただけたと思います。
幸せな未来のためにぜひ、自分に会った婚活で素敵なお相手を見つけてみませんか?

 

作成:2020.4/13(更新:2020.12/21)

あなたにおすすめの記事