30代で本気の婚活をするための心構えとは?

結婚するチャンスに恵まれないまま30代になってしまった。 30代になったので本気で婚活を頑張りたい。 30代のうちに子どもを授かりたい。 そんな思いで婚活を頑張っていらっしゃる方や単純に将来の伴侶を見つけたい。 30代で婚活を行っている人は、それぞれさまざまな思いや状況にあると思います。 30代で結婚するために、大切なこととはなんでしょうか。大切なこと、心構えについてご案内したいと思います。

■婚活する際に知っておきたいこと

30代の方で婚活を始めよう、または婚活をしているという方は、やみくもに活動をするのは控えるようにしましょう。 30代の早いうちに結婚したいと思っているなら、婚活を始める前に知っておきたいことやしておくべきことが多くあります。 今の自分に必要なものをしっかりと見極めて効率よくそれでいて安心な婚活をするようにしましょう。 そこでここでは30代の方が婚活を成功させるポイントについてご紹介したいと思います。

1:活動する期間をしっかりと決める
30代のうちに結婚したいと思うのなら、婚活をダラダラ続けるのはNGです。 「〇〇までに相手を見つける!」とか「1年間で相手を見つける!」など、具体的なリミットを設定するようにしましょう。 そのためにはしっかりと目的をもって活動を行うことが大切です。
特に結婚相談所では、お見合い相手とつき会いを続けるかどうかを3~6ヶ月の間で決めるように設定されていますので、その間に合わないなと感じたら、次のお相手を探すほうがが効率的なのです。 また「〇〇までに結婚する」など、ゴールを明確にすることで自分がすべきことが自然と見えてきます。

2:自分のアピールポイントを把握する
婚活は相手を探すということはもちろんですが、あなた自身も選ばれる立場にあるということを覚えておきましょう。 つまり、自分自身が婚活市場でどれくらい価値があるのかをしっかりと把握することで、婚活が成功する確率がグッと上がるともいえます。
ご相談にくる人で「私は見た目が、年齢よりも若く見られるんです」とおっしゃる方も多く、ご自身の年齢よりも下の異性を探している方が多いのですが、例えば男性にとって重要なのは若く見えることではなく、若いという部分です。
女性は、年齢が上がるほど結婚できる確率は下がりますので、年齢で判断する男性にアプローチする時間がもったいないと考え、自分がアピールできるポイントで勝負されるとよいでしょう。 相手に選ばれるために、自分のアピールポイントを把握した上で活動を行うようにしてください。

3:明確にボーダーラインを決める
「結婚は妥協が必要」と言われることが多いのですよね。 実は既婚者に理想の相手と結婚したかを尋ねると「全然タイプじゃない人と結婚した」という人もいらっしゃいます。
しかし、勘違いをしてはならいのが「妥協」が、仕方ないやあきらめたということではなく、「結婚するうえでそれほど重要ではない」という意味合いになります。
相手に対し、年齢、年収、ルックス…とさまざまな部分にこだわりと持っていると思いますが、このこだわりは結婚をするうえで必要なことなのでしょうか? そのこだわりが結婚するうえで、あなたにとって本当に必要なのか、どうしても譲れない条件なのかをいうことを30代での婚活はこのことをしっかりと考えて活動をしましょう。つまり理想と現実のボーダーラインを明確にしておく必要があるのです。
こだわりをもちすぎたために結婚を逃したなんていうことがないようにしたいものですね。

4:ストライクゾーンを広げる
ボーダーラインを決めることと少々近いのですが、お相手に対してあれこれ条件をつけるより、ストライクゾーンを広げるように思考を転換してみましょう。
アプローチする/アプローチしない、会う/会わない、おつき会いする/しない。 このように婚活というのは選択が続きますが、そんなとき「○○じゃないなら大丈夫」と条件をゆるくしておくことをおすすめします。
結婚相談所などでは、「迷っているならとあえず会ってみては?」と勧められます。「プロフィールを見たときはピンとこなくても、実際に会ってみたらステキだったというケースも少なからずあるものです。「この人とは合わない」と思えば、お断りすればいいので、時間がもったいないので気に入っていない人とは合わないのではなく、会うだけ会ってみようという心構えが重要です。

5:自分にあった婚活方法を決める
自分がどんな方と出会いたいのか、自分のアピールポイントを見つけたら、婚活方法も決定しなければなりません。
結婚相談所、婚活パーティー、婚活サイト、婚活アプリなど婚活方法も多様化しています。 すべてはあなたにあった方法を見つけることが大切です。
友人が婚活パーティーで出会ったからといって、あなたも同じように婚活パーティーが向いているとは限りませんので、それぞれの婚活方法のメリット・デメリットを把握して婚活を進めるようにしましょう。

■【女性編】



●自分の現状をしっかりと把握しておこう
30代女性は「自分はまだ30代で若かく、子どもも産めるので価値がある」と思いこみ、男性も選べると考えがち。 しかし、それは大きな間違いであることを認識しましょう。
もちろん、30代の方でも出産をしている方はたくさんいますし、今ではスタンダードな世の中であることは間違いありません。 男性が結婚を考えた時、「自分の子供がいる家庭」を思い浮かべます。
そして、子どもがほしいと考えている男性は20代の女性を希望することが多いのが現実です。
ということはどんなことが考えられるのでしょうか?
残念ながら、一般的な婚活市場において30代女性の方の価値は決して高くはないということを自覚しなければなりません。

●本気で結婚をしたいなら、結婚相談所がおすすめ!
30代女性の婚活は厳しいというお話をしてきましたが、30代の女性が結婚できないということではありません。
実際に30代で結婚する女性も多いもの。 では、どうすれば30代で婚活をしてスムーズに結婚できるのでしょうか? まず、婚活をすること自体を迷っているという人は、今すぐにでも自分に適した方法で婚活をするようにしましょう。
では、30代女性に適した婚活方法とはなんでしょう。 それは、結婚相談所を積極的に利用するということです。では、なぜ結婚相談所がいいのでしょう?
それは、結婚相談所には20代女性が少ないということが挙げられます。婚活アプリや婚活パーティーでは20代女性も多く参加していますが、結婚相談所の登録は他の年代の方よりも少なくなっています。 そのためアラサーの女性は、結婚相談所に登録している女性の中ではかなり若い層に分類されることになり、婚活パーティーや婚活アプリのように20代と同じステージで活動する必要もなく、男性からのアプローチも多くなります。

■【男性編】



●20代男性の婚活とは?
残念ながら、「自分は男性だから、女性と違っていくつになっても結婚できる」と考えている人がいますがそれは間違った考え方であるということを認識しましょう。
平均初婚年齢は男性が31.1歳、女性が29.4歳となり、アラサーで結婚する男性は多いのですが、それ以降の年齢の男性の結婚率はグッと下がります。
もちろん、アラサー以降でも結婚できている人は多いのですが、日本人男性の生涯未婚率は現在23.6%。概ね、男性4人に1人が結婚していないという実情があり、自分はまだ結婚できると気を抜いた考え方をしていると一生独身という事態に陥りかねない状況なのです。

●30代男性の結婚とは?
30代の男性がお相手の女性に選ぶのは20代の女性が一番多いと言われています。
一方20代の女性は「あまり年齢が離れるのではなく、お相手の男性は30代前半まで」とういう希望を持っている方が多いのです。 つまり、自分はまだ30代だからいつでも20代の女性と結婚できるという思い込みはとても危険です。
とくに30代前半でも恋人がいないという方は、少しでも早く婚活を始めておくようにしましょう。  

■30代の婚活男性が結婚できない理由を知ろう



1.仕事を優先している
30代の男性は、仕事が忙しい人が多く、「婚活しないと」と思いつつもなかなか婚活をする時間が取れないというのが現状です。 しかもせっかく婚活を始めて出会いがあったとしても、忙しさを理由に連絡が取れなくなることも多く、デートする時間が持てなくて自然消滅…なんてことも多いようです。

2.相手の女性に対して高望みしている
「お相手の年齢は20代がいい!」と年齢を限定している30代の男性が多いのですが、20代の女性は20代~30代前半までの男性を希望することが多いので、30代後半になると男性でも不利な状況です。

3.人に合わせるのを面倒に思っている
20代の頃から一人暮らしをしている人は、だんだん人に合わせるのが難しくなります。 「一人であれば好きに時間やお金が使えるし、気を使わなくて良いし…」と1度思ってしまうと、「結婚したいけど、なにか面倒くさい」といった状態になってしまうのです。
実家暮らしの人も「今が一番楽」という状態なので、結婚が億劫になってしまいます。

作成:2020.5/8(更新:2020.11/12)