結婚相談所と婚活アプリ、結婚に有利なのはどっち?

婚活サービスは、大きくは結婚相談所、婚活パーティー、婚活アプリに分けられ、信用度なら婚相談所、気軽な出会いならば婚活パーティー、婚活アプリといったように住み分けが行われてきました。
今はオンラインでのコミュニケーションが主流となり、ネット婚活や婚活アプリも多種多様なものがリリースされています。そのため、アプリでも十分結婚できるのではないか?とお考えの方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、結婚相談所と婚活アプリの比較を通して、どちらが結婚に有利なのかチェックしてみましょう。

結婚相談所とは

結婚相談所にもさまざまありますが、代表的な成婚までの流れは以下の通りです。 結婚相談所で活動するには、全国にある結婚相談所のいずれかに登録し、相談所が加盟している連盟の会員から自分の希望条件に合うお相手を検索し、『お見合い』という形で出会います。
お見合いは、所属している相談所のサロンか、駅近くのホテルのラウンジなどで行われ、仲人が立ち会う場合もあれば、2人で待ち合わせをして2人だけで実施される場合もあります。
お見合いの後、双方の合意があれば連絡先を交換し、仮交際→本交際を経て、どちらかがプロポーズを行うか、お見合いから3カ月が経過すると『成婚退会』となります。

ただし、交際期間は双方の同意があれば、最大6カ月間まで延長することができますので、いずれにしろ、お見合いで交際成立すると3~6カ月以内でその相手との結婚の判断をすることになります。
結婚相談所では、上記の交際期間もそうですが、会員が守るべきルールが多数存在します。度重なるルール違反をすると退会処分という厳しい処分が下ることもあります。 また、相談所では専任のアドバイザーがつくことも多く、第三者の目もあることから、婚活中に大きなトラブルに巻き込まれることはほとんどありません。
万が一トラブルが発生しても、アドバイザーを介して解決しますので、本人が直接対応することはありません。 結婚相談所における信頼度の高さというのは、会員全員が相談所のルールを守ること、担当者による管理、監視によって成立しているものなのです。 よって自由に自分の気分で婚活を進めたいという人よりも、

婚活の期限をしっかりと区切って、結婚意識の高い人と出会いたいという方に向いている婚活です。  

 

婚活アプリとは

婚活アプリには多種多様な種類があり、大きくは出会いの真剣度によって分けられます。 基本的に婚活アプリは、アプリに登録している会員の中から、気になるプロフィールの人へメッセージを送り、メッセージを交換するところから始まります。 メッセージを交換して、「会ってもいいかな」と思ったら、実際に二人で会って、そこで気が合えば交際という形になります。 結婚相談所よりの婚活アプリでは、担当者がつくものもありますが、ほとんどの婚活アプリが入会から全て一人で進めていく必要があります。 大抵はメッセージ段階で終わることが多く、実際に会って交際まではなかなか進めないのが現実です。 よって、婚活のモチベーションを維持して短期間で結婚したい、という人よりも、ルールなどに縛られずに、気長・気軽に出会いを探している人に向いている婚活です。  

結婚相談所より婚活アプリ

婚活アプリというと、気軽な出会いばかりを目的としているイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、 結婚相談所と同等の厳しい入会審査基準を設け、結婚意識の高い方のみを目的としている婚活アプリもあります。
運営している会社もIBJやリクルートなど結婚サービスを提供している大手会社がメインとなっています。
代表的なアプリとしては、youbride、ゼクシィ縁結び、ブライダルネット、match.comなどがあげられます。

 

恋活系マッチングアプリ

結婚はまだ考えていないけれど、婚活や恋活を目的として出会いたい方のための婚活アプリです。
出会い方は1対1に限らず、グループでの出会いも可能となっており、プロフィールでの検索はもちろん、同じ趣味同士で集まったり、 一緒におでかけする相手を募ったりと、様々な出会い方をすることができます。

代表的なアプリとしては、ペアーズ、タップル誕生、with、クロスミー、Omiaiなどがあげられます。

 

出会い系アプリ

気軽な異性との出会いを目的としたいわゆる『出会い系』アプリです。
大学生、20代の登録が多く、snsを通じた出会いよりも周りを気にせず出会いを探せるとして人気があります。 代表的なアプリとしては、Tinder、イヴイヴ、YYCなどがあげられます。

 

結婚相談所とマッチングアプリの比較

結婚相談所とマッチングアプリについて、様々な面から比較してみましょう。

①費用

気になる費用についてですが、結婚相談所の場合、約1年間活動した場合は20万~60万円程度が相場とされています。

さらに成婚退会した場合は10万~程度の成婚退会料が必要なところもあり、結婚相談所で活動するにはある程度のまとまった金額が必要となります。
婚活アプリの場合は、結婚相談所より婚活アプリの場合は男女共月額2,000円~4,000円程度、年間24,000円~48,000円程度、 恋活アプリ系の場合は男性は月額2,000円~、年間24,000円程度、女性は無料で活動することが可能です。
よって、婚活に何十万円もかけられない…という方は、比較的真剣度の高い結婚相談所より婚活アプリから活動を始めてみるのも良いかもしれません。

②成婚率

成婚率は、結婚相談所の場合は20%程度とされています。結婚相談所の成婚率は「入会1年以内に成婚した人÷全会員数」で算出されているため、100名の会員がいればそのうちの20~30人程度は1年以内に成婚していることになります。

対して婚活アプリの成婚率はおよそ2%程度と言われています。
婚活アプリは結婚相談所よりも会員数が多く、ほとんどが気軽な出会いを求めているため、アプリを通じての結婚は稀なケースとなっています。
よって、短期間で結婚したいと思う方は、やはり結婚相談所へ入会するのが最も近道ということが言えるでしょう。

③男女比

結婚相談所における男女比は4:6で女性の方が多くなっています。女性は特に年齢による焦りを感じやすく、結婚を切実に希望する女性が結婚相談所に多く入会されているためでしょう。

対して男性は、結婚相談所に入会するには女性よりも厳しい条件が設けられていることもあり、女性よりも会員数が少なくなっています。そのため、一般よりも好条件の男性に女性からの申し込みが殺到する傾向があります。
これまでそれほどモテなかった男性でも、堅実に社会的地位を築いてきた方は、相談所においてはこれまで体験しなかった“モテ”を経験することになります。 婚活アプリの男女比は6:4から5:5が平均的のようですが、中には7:3というアプリもあります。
気軽に出会いを求めることができることに対して、女性は抵抗を感じる人が多いですが、男性にとっては魅力に感じるようです。
多くの男性が登録されていれば、女性にとっては出会いの機会も多くなると言えますが、遊び目的であることが多く、出会う相手は慎重に見極めるようにしましょう。

④会員数

結婚相談所の会員数は、所属する相談所が加盟する連盟によっても異なりますが、 2020年時点で、IBJ(日本結婚相談所連盟)58,487名、全国結婚相談事業者連盟 26,051名、良縁ネット 約38,000名となっています。

独自で会員を持っているオーネットの場合は、50,041名、パートナーエージェントは11,073名となっています。 対して婚活アプリの場合は、ゼクシィ縁結び 約50万人、youbride(ユーブライド)約170万人、ペアーズ約500万人、Omiai約400万人と非常に多くの方が登録されています。
会員数ならば圧倒的にアプリの方が勝っていますが、会員の登録内容の信頼度や目的については玉石混交です。

⑤年齢層

結婚相談所の年齢層で最も多いのは30代~40代となっています。女性は20代後半から、男性はある程度の年収になってから結婚を意識し、登録される方が多いためこの年代がボリュームゾーンとなっています。
婚活アプリに関しては、アプリのターゲット層によりますが、結婚相談所より婚活アプリならメイン層は30代、出会い系アプリは20代となっています。 40代以上の会員数は少ないため、30代後半以上の方はアプリに登録してもターゲットとする方を見つけることは難しいでしょう。

⑥年収

結婚相談所は男性のみ年収の公開となっていますので、男性の年収ですが、ボリュームゾーンは年収400万円以上となっています。
年齢層の所でもご紹介しましたように、男性は大体30代以上になってから結婚相談所に登録される方が多いため、30代の平均年収あたりの方が多くなっています。
婚活アプリの場合は、会員数が非常に多く、かつ平均年齢が若いため平均300万円台と言われています。
ただし、婚活アプリのプロフィールにおいては自己申告のようなものですので、年収に関しての情報は低いといえるでしょう。
きちんとした、一定の収入がある男性を探したいならば、結婚相談所が安心ということになるでしょう。

結婚相談所とマッチングアプリのどちらが自分に合うか

結婚相談所と婚活アプリを様々な面から比較してきましたが、それぞれどちらもメリット、デメリットがあります。
しかし、結婚に有利なのはどちらかということにおいては、結婚相談所の方が総合的に有利だといえるでしょう。

結婚相談所は婚活の中でも“結婚”に最もフォーカスしてるので当然とも言えますが、これはあくまでも統計上のことであって、あなたに当てはまるとは限りません。
一番大切なことは、自分にとって一番合う婚活スタイルを見つけて実践することです。
幸せになるための結婚なのに、婚活によって金銭的に苦しくなったり、精神的に辛い思いをするのは本末転倒です。
婚活をするにあたっては、まずは情報を集めて、ご自身にとって無理なくできるものから始めてみてはいかがでしょうか。

作成:2018.11/5(更新:2020.2/24)

あなたにおすすめの記事