婚活市場に潜むメンヘラ・地雷女・かまってちゃん。あなたは大丈夫?

婚活中の女性がよく「婚活市場には全然いい男がいない!」と嘆いていますが、そんな女性に限って「メンヘラ・地雷女・かまってちゃん」に属していたりします。

あなたは大丈夫ですか? 男性も同様に「婚活市場には全然いい女がいない!」と嘆いていることを忘れてはいけません。

◆婚活市場の現実

婚活市場には人柄に問題のある人が一定数いることは否定できません。

もちろん完璧な人間はこの世にいませんし、不十分・不完全であるのが人間です。人は何かしら長所や短所があり、その全てを含めてその人らしさでもあります。

ただ一定数「人として難あり」の人は存在します。 関係が良好なパートナーは、お互いの長所・短所を理解しており、それらを踏まえた上でお互いに信頼し合っています。

恋愛から始まったパートナーは、最初にお互い相手のいい面を見ており、そこから好意が芽生えるため、お付き合いしていくうちに嫌な面が見えても、互いに妥協点を探ることができます。

何よりもお相手のことが好きという気持ちが大前提にあるため、理解を深めようと努力するのです。 一方で婚活の場合、まだお相手のことが好きではない段階でお相手の人柄をジャッジしなければなりません。

これが少しやっかいで、前提に「好き」という気持ちがあれば許容できるものでも、まだ好意が芽生えてない段階で嫌な面を見てしまうと、それだけで「この人は嫌」と思うことがあります。

すなわち、婚活は恋愛から入るよりもお相手をより厳しい目で見てしまうのです。  

 

◆「婚活市場にはいい男がいない!」と言うあなたは「いい女」ですか?

よく「婚活市場にはいい男性がいない」と嘆く人がいますが、最初から人柄やスペックをジャッジしなければならないため、見る目がどんどん厳しくなり、そのように感じることがあります。

そうこうしているうちに時間だけが過ぎ、成婚できずに退会してしまう人がたくさんいます。そういう人がまた「婚活市場にいい人はいない」と嘆くため、その声だけが独り歩きしているのが現状です。

お見合いで上手くいかなくても、恋愛から入ればうまくいったかもしれないな、と感じるカップルはたくさんいます。

あなたもお見合い後にお相手から断られ「婚活市場にはいい女性がいない」と言われているかもしれません。このことは肝に銘じていかなければなりません。 婚価値市場では、ついついお相手を厳しい目で見てしまいますが、同時にあなたも厳しい目でジャッジされていると思ってください。

最終的にアドバイザーから助言をもらって素直に聞き入れ、根本的に考え方から改めることができる人だけに良縁が舞い降りるのです。 恋愛と同じようなステップを婚活に求めるのは難しいです。

世の中、自然に出会って恋愛して結婚できる人は既に結婚しています。ですからそのような人が婚活市場にいるのは稀なことなのです。 女性の場合、30歳を過ぎるととたんに厳しくなります。

20代の頃は普通にしていれば男性から声をかけられていたかもしれませんが、30歳を過ぎたらそれを望んではいけません。自分から動かないと恋はつかめないと割り切りましょう。

まずは婚活市場で「まあまあいい女性かな」と思われることが第一歩です。  

◆自己中やコミュ障はお見合いですぐに判断がつく

結婚相談所では、お見合いが成立した段階で安心している人がいますが、そこはまだスタートラインにも立っていない状態です。お見合いをして「また会いたい」とデートの誘いが来て、二人だけで会う状態がスタートライン。この出会いが結婚に結びつくかどうかはこれからにかかっています。 お見合いをした時に「まあまあいい女性かな」と思われなければ、デートの誘いはありません。お見合いで完全にお断りされるような女性は、はっきり言って分かりやすいのです。 例えば、清潔感や女性らしさが極端に欠けていたり、自己中心的でコミュニケーションに問題があったり。分かりやすく性格に問題がある女性であれば、1回お見合いをすれば分かります。そのため、お断りされるのも納得です。  

 

◆お見合いだけでは分からないのが「メンヘラ・地雷女・かまってちゃん」

お見合いの時にはあまり分からなくても、いざお付き合いが始まってから少しづつその人の本質的な部分が分かってきます。 よくあるのが「メンヘラ・地雷女・かまってちゃん」。

これらは婚活市場での要注意人物です。どんな特性があるのしょうか。あなたは当てはまっていませんか? ○メンヘラって? 精神的に不安定で心の中に少し闇を抱えているような女性を指します。

恋愛においては相手に異常なまでに執着したりし、少しストーカー気質もあります。 もちろん病気であれば精神科や心療内科を受診すべきですが、そこまで症状があるわけではないのが現状。

寂しがり屋で常に彼と繋がっていなければ不安であり、スマホでのSNSが手放せません。相手とのいい塩梅が分からず、面倒くさがられます。

LINEにメッセージを何度も送り付けて、返事が来ないと不安になってさらに送り付ける・・・一方的にこのようなこともあります。 感情のコントロールができず、相手がどうであれ機嫌が良くなったり悪くなったり。感情をぶつけられ、お相手が最初はなだめてあげていても、最終的には面倒を見てられなくなります。

相手に尽くすことで相手は喜んでいると思い込み、そこが自分の居場所。他に居場所がないことも多いです。 相手に依存し過ぎてしまった結果相手の迷惑が考えられなくなってしまいます。

自分に自信がなく、自尊心も低めです。 ○地雷女って 地雷は踏まなければ何も起きませんが、もし踏んでしまったら爆発します。また、どこに埋まっているか見た目では分からないため、気が抜けません。

お相手からすると落ち着いて一緒に過ごせない相手なのです。 これにちなんで、普通にしていれば分からないけれども地雷を隠し持っており、一旦それを踏んでしまうととても面倒なことになる女性を地雷女と言います。

例えば店員に対して大したことでもないのにクレームをつけたり、仕事で気に入らないことがあったらとことん相手を追い詰めたりと、基本的に理性が成熟しておらず、子どもじみています。

一見おとなしそうに見えても裏では暴言を吐たりと、表面的には仲の良い友人でもいなくなたとたん悪口を言ったりします。 このように、見た目には分からないけれども内面に性格の悪さや人格的な問題を抱えている女性のことを指します。

○かまってちゃんって?

誰でも人から認められたい、褒めてもらいたいという欲求はあります。しかし、それを必要以上に相手に求め、かまってほしいためにさまざまなアピールをする女性のことをかまってちゃんと言います。

精神的に不安定で暗い性格というわけではなく、どちらかというと陽キャ。そのため友達もそこそこ多く、付き合いも多いです。 ただ、周りへのアピールが激しく承認要求が強すぎるのが特徴。何でもかんでもSNSにアップし、フォロワー数やイイネの数を自慢したりするのもこのタイプです。

LINEでどうでもいいにメッセージを送り付け、かまってちゃんを発揮するやっかいな女性もいます。 1人で行動することができず、すぐに「一緒に行こう」「一緒にやろう」と言います。

自分の話をするのが大好きで、「私って○○じゃないですか〜」から入り、自慢話も多数。他の人が話している話題にむりやり割り込み、自分の話にすり替えたりもします。いい年をして精神的に成熟していません。

 

◆一回目のデートからなんかおかしいなと感じる

「メンヘラ・地雷女・かまってちゃん」は、最初のお見合いだけではなかなか判断がつきません。ですからお見合いはだいたいクリアします。

その後2人で会う約束をしてデートを始めてから、徐々に相手から「ちょっと面倒くさいタイプかも」と気付かれ始めます。 そのため、真剣交際に発展する前にお相手からお断りされたり、真剣交際に発展してプロポーズ直前で交際終了となったりしてしまいます。 その事柄がさらに「難あり女度」を助長させてしまいます。結果、どんどん自信を無くし、負のループに陥ってしまうのです。  

◆あなたは大丈夫?自分の言動を振り返ってみて

○メンヘラ女にならないためには

メンヘラ女がなぜ嫌われるかというと、寂しがり屋で感情の起伏が激しく、相手に依存することで自分の居場所を確かめようとするからです。
メンタルや心理学に関する本を読んだり、ヨガで心を平常に保つ訓練をしたりしてみてはいかがでしょうか。 最も大切なのは自分の居場所をきちんと見つけること。

メンヘラ女の特徴として、仕事も趣味も恋愛も中途半端なケースが多いです。 今の仕事をとことん頑張って認められたりすれば、居場所ができ自分に自信もつくでしょう。

趣味の世界を極めるのもおすすめ。心のよりどころが恋人ではなく自分の生活の延長線上にあれば、相手を思いやれる余裕も生まれるものです。 いずれにしても、女性として自立し成熟することが求められます。

○地雷女にならないためには

地雷女がなぜ嫌われるかと言うと、見た目にはまったく分からないのに、一旦地雷を踏むと取り返しのつかないように爆発するからです。 お相手はどこに地雷が隠れているかわからないし、自分は踏んだつもりがなくても地雷だったということもあり、気が抜けません。

自分がどんな場面でイライラのスイッチが入るのか、どんなことでクレームや悪口のスイッチが入るのか、一度言動を振り返ってみてはいかがでしょうか。

そしてその場でなぜイライラしたのか、なぜクレームや悪口を言ったのか、は置いておいて、お相手にもそれなりの事情があったのではないかと考えることです。 相手の気持ちを察することで、ここで自分がキレるのは大人として恥ずかしいことだと顧みることができます。

このケースでも、女性として成熟していることが求められます。

○かまってちゃんにならないためには

かまってちゃんがなぜ嫌われるかと言うと、お相手の状況を考えずに「私を見て。私を認めて」と要求が一方通行だからです。 自分が認められたいのなら、お相手のこともよく理解して認めなければなりません。

いちいち認められなくても不安にならないように自分に自信を付けることを考えましょう。

まずは仕事を頑張ってやり遂げるなどしてみてはいかがでしょうか。 自分に自信が付いてくればSNSに依存する頻度も減りますし、1人で行動し決断する力が付いてくるものです。 友達といる時でも自分の話ばかりせず、相手の話をよく聞いて共感するなどし、信頼される人間力を付けましょう。

こちらも上記の2つと同様に、精神的に成熟して自立していることが求められます。  

 

◆まとめ〜メンヘラ・地雷女・かまってちゃんにならないために〜

いかがでしたか?メンヘラ・地雷女・かまってちゃんは、精神的に幼稚であり、成熟・自立していない女性を指す言葉。もし周りからそのように思われたら大人の女性として恥ずかしいことと捉えましょう。

恋愛以外に仕事や趣味など自分が大切にしていることをもっと極めて自分に自信を付けましょう。

そうすることでこのような面倒くさい女からは卒業できます。 本当に輝いている人は、相手から構ってもらわなくても自分の中でじゅうぶん満足できています。

自分でよく分からなかったら、アドバイザーに助言を求めるのも一つの手です。  

作成:2018.3/12(更新:2021.2/19)

あなたにおすすめの記事