タイプ別付き合い方マニュアル 理系女子

ひと昔前まで「理屈っぽくてカタイ」とか「論破されそうで怖い」とか、あまり親しみやすいイメージのなかった理系女子。しかし、2014年に理化学研究所の小保方晴子氏がSTAP細胞の論文を発表したことで、「リケジョ」が一気に世間の注目を浴びることになったのは婚活男女の皆さんもご存知でしょう。
研究に関しては「性別ではなく研究内容を見るべき」との議論があったことはさておき、小保方氏の一件で世間が抱く理系女子のイメージが急上昇したのはたしか。「お勉強ができて女子力も高い」理系女子たちは、以来すっかりモテグループの仲間入りを果たしたのです。
そんな理系女子たちはどんな恋愛や婚活をするのでしょうか。今回は彼女たちとの結婚を目指す男性に向けて、理系女子の特徴や攻略法などについてご紹介しましょう。

■理系女子とは

理系女子、いわゆる「リケジョ」とは理系の女子大生や女性研究者、またそれを目指す中高生などを指す言葉です。
ひとことで理系といっても数学から生物までさまざまな分野に分かれますが、なんとなくイメージとして「理系は男子・文系は女子」と思っている人も多いかもしれません。実際、日本では大学の理系学科における在籍数は男子学生が圧倒的多数を占めています。その先の研究者をみてもヨーロッパでは女性研究者は40%を超える国もあるのに対して、日本ではおよそ14%。
「リケジョ」と呼ばれもてはやされるようになった彼女たちですが、それは彼女たちがかなりの少数派だからともいえるのです。最近では各方面での理系女子の活躍が頻繁に報じられるようになったこともあり、男性からのラブコールも増えています。

 

■理系女子の特徴

そんな希少価値の高い理系女子たちにはどんな特徴があるのでしょうか。

①真面目で何に対しても真剣

何事にも真摯に向き合うのが理系女子の長所。
一つひとつのことを粘り強く考えて、他の人なら辛いと感じるようなことでも根気よく続けることができます。まさに研究向きといえるこの性格から、日常生活においても真面目な人が多いです。

②ものを考えるときは理屈で

理系女子は物事を理屈で考えます。数学や理科の問題を解く要領で、ふだんから「これは〇〇という理由があるから。したがって結論は△△だ。」というようふうに順序立てて考えるのがクセになっているのです。
しかし日常生活は数学の問題とは違います。人間の言動にはいろいろな理由があるし、結論も1つではありません。そのため理系女子は、そんな複雑な人間関係にぶつかったときに思い悩んでしまうことも少なくないようです。

③頭の回転が速い

「〇〇系女子」とか「〇〇ジョ」と呼ばれる女性たちの中でも、理系女子は頭の回転がピカイチといえます。何事にもしっかりと理由付けがあるので、思考が散漫になりません。
複雑な問題に対しても即座に解決に動くことができるでしょう。

④好奇心旺盛

物事に没頭する、いわゆるオタク気質のイメージが強い理系女子ですが、その一方で好奇心旺盛な一面も。
知的欲求が高いので、いろいろなことを知って知識を深めていくのが好きなのです。

 

■理系女子の恋愛傾向

真面目で知的なリケジョ。ミステリアスなイメージもある彼女たちの恋愛傾向をみてみましょう。

①束縛や干渉されるのが苦手

理系女子の多くが、束縛や干渉を嫌います。
自信もプライドもある彼女たちにとって、自分が尊重されることは重要です。目標が高くやるべきことも多いため、そのための時間がないとイライラしてしまいます。
自分の将来までも邪魔された気分になるため、束縛や干渉をし過ぎる男性とはまずうまくいきません。

②一度付き合うと長い

勉強や仕事に夢中になる理系女子は、自分の理想の男性が現れるととことんその人とお付き合いします。好奇心旺盛なので、好きな男性に対してもどんどん興味が湧いてくるのでしょう。
一方で、次々に新しい男性とお付き合いする時間や労力がもったいないと潜在的に思っているため、結果的にひとりの男性と長く続くという人も少なくないようです。

③ケンカや揉め事は議論で解決

理系女子は曖昧なことがキライ。理解できないことがあると「なぜ?」と追及します。
それは恋人といても同じで、相手の様子をうかがってモヤモヤをため込むことはしません。とにかく自分が納得できるまで議論しようとするでしょう。
ただし女性にありがちな感情的な言い方をすることはなく、冷静さを失わず理論的に話し合いができるのでその点は安心です。

 

■理系女子の注意点(こんな理系女子には注意)

近年急激に注目を集めるようになったリケジョですが、みんながみんなあこがれの的になるような女性でもなさそうです。
昔からよく言われるのが「自称モテ女」が多いという意見。学校や職場で女子率が異常に低いため、どんな女子でもチヤホヤされるため「自分はモテる」と勘違いしてしまうようです。周りの理系男子も女子に免疫のない人が多いため、いいように扱われてしまうのだとか。
また、学生時代から成績優秀で女性の希少価値が高いため「自分は特別」という意識があり、周囲からプライドが高くて扱いづらいと思われている理系女子も少なくないようです。

 

■理系女子とのお見合い攻略法

希少価値の高いリケジョと付き合ってみたいという男性は近年どんどん増加しています。
ただし、理系女子は文系女子とは違う面も多く、一般的なお見合い攻略法では通用しないことも。
お見合いで知り合った理系女子に振り向いてもらうためには、どのようなポイントに気を配れば良いのでしょうか。

①相手に興味を持つ

相手に興味を持って接するというのは、理系女子とのお見合いに限らず人と仲良くなる最初の一歩です。
たとえば研究者の女性と知り合ったとき、彼女の研究内容に興味がなかったとしてもその人の研究内容ごと彼女に興味を持つことはできるはず。「彼女がなぜその分野に興味を持ったのか?」「日々の研究でどんなことが大変なのか?」などについて想像していくと興味が湧いてきて、会話もはずむでしょう。

②努力や実績を褒める

自分の研究や仕事にプライドを持って打ち込んでいる理系女子。お見合いの席でもその努力やこれまでの実績を、ぜひ褒めてあげましょう。「〇〇できるなんて、スゴイですね」「コツコツ努力してるんですね」など、小さなことでも口に出すと好印象。
大切なのはその人のライフワークを認めてリスペクトする気持ちです。

③誠実さとやさしさをアピール

昔から勉強が得意でしっかりした理系女子は、真面目な男性を好む傾向があります。服装の乱れや乱暴な言葉遣い、仕事に対する消極的な姿勢などがお見合いで見え隠れする男性に魅かれることはありません。
また、理系女子は日ごろ男性の中で気を張って働いているため、包容力のあるやさしい男性を求めています。理屈っぽい話にも根気よく耳を傾けてくれる男性には、どんどん夢中になってくれるでしょう。

 

■理系女子へのアプローチ法

理系女子の多くはその真面目ゆえ恋愛の経験はあまり豊富ではないので、微妙な恋の駆け引きは不得意。遠回しな表現では伝わらない可能性が高いので、シンプルに「好きだ」と伝えるのが良いでしょう。
さらに「女はこうあるべき」という思い込みは捨てて、彼女のありのままを受け止める覚悟を持ってください。特に「女のくせに」という言葉には敏感なので要注意。
また、一見男性的でサバサバしているように見える人でも、女性として大切に扱われて悪い気はしません。積極的にお姫様扱いしてあげましょう。

 

■理系女子とのおすすめデートスポット

婚活で知り合った理系女子と距離を縮めるのにおすすめなデートスポットをご紹介しましょう。

①動物園・水族館

動物園や水族館でのデートは一般的な定番でもありますが、好奇心旺盛な理系女子を誘えば間違いなく喜んでもらえるでしょう。
動物園でさまざまな動物を観察したり、ふれあいコーナーで小動物や鳥類にエサやり体験をするのもおススメ。触り心地はどうか、どんなものを食べているのか、などいろいろと発見があるはず。
一方の水族館ではロマンチックなデートが味わえます。水槽に囲まれた非日常的な空間でゆっくりおしゃべりしたり、賢いイルカやアシカのショーを見るのも楽しいでしょう。

②プラネタリウム

ロマンチックなデートといえば、プラネタリウムもそのひとつ。
特に天文学や宇宙工学を専攻しているような女性なら、帰り際にさらなる解説が聞けるかも。もちろん専門知識がなくてもじゅうぶん楽しめるし、親しくなったら夜のドライブデートに誘って一緒に本物の星空を眺めるのも良いかもしれません。

③博物館・科学館・美術館

デートで博物館や科学館を訪れるのも、理系女子の知的好奇心をくすぐります。
東京近郊にお住いのカップルなら、上野の国立科学博物館を訪れて、そのまま上野の森美術館や国立西洋美術館を巡るなど、何軒か博物館や美術館をハシゴすると良いでしょう。
ふだん博物館や科学館を訪れない男性でも、リケジョとのデートなら彼女と一緒に楽しめるはず。

いかがでしたでしょうか。
今回は理系女子、通称「リケジョ」との付き合い方マニュアルをご紹介しました。
理系女子は考え方や行動パターンが男性に近いため、女性特有の面倒くささやしつこさがありません。実際に交際してみると楽だと感じる男性も多いはず。しかし一方では情緒的な部分が豊かではないので、距離を感じてさみしく思うかもしれません。
高い目標に向かって前向きな姿勢で取り組む人生を目指すなら、理系女子との結婚はかなりおススメといえます。
このページを参考に、ぜひステキなリケジョと仲良くなってください。

作成:2019.10/28(更新:2021.1/31)

あなたにおすすめの記事