年収300万円以下でも結婚できる?低所得者の結婚の可能性

厚生労働省の所得の分布をみてみますと中央値は 427万円であり、平均所得金額(547万5千円)以下の割合は 61.3%です。 年収300万円代の方は想像されるよりも多いのが現状です。 結婚を考えてていくときに特に男性の年収は気になるところでしょう。しかし年収は年齢や勤続年数によっても異なります。 年収が300万でも結婚して幸せな家庭を気づいている人は沢山いらっしゃいますので、その可能性について探って行きたいと思います。  

年代が重要

年収が300万だと結婚できないのではないかと心配する男性もいらっしゃるかもしれません。年代別にみていくことが大切です。20代、30代前半でしたら300万円の方も多くいらっしゃいます。 ハイスペックの大学を出ている方でも20代はでは最初は300万円以下という事も多くあります。30代、40代になると300万から400万、500万と幅が人がってくるところがあります。60歳の定年を過ぎた頃には再雇用だったり年金生活の前の段階だったりと年収が下がってきます。 自分がどの位置にいるかを自覚していくことも大切でしょう。その上でどんなことが必要になるかも知ることが大切です。条件や数字に囚われているような女性には選ばれないかもしれませんがそれを上回る優しさや愛情が夫婦の絆を深めて女性の幸福感を高めていくことができるのです。  

将来性のあることが大事

年収が300万でも将来に対する計画や夢の実現、現実的な将来設計に向けて進んでいる場合などもある方もいらっしゃいます。 単に今の数字だけをみるのではなくそこからのスタートとして将来を見据えていくことも大切です。それは年収が300万でもそれ以上の方でも同じことかもしれません。 パートナーとの存在が将来の夢を実現する力が発揮できることはいうまでもありません。  

誇りを持った生き方と仕事

生き方や仕事に誇りを持って生きている人はとても魅力的です。自分の生き方に自信を持っている方は素敵な恋愛をして結婚されています。今の収入は将来に自分の力を発揮していく途中経過との事も伝えられれば結婚に対して助成の不安も少なくなると思います。 女性もそういう魅力的な男性に惹かれるものです。自分の夢ややりたい仕事に情熱を持って生きている、そんな自分のことをしっかりとお相手に伝えて行けると良いですね。  

お金の使い方のしっかりした人になる

年収が多い人が安定した暮らしができているかどうかと言えばそうとは限りません。 金銭感覚の合う方はとても重要です。今の自分の収入でのやりくりの方法やお金の使い道、使い方、堅実さはお金の使い方で人生の流れが変わってきます。年収300万で決して大金持ちではなくても充実した生活を送ることはいくらでもできるのです。 そういうお金の使い方のしっかりした方は生き方や生き方のセンスに表れます。そういう堅い自分であれば年収が300万でも結婚できているのです。  

預貯金や財産などの安定

今の年収が300万だとしてもその中で貯めた預貯金があれば重要です。その他の不動産や財産などがあれば支出は少なくなります。 収入に対しての支出がいかに少ない事を理解してもらうことが出来る状況であればなおよい環境だと思います。実際に生活が十分に安定していることをアピールできます。 そういった堅実にお金を貯めて先の事もしっかり見通していることが出来てるのでしたら300万の年収で堂々としていられます。  

共働きでの結婚が当たりまえの時代

昨今の女性は仕事をしっかり続けたいという希望の方が多くいらっしゃいます。 女性のキャリア志向も確実に上がってきています。そういう自分を理解して欲しい、家事も協力して欲しいという女性が増えている現実です。仕事を続けたい、でも家事をやる時間が取れるか心配・・そんな女性は協力してくれる優しい男性を求めています。そこには年収を超える愛情と協力という強い味方を得たいという理想があるのでしょう。 共働きを望む女性はそこにとてもこだわります。自分の大切なものを全て受け止めてもらえる関係を望むのは女性も含めて全ての人の理想かもしれません。 年収だけではない大切なものを自身が持ってもっていれば結婚はできると思います。 そうして大恋愛をして二人で協力して生きていく、そんな未来が描かれていくでしょう。  

働く女性をサポートする

共働きということは働く女性をサポートするという深い意味があります。 最近はイクメンという言葉がはやっているように男性でも育児をしている姿が見受けられます。保育所の送り迎え、赤ちゃんを抱っこ紐でだっこしているパパ、ベビーカーを一人で押しているパパさんの姿も珍しくなくなってきています。 子供の入園、入学式は夫婦そろって参加するために、子どもたちの後ろの保護者の方の人数が多い…そんなことが当たりまえの時代になりました。そして、女性もその分、男性と同じように社会で活躍しているのが見て取れます。そこには協力して生きている夫婦の姿、家族の姿があります。 年収300万でも二人合わせれば600万です。世帯の収入で考えれば十分やっていける収入です。お互いに協力していきていくのが当たり前の時代。300万の年収でも立派に大恋愛をし手お互いに支え合っているカップルは沢山います。  

年収300万の方向けの結婚相談所を選ぼう

結婚相談所で結婚を考えていく場合、年収が影響することは無きにしもあらずです。 相談所のコンセプトにあうところに入会することが結婚への道だと思います。 例えば、医師や弁護士などの職業を中心とした結婚相談所では年収が問われますから入会は難しいでしょう。 年収300万でもお見合いができる可能性があるかをきちんと確認していくこと。よく相談して担当者にきちんと話をきいて見極める事が大切です。相談所の登録は確かに事前のプロフィールが最初に伝わり人柄や雰囲気はお会いしてからになってしまいます。 自分の魅力をきちんと認めて婚活を支援してくれるところでしたら相談所での登録、活動もできると思います。現実に結婚相談所で年収300万の方でも結婚されていらっしゃる方はいらっしゃいます。現実を受け止めつつ、自分に合った可能性をひらいていける相談所選びが重要になります。  

将来の収入アップも視野に入れる

20代の年収300万では勤務先や学歴などによっては収入アップも見込めて将来性がある場合が沢山あります。20代の年収300万の場合の結婚は将来性を見越していくこともできますしあまり深く考えずに進んで行けると思います。しかし30代後半から40代以降になりますと平均年収400万から下回ってしまうのでは将来に向けた転職や働き方を考える必要もあるかもしれません。 それは自分らしく家庭を維持していくための方法でもあり、誰もが普通に考えていくことです。資格など得意な分野でもう少し収入アップが見込める会社に転職するなど多くの選択肢が得られると思います。パートナー、守るべきものが出来たことにより深く自分の仕事を含めた生き方を考えることができます。現実的な収入アップがあればそれに越したことは無いかと思います。 結婚を真剣に考えるからこそ自分の仕事や人生に前向きになれると思いますし、その力がアップしていくと思います。  

好きな人とお互いに人生を分かち合う

良い夫婦になることは決して年収の金額で判断できるものではございません。年収が上がることで成婚率が上がるのは現実ではありますが、全てではありません。 年収300万以下でも幸せな結婚をしています。生き方やライフスタイルが合う方をさがしていくことが大切です。 結婚はお互いに惹かれ合って好きになってからでないとできませんから、年収以前の問題です。まずは自分らしく自分磨きをしていくことも大切です。  

幸せな結婚生活を送ることができる

結婚への阻害要因に正規雇用か、収入、教育(学歴)結婚経験などがありますが、それを超える人間が大切にしたい愛情を持って幸せな結婚生活を送っている方がたくさんいます。 婚活を客観的に見た場合には年収300万円ということは結婚を難しくしてしまうのではないかと捉えられる部分もありますが、そうでなく幸せな愛情豊かな結婚生活を送っている家庭は沢山あることも事実です。  

イクメン時代の結婚

年収300万前後の20代の方は積極的に婚活をして結婚をしていただきたいと願います。 20代は結婚して子供を産むチャンスが大いにあります。若さで乗り越えていく力と勢いもあります。少子化を乗り越えるためにも是非、結婚へ向けて頑張って欲しいと願います。 30代以降の方達はあまり考えすぎずに年収を乗り越える人生設計をして欲しいと思います。考えていくよりも現実をみて次のステップへすすむ、パートナーと共に…そんな風に協力して幸せな結婚生活を築いていけることが大切です。 育児も男性も協力するのが当たり前の時代です。おおいにパートナーと子育て、家庭生活を楽しんで欲しいと思います。そういう現実をうけいれていくことが年収を乗り越えて結婚をしていける道だと思います。  

年収に左右されないことが結婚への道

結婚への決め手は性格や愛情です。結婚した理由に愛情が語られるのは何よりの証拠です。 結婚を決めた理由を成婚したカップルに聞きますと、「優しい人だから」「自分を大切にしてくれた」など思いやりや愛情を感じて心に決めていらっしゃいます。 年収を理由に結婚が出来ないという考え方は捨てて広い視野をもって結婚への道を歩んで欲しいと願っています。 いかがでしたでしょうか。 幸せな家庭という定義は簡単なようで難しいかもしれません。感じ方もそれぞれですが、何気ない生活を夫婦、家族で楽しんでいけることが大切だと感じる方が多いものです。 それには必要な分の生活があり、愛情があり、二人で色々なことを乗り越えていく関係性を築いていくことが大切だと思います。

作成:2018.6/1(更新:2021.1/5)

あなたにおすすめの記事