都道府県別男女の特徴と恋愛の傾向 徳島県編

今回は、徳島県の県民性についてご紹介いたします。結婚相談所での活動をスムーズに行うためにも、お相手の情報は少しでも多く知りたいと思うもの。

そこでお相手のお住まいから県民性もチェックしてみましょう。県民性を知ることで、そこに根付いた文化を学び、相手のことをより深く理解することができますし、よりよいコミュニケーションを行うためのヒントがあるかもしれませんよ。 それでは早速、徳島県の県民性や恋愛の傾向についてチェックしてみましょう。  

徳島県の県民性の特徴

県民性の特徴は、長い間その土地に住むことで生まれる個性のことを言います。日本は、縦に長い土地のため、北から南まで大きく気候や環境が異なりますし、県それぞれの文化や歴史などを背景に、様々な県民性が存在しています。県民性は全ての方にまるきり当てはまるものではありませんが、長く住んでいればいるほど、少なからず影響は受けているものなのです。

それでは徳島県は、果たしてどのような県民性をお持ちの方々なのでしょうか。 踊る阿呆に見る阿呆、とうせ阿呆なら踊らにゃ損…というフレーズを知らないという方はいらっしゃらないのではないでしょうか。徳島県と言えば、阿波踊りの県です。阿波踊りに命をかけているという方もいらっしゃるようです。

他県から徳島県に来られた際に、徳島県にそのような情熱を感じとることができるでしょう。 ただし、徳島県の方々全員が踊りに徹するということでもなく、見ることに徹している方々もいらっしゃるので、踊る阿呆に見る阿呆、とうせ阿呆なら踊らにゃ損、というフレーズを真には受けない方がいいでしょう。

徳島県の方々には、シャイで私は踊ることなんて…と思っている方々も多いようです。きっとどのような県のイベントでも同じことが言えるでしょう。 また、徳島県と言えば、藍染(あいぞめ)を思いつく方々も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

現在でも藍染は、とてもオシャレなファッションとして人気があります。徳島県は、藍染以外では、砂糖・タバコと言ったものも積極的に作って来た歴史があります。昔から産業が盛んであったため、大阪の方々のように、商売気質を持っているようです。

そのため、ビジネスでガッチリ稼ごうという意識があるのですが、一方で人懐っこい性格をされているためあまりそのような商売根性が目立たないようです。 さらに、損得勘定で動くところがあり、人懐っこい笑顔をしながらもしっかり自分が得をするように計算しているため、笑顔にだまされて話を進めているうちに、気が付いたら損をしていた…、ということがあるかもしれませんね。

徳島県の方々は昔から、県外を行き来して交流が盛んであったと言われています。現在でもそのような傾向を強く見てとることができます。 例えば大鳴門橋という存在は、県外の方たちとの交流の要であり、徳島県の県民性の特徴を形成するのに重要な役割を果たしていると言えますね。

余談ですがラーメンのトッピングには、「なると」がよく入っていますが、このなるとも、鳴門海峡の渦潮が由来しているものです。 徳島県の県民性は、とても質素で倹約される方々が多いようです。お買い物をされるとき、少しでも安く買おうという意識を強く持っているようです。

特に徳島県北部の地域の方々は商売人気質の方が多いとされています。そのため、お金の管理や借金などに対してはシビアで、結婚後の金銭管理という意味では、安心して任せることができる性格と言えるでしょう。 一方恋愛に対しては、一途にお相手と向きあうことができる性格のようです。

お金にシビアならば、現実的な恋愛をするイメージがあるかもしれませんが、どちらかというとロマンチックな恋愛をしたいと思うタイプなのだそうです。 男性の方々は積極的に外で仕事をして、女性の方々は家をしっかり守る立場という考えはあまり根ざしておらず、男性、女性の共に商売意識を強く持っている方が多いそうです。

稼ぎ時のタイミングをしたたかに狙い、ビジネスチャンスには行動力を発揮できるタイプです。 徳島県と言えば、阿波踊りも外すことができないイベントなのですが、敢えて言えば、徳島にお住まいの方々は、そのようなイベントに参加して楽しむというのではなく、大きなビジネスチャンスととらえている方が多いようです。

徳島県南部の阿南市あたりの方々は、敢えて言えば阿波踊りで楽しもうとか、踊ろうと思っていらっしゃる方々で、開放的な性格の方々が多くいらっしゃるようです。 普段は質素で倹約した生活を送っている方たちですから、阿波踊りで目一杯踊るというのは、日々の節約に対してストレスを発散しようと思っているのかもしれません。 いつも倹約というのではなく、何事もメリハリをつけることが大切というわけですね。

全般的に徳島県の方々は、香川県に対して、いささかコンプレックスをお持ちでいらっしゃるようです。人口もそうですし、様々な観光名所も、一歩徳島県は香川県には届かないという意識があるようです。逆に言えば香川コンプレックスを持ってしまう程、地元愛を強く持っていらっしゃるとも言うことができますね。

県それぞれに魅力がありますし、比べるまでもなく徳島県も魅力的な県だと思いますが。 また、徳島県には、現在電化されていないディーゼル車が活用されています。気動車という呼び方が正しいようですが、徳島県の方々は、これを汽車と呼ぶ方が多いようです。

電車と呼ばないため、徳島県は電車がない、ということになります。徳島県の方々には、「阿佐海岸鉄道」がありますが、それはディーゼルなので電車ではありません。電気で走る電車のある街は都会だという認識をお持ちでいらっしゃるようです。

だから電車のない徳島県は都会ではないという、ここでもまたコンプレックスを抱いてしまうことになります。 徳島県の方々に、汽車とは何かと聞けば、一度停車して飛び乗らせてくれるものが汽車だということです。そのように昔の映画などでしか見たことのないものが、徳島県では普通に見ることができます。

また、徳島県の方々は、『すだち』と『かぼす』について、すだちであることを明確にしたがる性格でいらっしゃるようです。大方他県の方々は、すだちと、かぼす、どちらでもいいのでは…と思われるでしょうが、『すだち』が徳島県、『かぼす』が大分県の名産のため、呼び方は明確にしなければ気が収まらないのだそうです。

すだちはゴルフボール大、かぼすはテニスボール大ですので、大きさで違いは分かることなのですが、料理に使われる方法には、それほど違いが存在していないのも事実のようです。

 

徳島県の男性の特徴

徳島県の男性は、マジメで勤勉という方々が多く、商売気質も強くお持ちなので、とにかく結果を出すことを意識していらっしゃるようです。そのために日々一生懸命努力もしていらっしゃることでしょう。

会社では良い上司で、部下に慕われるという方々も多くいらっしゃいます。徳島県の男性は、教育熱心とも言われています。 また、仕事に対して一生懸命であり、遊びに対しても一生懸命なのです。

徳島県は、豊富な産業により金銭的に恵まれていた歴史があるため、遊び人という方も多いようです。しかし、根は勤勉なため、良い感じで生活のメリハリをつけることができているようです。  

徳島県の女性の特徴

徳島県の女性の方々は、真面目故に素直に自分の気持ちを言うことが苦手なのだそうですが、内心は素直に甘えたいという気持ちを持っているようです。徳島県の女性の方々には、そんなシャイな女性の気持ちを理解する大きな懐を持っていて、面倒見のいい方々が合っているのかもしれませんね。

また、徳島県の女性の方々は、仕事をバリバリこなすキャリアウーマンという方々が多くいらっしゃいます。徳島県には、データ的に女性社長の数が非常に多いのです。そして、子育てをしているワーママが安心して仕事をすることができる環境がしっかり整っている県だと言われています。

女性の方々はお金の面では堅実な方が多く、節約意識もお持ちなので、きっとご結婚された後はご家庭のお財布をしっかり守ってくれることでしょう。  

徳島県の恋愛観

徳島県の男性は、恋愛に対しては、ロマンチックで一途な恋をしたいという方々が多いそうです。ご結婚したあとも、恋人同士のようにラブラブというご夫婦も多いのだとか。最初は、すんなりお相手と向きあうことができないかもしれませんが、時間をかけて徐々に距離を縮めていくタイプです。

そして、自分自身がそれ程関心を持っていない女性から言い寄られても、なかなか心に響かないタイプです。ただし、褒められることが大好きでいらっしゃるので、もし気になる男性がいたらとにかく褒めるという戦法で壁をうち砕くことができるかもしれません。 女性の方々は、恋愛に対して情熱的でいらっしゃいます。

男性同様女性も一途な方々が多いようです。阿波踊りなどのイベントがあれば、開放的になって積極的なアプローチをされることがあるかもしれません。 しかし、なかなか素直になることができない一面もお持ちなので、お付き合いが浅いうちは、生意気だと思われてしまうことがあるかもしれません。

上手に好きな人には甘えられると良いですね。 いかがでしたでしょうか。今回は、徳島県の県民性の特徴についてご紹介させていただきました。 徳島県と言えば、阿波踊りのイメージが強いため、開放的な性格の方が多いと思われがちですが、実はにっこり笑顔の抜け目ない商売人という性格のようです。

真面目で倹約家、金銭感覚がシビアという面は、仕事や家庭生活においては大きなメリットですし、ご結婚された場合は、安心して一緒に将来設計ができることでしょう。 徳島県で婚活をされている方や、徳島の方と出会いたいとお考えの方は、ぜひ参考になさってみてくださいね。

作成:2020.2/8(更新:2020.12/11)

あなたにおすすめの記事